根岸やすゆき

ランサーズ CEvO(チーフエバンジェリストオフィサー)☜ ランサーズ取締役CMO☜ 上場企業プロモーション本部長☜ フリーランス☜ 放浪旅人|マーケティング|新規事業|DX|地方創生|ワーケーション|社会システム変革ワークストーリー賞受賞|新しい働き方LAB|旅

根岸やすゆき

ランサーズ CEvO(チーフエバンジェリストオフィサー)☜ ランサーズ取締役CMO☜ 上場企業プロモーション本部長☜ フリーランス☜ 放浪旅人|マーケティング|新規事業|DX|地方創生|ワーケーション|社会システム変革ワークストーリー賞受賞|新しい働き方LAB|旅

    マガジン

    • 新しい働き方LABのコミュニティ活動ブログ

      • 32本
    • つながる!ランサーズ

      • 104本

      「個のエンパワーメント」をミッションにフリーランサーの生活支援プラットフォームを提供するランサーズの社内&社外報マガジンです。ランサーズのメンバー同士がつながる、ランサーズの社内外の人がつながるきっかけとなるコンテンツをお届けします。

    • 好きな広告を勝手に解説するシリーズ

      好きな広告を勝手に解説するマガジン。作者の意図は一切確認していないため、あくまで広告好きの私見です^^

    • 累計500億円の広告費を使って知ったことシリーズ

      累計500億円程度使ってきた経験談マガジン。(まだ、書くかどうか迷い中)

      • 新しい働き方LABのコミュニティ活動ブログ

        • 32本
      • つながる!ランサーズ

        • 104本
      • 好きな広告を勝手に解説するシリーズ

      • 累計500億円の広告費を使って知ったことシリーズ

    最近の記事

    固定された記事

    こんにちは、自己紹介。

    (2021.4.30更新) 根岸です。はじめまして or おひさしぶりです。 2021年4月、DX支援プロジェクトを始めました。 DX=デジタル化、ではない。というのをちゃんと広めたい。もちろんデジタル化は手段のひとつだけど目的じゃない。DXは、経営ドリブンの事業構造改革&それに紐づいた組織構造改革。動き始めてるので今後発信・展開していきます。 で、ちょろちょろ発信してたら、こんな問題(⁉)が! 「ところで、根岸って誰?」Who is Negishi? で、そんな僕は

    スキ
    133
      • なぜ、ランサーズが「地方DX」で日本をアップデートしようとするのか?

        こんにちは、根岸です。 2021年4月に発表した「地方中小企業のDX化支援プロジェクト」。あれから1年が経過しました。 その中で、実際に支援させてもらった地方中小企業は、売上アップ、作業時間削減など、様々な成果が出ています。(以下事例一部) このnoteでは、 ・改めて、2021年(昨年)何をしてきたのか? ・その結果どうだったのか? ・2022年(今年)どうしていくのか? ・そもそもなぜランサーズが取り組んでいるのか? についてまとめます。 ①地方×DXプロジェクト

        スキ
        55
        • 選抜DXディレクターのご紹介

          こんにちは、ランサーズの根岸です。 2020年4月から始めた「地方×DX」プロジェクト。実績・事例もでき、これから拡大していきます。 それにあたり、実績・スキルを持つ、プロフェッショナルのDXディレクターが集まりました。全国100名以上の中から選ばれたメンバーです。 以下、 ・選抜ディレクターについて ・ご用意しているDXプランについて ・プランにはないが相談したい場合への窓口について それぞれご紹介します。 貴社に最適なパートナーを探すための参考にしてください! ①桂

          スキ
          41
          • 小売・和菓子DX ECの売上8倍|売上をつくるDX-Case.4

            こんにちは、根岸です。 2020年4月から始めた「地方×DXプロジェクト」。何を目指しているのか?何でやるのか?は、以下のプレスリリースとnoteをご覧いただけると嬉しいのですが、ざっくりいうと「ちゃんと事業再構築をすれば、日本には魅力的でさらに成長する企業が本当はたくさんある」ってことを広める活動です。 そんなプロジェクトですが、事例となるロールモデル(≒参考にしたら改革方法がみえてくる)が複数生まれてきました。 いろんなパターンがあるのですが、きちんと参考にできる形で

            スキ
            9

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 新しい働き方LABのコミュニティ活動ブログ

            • 32本
          • つながる!ランサーズ

            • 104本

            「個のエンパワーメント」をミッションにフリーランサーの生活支援プラットフォームを提供するランサーズの社内&社外報マガジンです。ランサーズのメンバー同士がつながる、ランサーズの社内外の人がつながるきっかけとなるコンテンツをお届けします。

          • 好きな広告を勝手に解説するシリーズ

            • 10本

            好きな広告を勝手に解説するマガジン。作者の意図は一切確認していないため、あくまで広告好きの私見です^^

          • 累計500億円の広告費を使って知ったことシリーズ

            • 0本

            累計500億円程度使ってきた経験談マガジン。(まだ、書くかどうか迷い中)

          • 新しい働き方LABのコミュニティ活動ブログ

            • 32本
          • つながる!ランサーズ

            • 104本

            「個のエンパワーメント」をミッションにフリーランサーの生活支援プラットフォームを提供するランサーズの社内&社外報マガジンです。ランサーズのメンバー同士がつながる、ランサーズの社内外の人がつながるきっかけとなるコンテンツをお届けします。

          • 好きな広告を勝手に解説するシリーズ

            • 10本

            好きな広告を勝手に解説するマガジン。作者の意図は一切確認していないため、あくまで広告好きの私見です^^

          • 累計500億円の広告費を使って知ったことシリーズ

            • 0本

            累計500億円程度使ってきた経験談マガジン。(まだ、書くかどうか迷い中)

          記事

          記事をすべて見る すべて見る
            • 観光業DX 閑散期で収益|売上をつくるDX-Case.3

              こんにちは、根岸です。 2020年4月から始めた「地方×DXプロジェクト」。何を目指しているのか?何でやるのか?は、以下のプレスリリースとnoteをご覧いただけると嬉しいのですが、ざっくりいうと「ちゃんと事業再構築をすれば、日本には魅力的でさらに成長する企業が本当はたくさんある」ってことを広める活動です。 そんなプロジェクトですが、事例となるロールモデル(≒参考にしたら改革方法がみえてくる)が複数生まれてきました。 いろんなパターンがあるのですが、きちんと参考にできる形で

              スキ
              4
              • 町の農業DX 市場15%増へ|売上をつくるDX-Case.2

                こんにちは、根岸です。 2020年4月から始めた「地方×DXプロジェクト」。何を目指しているのか?何でやるのか?は、以下のプレスリリースとnoteをご覧いただけると嬉しいのですが、ざっくりいうと「ちゃんと事業再構築をすれば、日本には魅力的でさらに成長する企業が本当はたくさんある」ってことを広める活動です。 そんなプロジェクトですが、事例となるロールモデル(≒参考にしたら改革方法がみえてくる)が複数生まれてきました。 いろんなパターンがあるのですが、きちんと参考にできる形で

                スキ
                13
                • 地方製造業DX 売上5倍|売上をつくるDX-Case.1

                  こんにちは、根岸です。 2020年4月から始めた「地方×DXプロジェクト」。何を目指しているのか?何でやるのか?は、以下のプレスリリースとnoteをご覧いただけると嬉しいのですが、ざっくりいうと「ちゃんと事業再構築をすれば、日本には魅力的でさらに成長する企業が本当はたくさんある」ってことを広める活動です。 そんなプロジェクトですが、事例となるロールモデル(≒参考にしたら改革方法がみえてくる)が複数生まれてきました。 いろんなパターンがあるのですが、きちんと参考にできる形で

                  スキ
                  73
                  • 今年2回以上読んだ本10選

                    2021年は2万キロ移動しました。そして移動のお供といえば本。でも、常に新しい本というよりは、僕は昔から「もう一回」みたいなことが多く、もれなく今年もそうでした。 本って、読む度に読む旅。毎度気づきが違うのよ。 ということで、僕が2回以上読んで、たぶん来年も読むだろうなと思える本を並べてみます。「新しい時代のやり方を知って、自分はどうしようかなぁ」という方にぜひ。 ①「組織のネコ」という働き方 最近買ったばかりなのに、連続読み。本当の結果を出せる仕事の仕方を教えてくれる一

                    スキ
                    37
                    • 2万kmの全国地方行脚で確信した、地域・中小企業が、本当は望んでいる「DX」とは?

                      こんにちは、久々のnoteです。 僕のSNSをみた人たちから「最近、遊んでるだろ?」「ワーケーションじゃなくてバーケーションじゃね?」という疑惑満載の根岸です。 ※コロナ対策をクリアしながら仕事で移動していましたよ 半年何してた? →地方×DXプロジェクト2021年4月に地方中小企業のDX支援プロジェクトを立ち上げました。 立ち上げでいきなりマス向けにやってもうまくいかないだけなので、将来的な広がりをみすえて、少ないけど解像度が高いロールモデルと出会いにいったのです。その

                      スキ
                      29
                      • 山口周さんの著書「ビジネスの未来」を読んで

                        普段マンガばっかりでこういったちゃんとした本はあまり読まなんだけど。オススメされて。内容や主張はもちろん賛成だった。だからオススメされたんだと思うけど。 読中読後の感情は、そうだよなぁ、なるほどなぁ、はもちろんのことだったけど、こういうふうにきちんと説明できるようになりたいなぁって思ったり、でもめんどくさいからいいやぁって思ったり、という揺れが一番w どんだけ山口さんのほうが説得力と分かりやすさがあるか、勝手に比較してみた。ちなみに、本の理解についてはあくまで僕個人の解釈

                        スキ
                        9
                        • 地方×DXで実験!「仕事」の先入観は、何個ひっくり返せるか?

                          こんにちは、ランサーズ根岸です。 いままで、テキトーなことから、超テキトーなことまで、いろんな観点でいくつか実験してきました。その一部 ↓ ・・・そして、次なる実験は、地方×DXで実験!「仕事」の固定観念は、何個ひっくり返せるか?  をやってみます。世間(狭いけど)の期待に応えられないのがザンネンなのですが、今回はちょっとテキトーではございません! ↓ がっつりいきます。 実験の目的と背景 「地方×DX」という切り口だけど、いろんな検証をするつもり。「仕事」を取り巻く

                          スキ
                          40
                          • コロナで進化!オンラインコミュニケーションノウハウ

                            こんにちは、ランサーズ根岸です。 2020年は、オンラインコミュニケーションノウハウがアップデートされました。全国フリーランス共創コミュニティ「新しい働き方LAB」では、コロナ時代突入前から、オンラインイベントやセミナー、オンライン会議に慣れていて、何度もカイゼンを繰り返してきていました。 そんな活動をどこかで知っていただき、1年を通して(特に2020年4月以降)いろんな人(特に企業)からご相談を受けるようになりました。 「コロナでやむなくオンラインにせねば。でも、どう

                            スキ
                            16
                            • 全国フリーランス共創コミュニティ「新しい働き方LAB by ランサーズ」 ~立ち上げから600日&1000日に向けて~

                              明けましておめでとうございます。もう360日くらい寝るとお正月ですね。うざいですね、根岸です。 全国フリーランス共創コミュニティ「新しい働き方LAB」を2019年4月10日に発足してから約600日が経過しました。様々な取り組みをしてきたので、今後の展望を含めて(なんとな~く)まとめてみます。 新しい働き方LABとは?そもそも新しい働き方LABって何?ですよね。詳しくは下記リンクをご覧いただきたいのですが、ポイントだけおさらいします。 ❶フリーランスによるフリーランスのた

                              スキ
                              29
                              • ワーケーションは、ワーク ✖ バケーションじゃない!

                                先日、どっかで誰かにワーケーション芸人って言われた根岸です。 ワーケーション。言葉はまあまあ広がってきているのでご存知の方が多いと思いますが一応。ワーク×バケーションの造語です。 イメージでいうとこんな感じ。 働き方の多様化、オンライン化、自由化…などなど、いろんなものの境目が曖昧になり、ついには、労働と休暇の線引きも曖昧になった。 その曖昧さは誰もが理解しているし、時代の流れ的に受け入れないわけにはいかないことも察している。でも、なかなか浸透しない。特に企業は二の足

                                スキ
                                18
                                • なぜ僕は、短編映画制作プロジェクト MIRRORLIAR FILMSの参加支援プログラムを手掛けたのか?

                                  ランサーズの根岸です。 僕とつながりのある方はご存知かもしれませんが、ランサーズが運営する全国フリーランス共創コミュニティ「新しい働き方LAB」から分科会的に派生したクリエイティブに興味のある人たちの集まり「CreativeLAB」では、 フリーランスチームで映画を学んで、撮って、MIRRORLIAR FILMSに応募して、全国劇場公開を目指そう!という支援プログラムを開始しました。 MIRRORLIAR FILMSって何? and pictures伊藤主税さん、山田

                                  スキ
                                  9
                                  • 働き方の実験:チョンマゲにした理由

                                    ランサーズの根岸です。 気持ち悪いサムネイル画像ですみません。コロナによってオンライン前提になったタイミングで、髪型を変えてみました。 もともと基本的には短髪だったのですが、ひょろひょろと伸ばしてきた結果、立派な落ち武者が仕上がりました。本当はもっとかっちょいいイメージだったのですが、なぜかそうならない。なんでだろうね。わかってるけど。 さて。なぜチョンマゲにしたのか。 それには、どうでもいい理由と、そうでもない理由があります。 どうでもいい理由(テキトーな実験)突然で

                                    スキ
                                    9