見出し画像

死にたい君へ、生き延びた私からの手紙

 死にたい君へ

 ちょっと長いけど、読んでいってよ。

 あのさ、死ぬ気力すらない状態で、ただ漠然と「死にたい」って考えているような、そんな時ってあるでしょ。

 いざ死のうとすると、今度は死ぬという行動に大きなエネルギーが必要になるってことに気づいちゃって、「ああ、もう全部めんどくさい」ってなってさ。結局いつもみたいにリスカしたりODしたりしながら、なんとか苦しみをやり過ごしてたら朝になってて、学校だのバイトだのクソだりぃわ…みたいな、そんな時ってあるじゃん。

 私にもそんなことを感じながら生きていた時期があったんだけど、幸か不幸か持っているエネルギーが膨大だったのもあって、爆発力というか、「いっちゃえ」的な暴力衝動で、自分を殺すという大きな一歩を踏み出すことが出来ちゃったときもあってさ。
 今生きていることが奇跡なほど、きわどい自殺行動を色々試みたよ。

 でもさ、死ねなかったんだよね。メンタルはとっくに死んでたのに、なんか知らんけどいつも肉体だけこの世に残っちゃった。しんどいじゃん。しんどかったわ。どうして私は生きて苦しみ続けなくちゃいけないんだろう、って思ってたし。
 そんな苦しみを紛らわしたくて、藁にもすがるような思いで、次は違法ドラッグを使ったりした。だって、何もかも嫌だったんだもん。

 本当は助けて欲しいんだけど、他人なんか少しも信用できないし、結局は自分でどうにかするしかないって思うわけ。そういうの「自己治療」っていって、自分で自分の苦しみを治そうと試みる行動なんだって。

 結局私はドラッグのチャンポンでODして三途の川に行っちゃったんだけど、とんでもねぇ後遺症残してICUで目覚めて、半年ぐらいは死ぬよりしんどい思いしたよ。一線超えても何も終わんなかったわ。

感情に支配されているときはジッとして

 あのね、私たちが「死にたい」って感じる時って、自分に降りかかっている苦しさから逃げる術が、他に見つからなくなってる時なんじゃないかなって思うんだ。

 だってさ、もしそういう苦しさが和らぐとしたら、死ぬ必要がないと思わない?
 生きて人並みに笑ったり楽しんだり、苦しい思いをせずに暮らせたら、それが一番いいじゃんか。
 それなのに、死ぬことしか考えられなくなっちゃってさ。死にたい死にたいって、まるで答えがそれしかないみたいに。

 本当に苦しいときって、どんなに賢くてすごい人だって、冷静に最善策を考え抜くことなんか出来ないんだよ。そういう時に彼らはどうするのかっていうと、「何も決断しない」ことを淡々と遂行するんだ。

 感情的になっているときの自分の判断を信じない。生きる技術だよね。

 「感情的じゃない時なんか殆どないんだけど」って状況も私はよくわかるんだけど、そういう時は、死にたいという強い気持ちが少し薄まりさえすれば、まぁいいやって思っちゃえ。よく乗り越えた!って自分のこと褒めて、パブロのチーズケーキでも食べよ。

 私さ、バターバトラーのバターフィナンシェが死ぬほど好きなんだけど、食べたことある?バターバトラーのバターフィナンシェ。ちょっとあとでググってみて。美味すぎて一生食えるから。

思考を言語化して、客観的に見てみよう

 話戻すけど、少しだけでも死にたい気持ちが薄れたタイミングで私がオススメしたいのは、「自分の気持ちを書き出すこと」なんだ。
 もちろん、何かを決めなくちゃいけないようなことはまだまだ全て先延ばしにして、まずは自分が今どう感じているのかを書き出すの。

 誰も見てないから、何を書いても大丈夫。
 もちろん、書けなくても大丈夫。できるところから、できるところまででいい。モヤモヤしてうまく考えられない時にやることじゃないからね。

 じゃ、やれそうな人はとりあえず書いてみよっか。

 死にたい。消えたい。私なんか生きてる価値がない。

 たくさん思うところがあると思う。でしょ。
 書けたら、なんでそう思ったのかを書いてみて。

 疲れたから。もう頑張れないから。誰にも必要とされてないから。

 それに対しても、どうしてそう思ったのかを書いてみる。

 頑張っても頑張っても幸せになれない。希望が見えない。親にも友達にも求めてもらえない。

 そうやってどんどん、心の奥の方に眠っている感情を、段階的に言語化していくんだよね。少しずつ掘っていく。君の心の中には、君しか入れないから。君が言葉というスコップで、君の感情を掘り当てるんだよ。(突然のポエム)

 そうするとね、そのうち奥にガチンッ!ってぶつかる。自分の本当の欲望とか、本当に思っていることとか、そういうものに辿り着くのさ。

 認めて欲しい。愛されたい。ひとりにしないで。

 本当は死ぬことよりも、愛されることだったり、必要とされることを望んでるってことが見えてきて、少し頭で理解できるようになってくるでしょ。
 でもそれを諦めちゃったから、もうムリ死にたいってなるのかもしれないね。私なんかには無理だ、って思ってたりしない?

 実は無理じゃないんだな〜。

人間関係なんかガチャだから回しまくって

 これはマジな話なんだけど、人間関係なんてソシャゲのガチャと同じなのよ。回せば回すだけSSRに当たる確率も上がるの。

 要らないキャラはマイボックスから捨てるなり売るなり、合成に使うなりするでしょ。そんで10連とか回すじゃん。出来るだけいいキャラでるフェスの時に回そうとか思って、普段は石貯めたりしてるでしょ。それと何も変わんない。

 オッサン・オバハンたちが「まだ若いから」とか言ってくることあると思うけど、長い年数生きてると、そのガチャを回す回数がシンプルに多くなるんだよね。だから若いと、よっぽど運が良くない限り、いいキャラで戦っていけないわけ。だからアレって案外間違ってない。超ウザいけどね。結局はガチャを回す回数の問題なんだよ。若けりゃ若いだけ回数回せない。

 回し続けていれば、そのうちSSRが出るかもしれない。私は28歳でSSR12体ぐらい引いたの。ラッキーだったわ。もちろんこんなもん運ゲーなんだけど、絶対に当たらないわけじゃないからさ。回数回せば、確率も上がるし。

 なんていうか、それぐらい人間関係をカジュアルに考えていいと思うんだよ。
 親だって、先輩だって、友だちみたいな人だって、自分を傷つける相手ならポイっと捨てていいんだから。君にはその権利がある。自分と相手にとって心地よい関係じゃなかったら、そんなのって普通に無理じゃん。

 私ね、類は友を呼ぶって本当にあるなって感じるんだけど、あれって逆説的に「この人と一緒にいたいな」って思う人と一緒にいることで、友が類になっていくこともあるんじゃないかなって思うんだよね。
 めっちゃ最高な人と一緒にいると、その最高さに引っ張られて成長したりするから。だからね、もしかしたらだけど、周りの人間次第で大きく人生は変わるんじゃないかなって。それも、自分が予想すらしていなかった方向にさ。

 君と私は、まだ会ったことがないけど。
 もしかしたら私が君にとってのSSRかもしれない。でしょ?

 だからどうか、エネルギーを貯めておいて。
 そのうちチャンスが来たら、貯めといたエネルギーでキャンペーンガチャぶん回そうぜ。

 私が尊敬して信頼している精神科のお医者さんに松本俊彦先生って人がいるんだけど、先生が前にね、「自分が誰に怒っているかを同定したら、アマゾンでわら人形セットを買ってください」って言ってたの。
 たとえ相手が心筋梗塞で倒れても、刑事責任に問われることはありません、だって。こういう提案をしてくれる大人もいるんだなぁって、すごく安心したんだよね。もっともらしい綺麗な説得の言葉とか、こちとら飽きてんだし。

 この先生は、私が出会ったSSRのひとり。諦めずにガチャを回して良かったと思ってるよ。

 ただ、これはあくまで「その人にとって素晴らしい人か、そうではないか」ってだけの話だからね。私にとって松本先生はかけがえのないSSRだけど、誰かにとっては恨めしい存在なのかもしれないし。

 人それぞれ、各々のSSRです。

「友だち」だけじゃなく、「仲間」もつくってみて

 あとはね、自助グループっていう集まりがあるのよ。

 誰も信じられない人たちが集まるようなグループ。同じような気持ち、同じような問題に直面する仲間同士なら、「死にたい」とか言っても、誰も咎めないんだよ。そっか、って聞いてくれる。クソバイスも何もなく、黙って自分の話を聞いてくれるのって超よくない?タダだし。
 しかも最近、幸か不幸かコロナの影響でオンライン開催しているグループが多くなってきて、布団の中からでも参加できるんだよね。しかも嫌になったらブロックして簡単に逃げられる気楽さ。ハードル低いっしょ。

 依存症がメインのまとめにはなるけど、色んな属性を持つオンラインの自助グループをまとめてあるから、ちょっと一回のぞいてみて。ここなら自分に合うかも!って思ったら、まずは気軽に参加して仲間たちの話を聞いてみてよ。自分と同じような悩みを持っているような人たちが多いはずだから、ひとりじゃないんだなぁって気持ちになれるかもよ。

今日一日だけ、でいいんだよ

 人生って、今日の積み重ね。
 明日だって、明日になれば今日になる。毎日が今日一日なんだよね。

 でも、明日の今日は、今の今日と同じ今日ではない。毎日が新しい今日なんだよ。

 そうやって一日が積み重なっていくことで、毎日が続いていく。

 私は絶対にやめられないって言われているクイーン・オブ・ドラッグをやめて9年になるけど、やめ続けられているのは、仲間の存在と、この言葉のおかげだと思ってる。

 「死ぬということをやめ続ける」って考えたら、ドラッグをやめ続ける依存症者と死にたがり、そんなに大差ないよね。だからちょっと騙されたと思って、呪文のように唱えながら自分に言い聞かせてみてほしい。

 JUST FOR TODAY
 I will try to live this day only, and not tackle my whole life problem at once. I can do something for twelve hours that would appall me if I felt that I had to keep it up for a lifetime.

 今日一日だけ
 私はこの一日だけを生きようとします。私の人生のすべての問題をいっぺんに片付けようとはしません。一生続けなければいけないと思うと恐ろしくなることでも、12時間だけならやっていけます。


 もう無理耐えられない!ってなったら、寝逃げして。寝逃げでリセット。そしたら今日が終わるから。積み重ねていこう。少しずつでいいから。

 私も今日一日を生きる。
 薬物抜きの今日を。死ぬことをやめる今日を。ようやく少しずつ幸せを感じられるようになってきた今日を、君と一緒に、この空の下で生きるよ。

 またね。

 かつて死にたかった私より


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

この記事があなたにとって有益なものになれば嬉しいです。サポートとオススメから応援を賜ることが出来れば、大変な励みになります。ありがとう。

幸せがありますように。
433
I survived.

こちらでもピックアップされています

日々の所感
日々の所感
  • 8本

日々の所感