見出し画像

大根とスタンプの本

こんにちは。久しぶりの更新です。

急に寒くなってきましたね。

私は都内で暮しているのですが、私の家によく母と姉とその子供が遊びにきてくれます。
先日はみんなで実家近くの八百屋で買い物をすませ、私の自宅に立ち寄り、一服してから「じゃあね」と帰っていったのですが、2人が去っていった後、部屋になぜか大根が。しかも3本。葉っぱつき。超立派。
どうやら、よりによって2人とも大根を忘れてしまったようで、電話で確認すると「大根返せ」と泥棒扱いされる始末。。なかなかすぐ会う都合もつかないので、私は1週間強、毎日(葉っぱ含め)大根を食べ続けることになりました。

具が大根だけのおでん、ふろふき大根、大根サラダ、無駄にすってみた大根おろし。。

しばらくはお弁当にも大根を入れて、映画「激突」じゃないけどふりむけば大根に追いかけられる毎日でした。
でもそんな毎日も今日で終わり。終わってみれば寂しい気もします。(しばらくは大丈夫)

そんな中、郵便受けを開けてみたら、何やら分厚い茶封筒が。手書きで英語の住所が書かれており、あ!とびっくり。大根じゃないです、本でした。

イギリスで編集の仕事をされているスティーブンさんのお心遣いで、「Rubber Stamping」という、世界中のスタンプが掲載された本に、私の作品も載せていただきました。

掲載していただいたページ。
隣のイラストと相まって見開きでおじさんページに。(気遣い感じる)

この本は勉強になるし、スタンプによる表現の可能性を感じました。かっこいいんですよ。

先日自分でネットで購入した分とは別に、スティーブンさんから素敵な手紙付きでお送りいただきました。英語が全然読めないけど、辞書を片手にゆっくり読んでみます。
自宅でこつこつ作ってきたスタンプが、世界に(しかもUKに)届くなんて、我が子が世界に羽ばたいていく感じで、本当うれしい限りです。
スティーブンさんどうもありがとう。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

11
スタンプアーティスト、イラストレーターです。おじさんスタンプなど、街中の人のスタンプを日々制作。文章は書くのも読むのも苦手ですが、noteで制作過程や展示の感想などを書いています。▶︎http://natsuko-oshima.com/

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。