見出し画像

TABF 2019に出展して思ったこと

こんにちは。イラストレーター・スタンプアーティストの大嶋 奈都子です。

先日7月12日からの4日間、東京都現代美術館にて開催されたアートブックの祭典「TOKYO ART BOOK FAIR(以下TABF)」に出展しました。

会場はこんな感じ。
天井が高く美しい建物。

わたしはこのイベントに、今回で7回目の出展になりますが、今年も4日間、1人で出展しました。
1人だと、ブースを留守にすることがあったり、丁寧に対応することができず、力不足で至らぬ点もあったかと思いますが、なんとか無事4日間を終えることができました。

わたしのブース。
地下の個人ブースで出展していました。

いつも出品しているアートブックに加え、今年は新しい3アイテムを出展しました。


アートブック「東京おじさんSTAMP」
おじさんのスタンプのイラストが、20点掲載されている本。
最後の方のページには、スタンプのおじさんが「いつ・どこに」いたのかの情報が掲載。



東京おじさんSTICKER
おじさんのスタンプのステッカー。種類は4種、裏表の2枚づつのセット。
大きさはiPhoneサイズ。台紙は浅草と、ビル群の絵柄に。



TOKYO SALARYMAN TENUGUI
今までと同じ絵柄で、パッケージだけ新しくリニューアル。
柄のおじさんは、全員違う柄のおじさんに。シールは全部で4色。


出展の最終日、母、姉夫婦と子供、姉の義理の母の5人が、ゾロゾロとわたしのブースへ寄って来ました。最初はわたしの様子をフラッと見に来ている感じでしたが、帰りがけに立ち寄った、とある作家の方が気に入ったらしく、後に家族からその方の作品を購入したとの連絡が来ました。
私の作品より興味があったそうで(笑)。その作家の方の名前を出し「すごい素敵」とずっと言っていました。

わたしの家族たちはアートに特段興味があるわけではなく、逆にわたしの作家活動を「?」という感じだったのに。そんな彼らに作品を「欲しい!」と思わせ、名前も記憶し、人に伝えたくなるというのは、人気者のその作家本人にとっては当たり前のことなのかもしれません。しかし、全く関係のない第三者の心を動かすというのは、改めてその作品の持つ力、浸透力と定着力からくるものだと思いました。

当日は、ちゃっかり、こんな差し入れも。
いろんな差し入れありがとうございました。パワーとカロリー、いただきました。

最後は魚肉ソーセージ(?)とアートブックを持って。ミドルエイジの微笑み。

ご来場いただいたみなさま、本当にありがとうございました。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

5
スタンプアーティスト、イラストレーターです。おじさんスタンプなど、街中の人のスタンプを日々制作。文章は書くのも読むのも苦手ですが、noteで制作過程や展示の感想などを書いています。▶︎http://natsuko-oshima.com/

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。