後半

React.js チュートリアル[超入門] 後半まとめ

後半部分のダイジェストです。ザックリと内容を知ってから購入したい人やチュートリアルを終えて、何をしてきたか振り返りたい人に向けて書きました。まず完成品はこちら↓。


では早速始めます。

# 06 新しいプロジェクトを始める

ここでは、create-react-appで生成されるフォルダーを自分で開発しやすい状態に変更する作業をしました。

# 07 ヘッダーの作成

React流のinputの実装を学びました。inputに入力される文字をstateに保存して、stateに保存された値をinputに表示させる、という作業です。下のようなコードを書きました。フォームを作る上で欠かせない重要なスキルです。

//Header.js

import React, { Component } from 'react';

class Header extends Component {

  state = {keyword: ''};

  onInputChangeHandler = (event) => {
    this.setState({keyword: event.target.value});
  }

  render(){
    return(
      <div style={{textAlign: 'center'}}>
        <div>
          <h2>NekoTube</h2>
        </div>
        <div>
          <input onChange={this.onInputChangeHandler} />
        </div>
        <p>{this.state.keyword}</p>
      </div>
    );
  }
}

export default Header;


# 08 Youtube APIを使う

ここでは、YouTubeAPIの設定をGoogle ダッシュボードで行い、アクセスキーをプロジェクトに埋め込みました。実際に動画データを取得できたときは、感動でしたね。


# 09 ライフサイクルメソッドについて

Stateの次に重要なコンセプトです。初心者の人はかなり困惑すると思います。なるべく図を使って説明しました。

これを理解すると、いつAPIデータを取得すべきか、いつstateを更新すべきか等様々な問いの答えがわかるようになります。

下の例を見ると、いかにcomponentのライフサイクルを知っていることが重要かわかると思います。


# 10 Bootstrap4を使ってみる

タイトルの通り、ReactのプロジェクトにBootstartp4を導入する方法を学びました。Bootstrapの細かい仕様については、チュートリアルで説明しません。BootstrapのおかげでNekoTubeのcomponentsを高速で作成することが可能になりました。是非このスキルを他のプロジェクトでも活かしてください。


# 11 Bootstrap4で動画再生画面をつくる

ここでは、動画再生画面であるVideo.jsを編集しました。iframeタグを使って動画を再生します。最後に学ぶ「データがnullの時の条件分岐処理」はとても重要で、動的なウェブサイトを作るときに必ず必要になってくる知識です。

この時点でかなりそれっぽくなりました。


# 12 Google Fontsの導入

ここではヘッダー部分の装飾とGoogle Fontsの導入を行いました。Google Fontsは、無料で使えるWEBフォント提供サービスです。超便利なので、是非これから利用して言ってほしいです。スクショをたくさん使って説明しました。


# 13 動画を選ぶ・検索するevent handlerの作成

動画を選んだり、検索したりする機能をつけました。すでに、基盤は整っているので、意外とあっさり実装できました。実際に書いたコードの例です。

propsを2つ下にある子componentに渡す方法もここで学びました。

// App.js(一部抜粋)

class App extends Component {

  state = { videos: [],
            selectedVideo: null}

  componentDidMount(){
    YSearch({ key: YOUTUBE_API_KEY, term: '猫 きゅうり'}, (data) => {
      this.setState({ videos: data, selectedVideo: data[2]})
   });
  }

  onVideoClickedHandler = (video) => {
    this.setState({ selectedVideo: video })
  }

  render() {
    return (
      <div className="App">
        <Header />
        <Body>
          <Video video={this.state.selectedVideo} />

            // event handler を渡す
          <List 
            videos={this.state.videos} 
            onVideoClicked={this.onVideoClickedHandler}
          />
        </Body>
      </div>
    );
  }
}


ちょっとしたエラーの解決やstylingの調整を行なって完成した作品が、こちらです。(上のgifと同じ)


チュートリアル[超入門]を終えて

Reactを使って簡単なWebページを作りました。このままでも十分簡単なウェブサイトは作れますが、Webサービスを完成させるには不十分です。

僕が次につくるチュートリアルでは、下記の内容を含めようと思っています。どれもWebサービスを最後まで作る上で超重要な要素です。

・Redux → stateをアプリ全体で一括管理するためのライブラリ
・Axios → httpリクエストをするためのパッケージ
・Firebase → 簡単に認証機能やデータベースを作れるサービス
・react-router → ルーティングを行うためのパッケージ 


楽しみにお待ちください!!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
やったー!スキをもらったぞー!
11
ラスベガス留学→フランス料理屋→英会話講師→新宿で受託開発 Rails/Wordpress/React/ReactNative 面白いウェブサービスをタッグで開発したいデザイナーさんを募集しています。

こちらでもピックアップされています

React.js チュートリアル超入門
React.js チュートリアル超入門
  • 9本

Progateやdotinstall「HTML,CSS,JavaScriptを学んだけど、次どうしようかなー」って人に向けたReact.jsのチュートリアルです。一緒に、JavaScriptだけのウェブ開発を学びましょう。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。