トロント大学学生になりきる方法♪😂


さて、今回はトロント大学を存分に楽しむ方法を、完全に「外部」の私が書き連ねていきます。

トロントに来たからには、トロント大学を楽しまなきゃ!!と謎の焦燥感に駆られ、学生でもないのに勝手に偽りだらけのプチキャンパスライフ笑。

興味のあるかただけ、付き合ってください笑

ちなみに、気軽さを★の数で表してみました!


1.キャンパス内を歩く ★☆☆
最近だと治安上の問題からキャンパス内の横行は学生に限る、といった傾向の大学もあるようですが、トロント大学はどなたでもキャンパスを散策することができます。
トロント大学のキャンパスは全部で3つ、St.Georgeキャンパスはその中で最大、そしてダウンタウンの近くに位置しているのでアクセスがしやすいと思います。
春にはセイントロバーツ博物館の周りに桜が咲いたり、古い建物やパークも多いので、外側から見たり散歩しているだけでも楽しめますよ!(冬場以外‥‥)
紅葉の季節🍁に歩くのもいいですね!


2.ランゲージエクスチェンジ ★☆☆
トロント大学で実施されている日本語と英語のランゲージ・エクスチェンジがあります。毎週土曜、夏休み以外に行われていますクラスで、毎回50人前後が集まります。

私も参加してカナダ人や日本人とトークしました!日本人女性も多いので、ワーホリ生同士でのお友だち作りにもよいと思います。


3.トロント大学ツアーに参加する ★★☆
建物の中に入ってみたい人必見!!トロント大学を受験したい高校生に向けてのキャンパスツアーですが、一般の方も参加することができます。
ロバーツ博物館の内部に潜入したり、はたまた学生寮の中、その他礼拝堂?のなかなど約2時間の長丁場ツアー!ホームページから予約が必要ですが、なんと無料!!
実際に大学の学生がガイドとなって案内してくれるので、質問があれば遠慮なく聞いてしまいましょう。


4.授業に潜る ★★★
大学に友達がいる人は是非潜りましょう!
私は「建築の歴史」という授業に参加しましたが、トルコのイスタンブールのモスクの建築や建造方法、間取り含めた内装など興味深いことがたくさんありました。

興味のある分野を伝えて学生の友達に曜日と時間帯を聞いてみましょう👍
建物によってはセキュリティの理由でカードがないと入れない場合もあるので、要注意!笑


5.大学寮ステイ ★★★★★

在住している方にも言って驚かれましたが、大学寮の内部に入っちゃえ、ということで、ステイしてしまいました笑
一般人がステイできるチャンスが一年に一回、訪れるのです!それは、学生が国に帰る夏休みの間!(5月~8月)
2ヶ月前辺りに受付が開始されていたと思います。私は二ヶ月ほど申し込んだのですが、多分人数の関係で6月のみのステイに。
1階の自習室では飲食自由ですしほぼ24時間空いている!学生に混じって作業できてとても良かったです。
ステイ中の出来事に関しては、また別頁にて触れたいと思います。


わたしはときに友達の助けを借りながらも、存分にトロント大学を楽しめました!

(外部とかつっこまない。)
皆さんもカナダ・トロントの最高峰、トロント大学に是非足を運んでみましょう!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1
「世界」に関することならなんでも好き。趣味は旅行の他、野球観戦、ライブ観賞etc...。世界遺産検定2級、江戸歴史文化検定3級保持。カナダワーホリから帰国しました。 LINEトラベル記事✈https://www.travel.co.jp/guide/navigtr/1115/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。