NAOYA@心の羅針盤

NAOYA@心の羅針盤

マガジン

  • 心の羅針盤@今日のニュース

    2023年4月12日から日経新聞や海外のニュースの要約を毎日配信中!!

  • AI画像と動画の進化: デジタルクリエイティブの新時代

    このマガジンでは、AI画像・動画生成技術の進化と、それがクリエイティブ産業にもたらす革新的な変化を探ります。AI技術がアート作成の方法をどのように変え、新たな表現の可能性を開いているのかを、基礎から応用例、倫理的な観点まで幅広く紹介します。技術解説、アーティストインタビュー、ツール紹介を通じて、読者はAIとクリエイティビティの融合による未来のアートシーンを垣間見ることができます。AIの可能性を最大限に活用し、未来のアートとデザインを再定義するための知識とインスピレーションの源泉となることを目指します。

最近の記事

  • 固定された記事

心の羅針盤とは?

<ミッション>心の羅針盤のミッションは、「心の羅針盤というサービスを通して、自立し、家族や友人にも恵まれて、世の中に貢献できる人材を育成することです。 私たちは、このミッションを実現するために、月に4回 マーケティング 自立 家族・人間関係 社会貢献 に関するセミナーを開催しています。 このセミナーは、螺旋階段のように人生を積み上げていくことができるように、同じセッションを繰り返しております。 また、セミナーの範囲でカバーできなかった内容に関しては、個人のニーズに合わ

有料
500
    • 今日のニュース@心の羅針盤

      <概要> ・ルアン山での大規模噴火により、1万1千人以上が避難。地域の緊急事態が発生。 ・バイデン大統領が中国製の鉄鋼・アルミ製品に対して制裁関税を従来の3倍に引き上げ。 ・中国国有企業の経営トップが相次いで交代、政府による統制の強化が見られる。 <考察> ・ルアン山の噴火による避難者の安全確保が最優先課題として浮かび上がる。 ・バイデン政権の保護主義的措置強化により、日本を含む貿易相手国の対応が重要な焦点となる。 ・中国の経営トップの大量交代は、企業に対する政府の政治的介

      • 今日のニュース@心の羅針盤

        <概要> ・インドネシアのルアング火山が大規模な噴火、津波心配はなし。 ・17日のニューヨーク株式市場は半導体銘柄の売りで下落。 ・財務省が2023年度の貿易統計速報を発表、3年連続の赤字。 <考察> ・火山噴火による津波心配は解消、災害対策の確認が重要。 ・半導体銘柄の売りが株価を押し下げ、円高・ドル安の動き。 ・資源価格の高騰が一服し、貿易赤字は縮小した。 <まとめ> ・災害対策を確認し、円高に備える。 ・株式市場の動向を注意深く見守る。 ・資源価格の動向に注目しつつ

        • 今日のニュース@心の羅針盤

          <概要> ・中国のGDPは前年同期比5.3%増で、前四半期の5.2%から加速。 ・IMFは世界経済成長率を3.2%に上方修正。生産性の停滞が課題。 ・巨大IT企業への規制強化が欧州型に。競争促進が重要。 <考察> ・中国の成長率は目標を上回るも、不動産業は依然として低迷。 ・IMFの予測は米国の好調によるものだが、生産性向上の必要性が示唆される。 ・規制強化は競争を促進するが、生産性向上が重要。 <まとめ> ・中国の不動産業は不安定。生産性向上が必要。 ・巨大IT企業への

        • 固定された記事

        心の羅針盤とは?

        マガジン

        • 心の羅針盤@今日のニュース
          369本
        • AI画像と動画の進化: デジタルクリエイティブの新時代
          11本

        記事

          OpenAIが新しいAIモデル「gpt-4-turbo-2024-04-09」を公開

          OpenAIが新しいAIモデル「gpt-4-turbo-2024-04-09」を公開しました。このモデルは、以前のバージョンと比べて、視覚機能がサポートされるようになり、画像の内容を解釈できるように進化しています。また、ビジョンリクエストにおいて関数呼び出しやJSONモードも利用可能です。 特に注目すべきは、数学、論理的推論、コーディングの分野で優れた能力を持っている点です。これにより、より高度な問題解決や効率的なコーディングが可能になります。OpenAIのGitHubリポ

          OpenAIが新しいAIモデル「gpt-4-turbo-2024-04-09」を公開

          今日のニュース@心の羅針盤

          <概要> ・経産省が2040年度のエネルギー基本計画策定を目指し、脱炭素目標に向けた電源構成を示す。 ・東京電力が柏崎刈谷原発7号機に核燃料を運び込み、再稼働に向けた作業を開始。地元同意は得られず。 <考察> ・再生可能エネルギーの増加は電力料金上昇に繋がる。政府の再生可能エネルギー政策は課題を抱えている。 ・原発再稼働には地元同意が不可欠だが、議論はまだ決着していない。 <まとめ> ・エネルギー政策の見直しと地元合意の取得が急務。公取委のグーグルへの行政処分により、競争

          今日のニュース@心の羅針盤

          今日のニュース@心の羅針盤

          <概要> ・トランプ前大統領が日本製鉄によるUSスチールの買収承認を批判。ペンシルベニア州での演説でバイデン政権の対応を非難し、労働組合への支持を表明。 ・『週刊東洋経済』は地政学の重要性を特集し、世界の力学変動に警鐘を鳴らす。 ・日銀が金融正常化を進める中で、円安が進行し、政府の財政に圧力がかかる可能性が高まっている。 <考察> ・トランプの演説は選挙戦略として、労働組合票を狙ったもので、地政学的な変動と内政の絡みが見られる。 ・地政学の理解は、国際関係や経済政策における

          今日のニュース@心の羅針盤

          今日のニュース@心の羅針盤

          <概要> ・日本製鉄が米USスチールの買収を進めているが、労働組合の反対と政治的な利用が困難を生んでいる。 ・中東情勢の緊迫化により米株が大幅に下落。原油価格は上昇。 ・日本の経済は一部前向きな変化を見せているが、国際ランキングは後退し、経済政策の見直しが求められている。 <考察> ・企業買収においては、地政学的な要素や労働関係が重要な障壁となることがある。 ・地政学的緊張は金融市場に直接的な影響を与え、投資家の行動に大きな変動をもたらす。 ・経済の前向きな変化

          今日のニュース@心の羅針盤

          今日のニュース@心の羅針盤

          <概要> ・総務省の人口推計により、2023年の日本の総人口は1億2435万人で、前年比59万5千人の減少を記録。日本人人口の減少が歴史的最大規模。 ・小林製薬の紅麹サプリ事件後、消費者庁が1700事業者を調査し、11事業者の18製品から健康被害報告。 ・円安が進行し、外貨両替所に行列が発生。庶民の投資行動が活発化。 <考察> ・日本の人口減少と高齢化は経済活動に大きな影響を及ぼし、労働力不足が深刻化。 ・機能性表示食品制度に対する信頼の揺らぎが見られ、制度の見直

          今日のニュース@心の羅針盤

          今日のニュース@心の羅針盤

          <概要> ・円相場が34年ぶりに1ドル=153円に達し、訪日客には好評だが、輸入食材のコストは急上昇している。 ・FRBの議事録から、利下げは未定であり、物価目標達成への不確実性が示された。 ・中国のCPIは微増、春節の効果が薄れ、食品価格は下落。 ・アジア開発銀行はアジア新興国の経済成長を予測、中国の景気減速を指摘。 <考察> ・円安は国際的な金利差に影響されており、日本の輸入業者に負担を増やしている。 ・FRBの政策は高インフレと地政学的リスクを考慮に入れた

          今日のニュース@心の羅針盤

          今日のニュース@心の羅針盤

          <概要> ・円が対ドルで34年ぶりの低水準に下落。米のCPI上昇率上回り、FRBの早期利下げ観測を弱める。 ・3月の米CPI上昇率が3.5%と2ヵ月連続で伸び、特にサービス価格の上昇が焦点。 ・日銀発表の3月企業物価指数は前年比0.8%上昇。物価高傾向が続く。 ・米議会がTikTokの利用禁止法案を加速審議。中東危機を背景に「世論操作」の懸念。 ・生成AIの利用拡大でデータセンター新設が増加、2050年までに4割弱増の予測。 <考察> ・円安は日米金利差の縮小が

          今日のニュース@心の羅針盤

          今日のニュース@心の羅針盤

          <概要> ・日米両政府がAUKUS協力分野を決定予定。日本が対中抑止の中核と位置づけられる。 ・韓国総選挙は物価高や医療改革が争点。与党の苦戦予想され、結果が対日政策に影響。 ・豪州の米中対立へのバランス取り方が注目され、日本も参考にすべきとの指摘。 ・大連万達集団が経営再建へ資本受け入れ。創業者の影響力揺らぐ。 ・マイクロソフトが日本にデータセンター拡充計画を発表。AI需要に対応。 <考察> ・AUKUSへの協力は、日本の安全保障戦略に新たな動きをもたらす。 ・韓国総選挙

          今日のニュース@心の羅針盤

          今日のニュース@心の羅針盤

          <概要> ・日銀が国債買い入れを維持し、緩和政策を続ける方針。円安圧力が増加中。 ・全国の企業倒産件数が9年ぶりに9千件を超え、今後も増加予想。政府支援終了後の影響が顕在化。 ・TSMCがアリゾナ州に新工場建設、米政府から最大66億ドルの補助金を受け取る。半導体供給の地理的多様化推進。 ・マレーシアが東南アジアの「ハブ港」目指し、クラン港の拡張計画。地域の供給網で競争激化。 <考察> ・日銀の維持する緩和政策と国債買い入れは市場に安心感をもたらすが、円安問題は深刻

          今日のニュース@心の羅針盤

          今日のニュース@心の羅針盤

          <概要> ・植田和男氏の日銀総裁就任1年。市場の混乱なく政策修正を進めるも、円安が個人消費に悪影響。 ・国際標準化機構(ISO)が介護サービスの国際規格を設定予定。日本はその基準の反映を目指す。 ・中途採用の比率が過去最高の43.0%に。新卒中心の採用慣行が転換点を迎える。 <考察> ・植田総裁下の日銀は市場安定に貢献しているが、円安問題への対応が今後の課題。 ・ISOの介護サービス基準設定に日本基準が反映されれば、国内企業の海外進出が促進される可能性。 ・ 中途

          今日のニュース@心の羅針盤

          今日のニュース@心の羅針盤

          <概要> ・テスラが低価格EV開発を中止検討中、採算性の問題で。一方、自動運転タクシーの開発は続行。 ・日産が賃上げ促進税制の利用資格を下請法違反で失う。企業イメージにダメージ。 ・スリランカの債務問題解決に向け、日本やインド主導の債権国会合が2028年返済開始案を最終調整。 ・日本の産業政策による企業成長の障害を是正し、「中堅」企業育成を目指す動き。 <考察> ・テスラの決定は、価格競争が激しいEV市場の厳しい現実を示している。 ・日産の問題は、下請けへの公正

          今日のニュース@心の羅針盤

          今日のニュース@心の羅針盤

          <概要> ・ニューヨーク株式市場は買い戻しにより反発。ナスダックも上昇。日本株は大幅反落し、原油価格は90ドルを突破。 ・経済安保のための資格制度創設法案が衆院で可決。セキュリティクリアランスのスタートが見込まれる。 ・小林製薬は、紅麹事件について青カビの外部侵入の可能性を消費者庁に報告。 ・明治安田生命は、企業年金の予定利率を引き上げ。日銀のマイナス金利政策解除後、主要生保としては初の動き。 <考察> ・米国株の反発と日本株の調整局面、原油価格の上昇は、世界経済

          今日のニュース@心の羅針盤