NAOYA@心の羅針盤

NAOYA@心の羅針盤

マガジン

  • 心の羅針盤@今日のニュース

    2023年4月12日から日経新聞や海外のニュースの要約を毎日配信中!!

  • AI画像と動画の進化: デジタルクリエイティブの新時代

    このマガジンでは、AI画像・動画生成技術の進化と、それがクリエイティブ産業にもたらす革新的な変化を探ります。AI技術がアート作成の方法をどのように変え、新たな表現の可能性を開いているのかを、基礎から応用例、倫理的な観点まで幅広く紹介します。技術解説、アーティストインタビュー、ツール紹介を通じて、読者はAIとクリエイティビティの融合による未来のアートシーンを垣間見ることができます。AIの可能性を最大限に活用し、未来のアートとデザインを再定義するための知識とインスピレーションの源泉となることを目指します。

最近の記事

  • 固定された記事

心の羅針盤とは?

<ミッション>心の羅針盤のミッションは、「心の羅針盤というサービスを通して、自立し、家族や友人にも恵まれて、世の中に貢献できる人材を育成することです。 私たちは、このミッションを実現するために、月に4回 マーケティング 自立 家族・人間関係 社会貢献 に関するセミナーを開催しています。 このセミナーは、螺旋階段のように人生を積み上げていくことができるように、同じセッションを繰り返しております。 また、セミナーの範囲でカバーできなかった内容に関しては、個人のニーズに合わ

有料
500
    • 今日のニュース@心の羅針盤

      <概要> ・ロシアの新駐日大使ニコライ・ノズドレフ氏が羽田空港に到着。日ロ関係改善への期待が高まる。 ・米連邦最高裁がトランプ前大統領の出馬資格に関する意見を発表予定。注目のタイミングで発表。 ・中国の全国政治協商会議開幕。成長率目標や経済政策、国防費予算案などが議題に。 <考察> ・ノズドレフ氏の着任は、日ロ関係改善への道を模索するうえで重要な意味を持つ。 ・トランプ氏の出馬資格に関する最高裁の発表は、米国内政に大きな影響を与える可能性がある。 ・中国の「両会」では経済政

      • 今日のニュース@心の羅針盤

        <概要> ・日産が米EVメーカー、フィスカーとの資本提携を進めており、北米でのEV生産協業も検討中。 ・WTI先物が一時1バレル80ドル台に上昇。産油国の自主減産観測が背景。 ・米大統領選においてトランプ前大統領の再選可能性が高まり、世界の安全保障体制に影響。 ・日本の大学が研究成果を十分に活用できておらず、特許収入に大きな格差がある。 <考察> ・日産とフィスカーの提携は両社にとっての生き残り戦略。しかし、EV市場の不透明性や経営資源の限界が課題。 ・原油価格の上昇は経済

        • 今日のニュース@心の羅針盤

          <概要> ・日経平均が前日終値から700円以上上昇し、史上最高値を一時上回る。米ナスダックの最高値更新を受け、東京市場も半導体関連株が中心に買われる。 ・日銀植田総裁は、物価安定目標への確認作業を続ける方針を表明。春闘の動向が重要ポイント。 ・能登半島地震の復興支援で政府は追加予算1167億円を決定。被災者支援を強化。 ・G20財務相・中央銀行総裁会議で共同声明採択見送り。ウクライナや中東情勢で意見の隔たり。 <考察> ・株式市場は米国市場の動向に強く影響され、国内外の投資

        • 固定された記事

        心の羅針盤とは?

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 心の羅針盤@今日のニュース
          NAOYA@心の羅針盤
        • AI画像と動画の進化: デジタルクリエイティブの新時代
          NAOYA@心の羅針盤

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          今日のニュース@心の羅針盤

          <概要> ・アップルのクックCEOは、生成AIへの多額の投資を強調したが、EV開発中止には触れず。EV開発関係者が減少し、利益率や訴訟リスクの懸念も。 ・インテュイティブ・マシンズが民間企業初の無人月着陸に成功し、データ送信を実施。 ・中国の1人当たりGNIが29年ぶりに減少。日本との差が顕著に。 ・総務省がLINEヤフーに対し、セキュリティ強化の行政指導を実施する予定。 <考察> ・アップルのEV開発撤退と生成AIへの転換は、業界の利益構造とリスク評価の変化を反映。 ・月

          今日のニュース@心の羅針盤

          今日のニュース@心の羅針盤

          <概要> ・アップルがEV開発中止を決定し、生成AIへ資源集中。理由は不明。 ・三菱商事が日本KFCの全株式売却を検討。資産の入れ替えが目的。 ・ウェルシアHDとツルハHDが経営統合を協議。イオンが主導しアジア展開も視野に。 ・トランプ前大統領がミシガン州予備選で勝利、6連勝を達成。 ・米国が中国等への個人情報販売・移転を禁止する規制を発表。 <考察> ・アップルは市場の変化に対応し、将来性の高いAI分野へシフトしている。 ・三菱商事のKFC売却検討やウェルシアとツルハの経

          今日のニュース@心の羅針盤

          今日のニュース@心の羅針盤

          <概要> ・政府が経済安全保障上の秘密情報を扱う「セキュリティ・クリアランス」制度を設立。半導体情報の保護を強化し、企業の海外展開を支援。 ・「食料・農業・農村基本法」の改定で食料安全保障を強化。食料自給率向上を目指す。 ・1月のCPI上昇率は2.0%で、物価上昇の鈍化が続く。中国海警局は周辺国に圧力を加え、オープンRAN構築で5G通信網を拡大。 ・2023年の出生数は75万8631人で、人口減少の傾向が続く。 <考察> ・「セキュリティ・クリアランス」制度や食料安全保障の

          今日のニュース@心の羅針盤

          ワールドコイン(WLD)に関する詳細な解説記事

          はじめにワールドコイン(WorldCoin、WLD)は、AIの発展に伴い、人間とボットの区別がつかなくなる未来に備え、すべての人々がグローバル経済にアクセスし恩恵を受けられるようにすることを目的としたプロジェクトです。 OpenAIのCEOであるSam Altman氏が共同創業者であり、人間であることを証明するデジタルID「World ID」を提供し、それに紐づく形でトークンを無料で配布します。World Appを通じて支払いや購入、送金などが可能になります。 特徴-

          ワールドコイン(WLD)に関する詳細な解説記事

          福岡から世界へ「The Company」とWorldcoinが描く、未来の働き方とデジタルアイデンティティ

          福岡市に拠点を置くシェアオフィス・コワーキングスペース「The Company」が、海外スタートアップ企業の日本市場進出をサポートする新たな取り組みを発表しました。 この取り組みは、福岡市を含む世界4カ国14拠点で展開している「The Company」が、Worldcoinの普及を目指すTools for humanity Corp.とのパートナーシップを通じて行われます。 具体的には、福岡のThe Companyキャナルシティ博多前店と福岡PARCO店に、人間性を証明で

          福岡から世界へ「The Company」とWorldcoinが描く、未来の働き方とデジタルアイデンティティ

          今日のニュース@心の羅針盤

          <概要> ・スウェーデンのNATO加盟が決定し、欧州の安全保障体制が強化された。 ・ロシアとウクライナの戦闘が激化し、双方がドローン攻撃を続けている。 ・日経平均株価が連続で過去最高値を更新。米株式市場の堅調が影響。 ・量子コンピューターの商用化に向け、日本の産学が新会社を立ち上げる計画。 <考察> ・スウェーデンのNATO加盟は、ロシアに対する軍事的・地政学的バランスの変化を意味する。 ・ウクライナ戦争の激化は、地域の不安定化を招き、国際社会に影響を与える。 ・日経平均の

          今日のニュース@心の羅針盤

          今日のニュース@心の羅針盤

          <概要> ・日経平均が34年ぶりに最高値更新。企業改革が評価される一方で、脱「日銀緩和」が今後の課題。 ・厚労省が男性育休取得率の目標設定と公表を義務付け。中小企業への影響と支援策が問題。 ・トランプ前大統領がサウスカロライナ州の予備選で勝利。日本の外交・安全保障への影響が懸念される。 ・自民党支持率が低下し、政治の低迷が示される。国民は政治を諦めずに参加する必要がある。 ・ゼレンスキー大統領が結束を訴えるも、ウクライナ戦争の出口は見えず。日本にとっても他人事ではない。 <

          今日のニュース@心の羅針盤

          今日のニュース@心の羅針盤

          <概要> ・国内衣料品ブランドが円安や原材料高の中で注目を集め、インバウンド需要の拡大も追い風。 ・熊本にTSMCの日本初工場が稼働開始。日本政府は日本半導体の再生に大きな期待を寄せる。 ・ウェルシアホールディングスとツルハホールディングスが経営統合を検討。イオン主導で市場の巨大チェーンを形成。 ・宇宙大国ロシアの衛星打ち上げが大幅に減少。日本はH3ロケットの成功を機に宇宙市場での巻き返しを図る。 <考察> ・国内衣料品ブランドの隆盛は、円安の中での国産品の価値再認識とイン

          今日のニュース@心の羅針盤

          今日のニュース@心の羅針盤

          <概要> ・バイデン大統領がウクライナ侵略2年に合わせ、ロシアの軍需産業関係者ら500超に新たな制裁を発表。 ・日経朝刊は、日本株の最高値更新を「変化する国」への期待として報じ、政治の成長戦略の欠如を指摘。 ・ロシアが日本製や台湾製の精密機械部品を中国経由で調達していることが判明。 <考察> ・米国の新たな制裁は、ウクライナ侵略に対する国際社会の強い非難とロシアに対する圧力を示す。 ・日本株の上昇は海外からのポジティブな注目を集めているが、政治の対応がその期待に応えるかは不

          今日のニュース@心の羅針盤

          今日のニュース@心の羅針盤

          <概要> ・日経平均が34年ぶりの最高値を更新し、海外からの評価が高まる。しかし、株高の恩恵は家計に行き渡らず。 ・米ボーイング社、小型機「737MAX」の責任者が事故後に退社。製造品質の問題が指摘されている。 ・2023年に米国で大規模ストライキが発生し、賃上げなど労働環境の改善が求められる中、政治への影響も注目される。 <考察> ・日経平均の最高値更新は、日本企業の変革と海外投資家の関心を反映。しかし、経済全体への波及は限定的。 ・ボーイング社の人事変更は、安全性への懸

          今日のニュース@心の羅針盤

          今日のニュース@心の羅針盤

          <概要> ・1月の貿易収支が1兆7583億円の赤字。輸入は減少し、輸出は増加した。 ・ダウがアマゾンを新たな構成銘柄に採用。アマゾン株は時間外取引で上昇。 ・経産省がドミニカ共和国への日本の地下鉄輸出をODAで支援。インフラ輸出の足掛かりとする。 ・伊藤忠がビックモーターの買収方向で最終調整。中古車事業の大半を新会社に引き継ぐ計画。 <考察> ・貿易収支の赤字縮小は、輸入減少と輸出増加の結果。円安の影響と地域別の動向が注目される。 ・ダウにアマゾンの採用は、指数のテクノロジ

          今日のニュース@心の羅針盤

          今日のニュース@心の羅針盤

          <概要> ・中国人民銀行が住宅ローンの最優遇貸出金利を0.25%下げ、金融緩和を図る。 ・EUがTikTokに対し未成年者保護が不十分であるとして正式調査を開始。 ・日本の水道事業で6割が採算割れ。老朽化対策や震災対応の遅れが問題。 ・国の公共工事で費用対効果が悪化する事例が相次ぎ、適切な政策判断が求められる。 ・国際的な捜査当局がランサムウェア集団「ロックビット」を摘発。 <考察> ・中国の金融緩和は住宅販売不振の打開を目指すもので、市場への影響が注目される。 ・EUのT

          今日のニュース@心の羅針盤