見出し画像

MagSafe対応Watchも充電!

NaoAkimoto!

iPhone12から、MagSafeという、
iPhoneの裏にマグネットを取り付けて
充電できるシステムが搭載されました。

もちろん、純正のMagSafeを使ってますが、MagSafeを持ち歩くことはほぼ無いんです。

見つけちゃいました!
MagSafe対応Watch充電!
スマホリング!
それがこのRORRY 3IN1充電器

こんな感じで
見た目はただのMagSafeを使った
スマホリング!

中には、本体とUSB-Cのケーブル

カバーつけた時に、磁力が弱い人用の
MagSafe対応のマグネット。

なんと!これが!
純正と同じくMagSafe15Wで
充電できちゃう!
本体横にUSB-Cのコネクタがあり。

充電できます!
そして、スマホリング自体も回転するので、スマホを立てかけたりすることも
できちゃいます!

ここからがこの商品のいいところ!
こんなMagSafeなのに、
どうやってApple Watchが充電
できるのか!?
こうなるんです!

リング中央がApple Watch対応になっていて、
iPhoneとApple Watchの同時充電も可能なんです。

出力ですが、
MagSafe側は、15w/10w(MagSafe以外)/2.5w(AirPods)
watch側は、3wとなっています。(純正20WのACアダプター使用の場合)
最大15Wなので同時充電の場合は出力が落ちますね。

サイズ
直径 60mm
厚さ 6.8mm(厚く感じるかも)

現在では白のみの発売ですが、
今後黒発売になったらもう一つ買っちゃいそうです。

iPhoneがなかなかUSB-Cに変更しないので、
この充電器ならUSB-Cなので充電ケーブルは1本で済みます!

iPhoneでUSB-Cの先取りしましょ!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!