河井菜摘

漆と金継ぎをメインに動く修復家 漆作家/京都 東京 鳥取の3拠点生活/ なおすことつくること 食べ物 道具やモノと情報 時々お弁当 【月に2回くらいのゆっくり更新】

つくる才能 池邉祥子のこと

ものづくりをしていると自然とものづくりをしている友人が多くなる。 誰か注目している人はいてる?と以前質問をもらったことがあるけど、近くにいる人ばかりのことが思い…

弁当箱偏愛帖 後編

弁当箱偏愛、前編の続きです。 ▼浮菊模様竹籠 前編でも述べたようにお弁当箱集めが趣味なのですが 、ここ最近で買った弁当箱の中でもため息もののかわいさが岡悠さんの…

弁当箱偏愛帖 前編

お弁当、というものが好きだ。箱に入れて持ち運べて、ご飯もおかずも1食がその中に詰まってる感じ。 何よりも蓋物としての存在感の弁当箱。何かを買い集めることって特にな…

暮らしを変えるアイデア

こんにちは。大阪生まれ、鳥取京都東京の3拠点生活、専門は漆と修復の河井(@nano_723)です。 大学で漆を学んでいたわけですが、京都の芸大に通っていた学生時代、ホーム…

なおすことはセラピー

ものをなおす、という仕事をしている。 誰かにとっての思い出のカップや湯呑み、先祖代々受け継いでいる重箱、そんなものが次々とうちにやって来ては修理して返してあげる…

はじめましてを深めるカバンの中身

はじめまして。漆と金継ぎをベースに暮らしています河井菜摘(@nano_723)です。京都東京鳥取の三拠点生活で、普段住んでいるのは鳥取の山奥にある限界集落。仕事はフリーで…