見出し画像

G検定法律問題&時事問題まとめnote【改訂版2024対応】

こんにちは、G検定攻略ガイド管理人です。

今回は「G検定法律問題&時事問題まとめnote」ということで、G検定の出題内容の3割程度を占めると言われている人工知能を取り巻く法律に関する問題と時事問題に関してのまとめ記事となります。

今回の記事では、執筆時点での情報をもとに出題される可能性の高そうな法律や時事問題を中心にまとめていきたいと思います。また、追加で必要な情報が出てきた場合は、適宜追記をさせていただいております。

テキストだけでは内容が深堀されておらず、わかりづらいと感じたので補足的に読んでもらえるようにこちらのnoteを執筆しました。

この記事が目指したのは「これだけ読めばG検定の法律問題・時事問題に関してはほぼ大丈夫」というようなものです。

実際に自分が受験したときは、法律問題と時事問題に大変苦戦したという経験があるため、簡単にまとめてある記事があると役立つのではないかということで、このような記事を執筆しました。

さらに適宜参考にした官公庁発出の資料などのリンクも掲載しておりますので、より深く学びたい場合もリンクから資料確認できるような構成となっていますので、資料探しの時間も節約できるかと思います。

また、最後にはこの記事で学習した内容を確認できるように、練習問題をつけてあります。読み終わった後に知識の整理に役立ててもらえればと思います。

【記事更新履歴】
2021/3/2:自動運転の項目を加筆修正。
2021/4/24:G検定のシラバス改訂に伴い、内容を追加。
2022/2/14:改正個人情報保護法の分野を加筆。
2022/2/14:まとめ問題を一部修正。
2022/3/11:全体を見直し、改訂版として公開。
2023/1/1:2022年の出題傾向を踏まえた更新。
2023/4/9:章立てを変更。生成AIなど最新動向の解説を追加。
2024/1/8:2024対応版として加筆&修正。


(1)はじめに

Youtubeにこんな動画があったので紹介したいと思います。

少し古い動画になりますが、ディープラーニングに関してJDLA理事長の松尾豊先生が講演されている動画です。

この動画を見ていただくとわかるように、人工知能は成長分野であり、今後も最新技術がバンバン生まれてくる可能性が高いです。

そうした中で「法律」「倫理」などは人工知能の進化に合わせて適宜改正され、考え方も変えていくべきです。また、そうした変化を行っていく中でも様々な事件・問題が発生するでしょう。

これ以降は現在発生している問題や、改正された法律・最新の技術について紹介と解説をしていこうと思います。

G検定の試験にも出題される可能性の高い分野をピックアップしていますので、この記事でG検定における法律問題・時事問題の総まとめをしてみましょう。

続きをみるには

残り 16,904字 / 14画像

¥ 780 (数量限定:残り 109 / 200)

期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

よろしければサポートをお願いいたします。 記事・コンテンツ作成のモチベーションになります。