ナナロク社

出版社ナナロク社です。書籍やイベントのお知らせ、読み物をお届けします。でも、しばらくは会社からのお知らせもこちらで。noteっぽくない使い方ですみません。

ナナロク社

出版社ナナロク社です。書籍やイベントのお知らせ、読み物をお届けします。でも、しばらくは会社からのお知らせもこちらで。noteっぽくない使い方ですみません。

    記事一覧

    あなたのための短歌展と木下龍也書店

    ※本展のご予約はすべて定員に達しました(2022年7月26日追記) 歌人の木下龍也さんと、この…

    ナナロク社
    2週間前

    「第2回 あたらしい歌集選考会」選考結果発表

    「第2回 あたらしい歌集選考会」のご報告をいたします。 事前登録をしてくださったみなさま…

    ナナロク社
    1か月前

    『せかいはことば』はここにある。

    『育児まんが日記 せかいはことば』 著者:齋藤陽道 協力:盛山麻奈美 監修:早瀨憲太郎 校正…

    ナナロク社
    3か月前

    『ぞうのマメパオ』刊行記念対談 藤岡拓太郎×村井光男 <後編>デス・プルーフと駐…

    <前編はこちら> * * * <後編>デス・プルーフと駐車場 2022年3月30日(水)午後1時…

    ナナロク社
    4か月前

    『ぞうのマメパオ』刊行記念対談 藤岡拓太郎×村井光男 <前編>そこにいるだけのか…

    ギャグ漫画家の藤岡拓太郎と、編集者の村井光男。『夏がとまらない』『たぷの里』『大丈夫マン…

    ナナロク社
    4か月前

    『ぞうのマメパオ』はここにある。

    『ぞうのマメパオ』 著者:藤岡拓太郎 定価:1760円(本体1600円+税) 仕様:196ページ、A5上…

    ナナロク社
    4か月前

    きっかけはパンダコパンダ "かわいすぎて笑ってしまう本"を作りたかった/絵本『ぞう…

    「寒いですね、今日。雪降るかな」 ギャグ漫画家・藤岡拓太郎さんによる2作目の絵本『ぞうの…

    ナナロク社
    4か月前

    『水上バス浅草行き』はここにある

    『水上バス浅草行き』 著者:岡本真帆 定価:1870円(本体1700円+税) 仕様:168ページ、B6変…

    ナナロク社
    4か月前

    舞城王太郎詩集『Jason Fourthroom』のための場所。

    小説家・舞城王太郎の詩集『Jason Fourthroom』。 デビュー前の1996年のノートに記された詩篇…

    ナナロク社
    5か月前

    森口ぽるぽ『インロック』、島楓果『すべてのものは優しさをもつ』はここにある。

    「第1回 ナナロク社 あたらしい歌集選考会」で、選考者の岡野大嗣さん、木下龍也さんに選出…

    ナナロク社
    6か月前

    第2回「ナナロク社 あたらしい歌集選考会」のお知らせ

    木下龍也選:1名 岡野大嗣選:1名 登録締切:2022年3月9日 ※締切りました 応募締切:2022…

    ナナロク社
    7か月前

    『音楽』はここにある

    岡野大嗣の最新歌集がいよいよ刊行となりました。 収録歌は300首を超えますが、ボリュームを…

    ナナロク社
    8か月前

    『あなたのための短歌集』のための。

    ◎歌集にまつわる試みについて第1回ご報告 『あなたのための短歌集』が、多くのご協力をいた…

    ナナロク社
    9か月前

    『A TASTE OF TANIKAWA 谷川俊太郎の詩を味わう』

    ◎詩人と翻訳家との半世紀1960年代から50年以上もの間、谷川俊太郎の詩作品の英訳を続けるア…

    ナナロク社
    10か月前

    「あなたのための短歌1首」書籍化企画

    お知らせ(8月15日追記)募集のお願いは、終了いたしました。「あなたのための短歌1首」が書…

    『震えたのは』6月下旬刊行。五行詩の詩人、岩崎航の第2詩集です。

    岩崎航の第2詩集『震えたのは』、完成しました。 2013年に刊行した第1詩集『点滴ポール 生き…

    あなたのための短歌展と木下龍也書店

    ※本展のご予約はすべて定員に達しました(2022年7月26日追記) 歌人の木下龍也さんと、この…

    ナナロク社
    2週間前

    「第2回 あたらしい歌集選考会」選考結果発表

    「第2回 あたらしい歌集選考会」のご報告をいたします。 事前登録をしてくださったみなさま…

    ナナロク社
    1か月前

    『せかいはことば』はここにある。

    『育児まんが日記 せかいはことば』 著者:齋藤陽道 協力:盛山麻奈美 監修:早瀨憲太郎 校正…

    ナナロク社
    3か月前

    『ぞうのマメパオ』刊行記念対談 藤岡拓太郎×村井光男 <後編>デス・プルーフと駐…

    <前編はこちら> * * * <後編>デス・プルーフと駐車場 2022年3月30日(水)午後1時…

    ナナロク社
    4か月前

    『ぞうのマメパオ』刊行記念対談 藤岡拓太郎×村井光男 <前編>そこにいるだけのか…

    ギャグ漫画家の藤岡拓太郎と、編集者の村井光男。『夏がとまらない』『たぷの里』『大丈夫マン…

    ナナロク社
    4か月前

    『ぞうのマメパオ』はここにある。

    『ぞうのマメパオ』 著者:藤岡拓太郎 定価:1760円(本体1600円+税) 仕様:196ページ、A5上…

    ナナロク社
    4か月前

    きっかけはパンダコパンダ "かわいすぎて笑ってしまう本"を作りたかった/絵本『ぞう…

    「寒いですね、今日。雪降るかな」 ギャグ漫画家・藤岡拓太郎さんによる2作目の絵本『ぞうの…

    ナナロク社
    4か月前

    『水上バス浅草行き』はここにある

    『水上バス浅草行き』 著者:岡本真帆 定価:1870円(本体1700円+税) 仕様:168ページ、B6変…

    ナナロク社
    4か月前

    舞城王太郎詩集『Jason Fourthroom』のための場所。

    小説家・舞城王太郎の詩集『Jason Fourthroom』。 デビュー前の1996年のノートに記された詩篇…

    ナナロク社
    5か月前

    森口ぽるぽ『インロック』、島楓果『すべてのものは優しさをもつ』はここにある。

    「第1回 ナナロク社 あたらしい歌集選考会」で、選考者の岡野大嗣さん、木下龍也さんに選出…

    ナナロク社
    6か月前

    第2回「ナナロク社 あたらしい歌集選考会」のお知らせ

    木下龍也選:1名 岡野大嗣選:1名 登録締切:2022年3月9日 ※締切りました 応募締切:2022…

    ナナロク社
    7か月前

    『音楽』はここにある

    岡野大嗣の最新歌集がいよいよ刊行となりました。 収録歌は300首を超えますが、ボリュームを…

    ナナロク社
    8か月前

    『あなたのための短歌集』のための。

    ◎歌集にまつわる試みについて第1回ご報告 『あなたのための短歌集』が、多くのご協力をいた…

    ナナロク社
    9か月前

    『A TASTE OF TANIKAWA 谷川俊太郎の詩を味わう』

    ◎詩人と翻訳家との半世紀1960年代から50年以上もの間、谷川俊太郎の詩作品の英訳を続けるア…

    ナナロク社
    10か月前

    「あなたのための短歌1首」書籍化企画

    お知らせ(8月15日追記)募集のお願いは、終了いたしました。「あなたのための短歌1首」が書…

    『震えたのは』6月下旬刊行。五行詩の詩人、岩崎航の第2詩集です。

    岩崎航の第2詩集『震えたのは』、完成しました。 2013年に刊行した第1詩集『点滴ポール 生き…