見出し画像

刺激的な毎日が人生を長くする?平成ラストの年に掲げる目標

「年齢を重ねるごとに、時の流れを速く感じるようになる」という定説を、肌で感じ始めている今日この頃。加えて、30年続いた平成が終わる年。感慨にふけってしまうのは、私だけではないはずです。

子どもの頃より時間の経過を速く感じてしまうのは、「刺激」の違いともいわれています。

「起きる→仕事に行く→寝る→起きる→仕事に行く→寝る…」といったルーティンを繰り返していては、暮らしに刺激がなく、時間に対する意識が低下してしまうのです。

言い換えると、「刺激的な毎日を過ごしていたら、人生が長くなる!」ということかもしれません。

30歳を機に、9年間働いた学童クラブを辞めて4年。人生を楽に過ごすために、この4年間を振り返りながら、2019年から2020年に向けた目標を設定してみます。


10秒で振り返る!2018年までの4年間で経験したこと

1460日をぎゅーーっと集約すると以下の通りです。

◇ニートを1年満喫
◇貯金が底をつく
◇お金がないことに恐怖を感じる
◇色鉛筆で似顔絵家なもちと名乗る
サイトを開設する
◇似顔絵を販売する
インスタグラムを始める
◇ギャラリーの企画展に参加する
→【colmenaCURIOSITIES
◇色々なアート作家に出会う
◇Webライターのアルバイトを始める
◇筆文字アートに触れる
→【心笑家ようへい

こう並べると、なかなか刺激的な4年間だったように感じますね。

平成ラストを飾る目標とは

何度も言いますが、平成が終わります。新しい元号に向けて達成したい目標。それは…

「流れに乗ること」

流れに乗るという意味は、時間の流れに逆らわず、受け入れて生きること。
人生は自分の意志で決めるものではない。決められたものを、決められた流れを素直に受けとること。

それは、プラスでもなくマイナスでもない。ただ受け入れること。

私は小さい頃から、様々な物事に対して、ネガティブに考える傾向にあります。感情ではなく、起こった出来事を素直に受けとることが、2019年の目標です。

一見、すべてを受け入れることは、刺激的な日々とは矛盾しているようにも感じるかもしれません。しかし、受け入れることで視点が変わり、それが新しい刺激となって人生を豊かにするのではないでしょうか。

要するに、

◇色々なイベントに参加してみよう
◇チャンスが来たら乗ってみよう
◇何も無い時はゆったりしてみよう
◇お金は遠慮せずもらおう
◇褒められたら素直に喜ぼう


そして、

◇ライター仲間と楽しもう!
→【OKINAWA GRIT

ということです。

2019年。
新たな出会いや別れを経験しながら、大切に生きたいと思います。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

フォローもしてほしいなぁ…(*'ω'*)サンキュ
4
ご覧いただきありがとうございます。沖縄出身の【なもち】と申します。 学童クラブで9年働いた後、Webライターとして活動をスタートしました。 沖縄のイベントやアート情報を中心にお伝えいたしますので、どうぞお役立てください。

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。