聖クロス

聖クロス女学院物語4巻 お姉さまのなぞとジュリエットの指輪 〈第1章 ぎわくのお姉さま〉

プロローグ


第1章 ぎわくのお姉さま


花音のお姉さまは、わたしのお姉さまとおなじ人かもしれない。
だけど、神聖な〈デスティーノ〉に、そんなことってあるのかな。
もし、そうだとしたら、わたしはいったいどうしたらいいの……?


 学院の歴史をかんじるりっぱな部室棟のそのわきに、ひっそりたたずむ煉瓦づくりのちいさな小屋。でっかい南京錠をガチャリとまわして、重たい木の扉をギィッと開くと、部室のなかの空気は、夏休みの太陽をとじこめてたみたいにムッとしていた。

「うわ、暑っちー!」

 そう言いながら葵さんが、いちばんに部室のなかに飛び込んで、りょうがわの窓をいっぱいに開けてくれる。すうっと風がとおりぬけて、校庭のスピーカーから、放課後のはじまりを告げる聖歌が流れてきた。わたしたちは、いつの時代からここにあるのかわからない古めかしいダイニングテーブルをかこんで席につき、それぞれに胸の前でそっと指を組んだ。


 わたしのとなりには奈々、目の前に花音、そして花音のとなりに葵さんが座っている。

「天におられるわたしたちの父よ、御名が聖とされますように。御国が来ますように。御心が天に行われるとおり、地にも行われますように」
 
 朝のお祈りと、おなじお祈り。なにも放課後にまでやらなくてもいいのだけれど、こういうのが大好きなわが部長のおたっしにより、神秘倶楽部では、お祈りからの部活動がおきまりになっていた。

 まあ、たいていはおしゃべりに夢中になってるうちに、いつのまにか聖歌の放送が終わっちゃうんだけどね。

 でも、今日は二学期さいしょの部活動だ。それだけじゃなく、おおきくて、おもたい議題が、わたしたちのまえに横たわっていた。開いた窓から、さやさやと葉っぱがゆれる音が聞こえてくる。風さえとおればひんやりすずしくて、もとは物置だったとは思えないほどかいてきだ。だけど、わたしたち4人組は、テーブルの真ん中におかれたふたつの封筒……花音とわたしに届いた “お姉さまからのお手紙” ……を見くらべて、うーんと頭をなやませていた。

 もちろん、見ているのは封筒だけで、お手紙のなかみは見ていない。“けんしょう”のためには、なかのお手紙まで見くらべたほうがいいとわかってるけど、それは花音も言いださないし、わたしもやっぱり言いだせないでいた。

 おもたい沈黙をやぶって、奈々がおずおずと口をひらいた。

「たしかに、よく似ているわよね……」

 それっきりまたおしだまって、膝にちょこんと手をおいたまま、上目づかいで、そうっとわたしたちのようすをうかがっている。葵さんが、いかにもどうでもよさそうに、ふわあ〜っと大あくびして、ぼりぼりと耳のうしろをかいた。

「ま、べつにいいじゃん。同じ人だったって」
「ちっとも、よくありませんわ!」

 花音がキッと目を上げ、それから、よよとテーブルにつっぷした。

「デスティーノは、『あなただけのお姉さま』のはずでしてよ? お姉さまの“かけもち”なんてありえませんわ!」
「そうよね。運命の人がふたりいるなんて、おかしいと思う」

 奈々が、やけに力をこめてウンウンとうなずく。
 葵さんが、クールに肩をすくめた。

「そうかぁ〜? そりゃ、結婚でもするならまずいけどさ、これってただの文通じゃん」
「ただの文通ですって!?」

 花音がガバッとテーブルからはね起きて、わなわなとくちびるを震わせる。

「……わかってない。葵は、まったくわかってませんわ」
「なんだよ。お前がなんでもかんでも夢見すぎなんだろ」
「ええ、そうかもしれませんわ。だけど、これはただの文通じゃない。生涯で一度きりのデスティーノなんですのよ?」

 そうだ、まったくそのとおりだよ。わたしも、おおきくうなずく。
 デスティーノは、ただの文通じゃない。わが聖クロス女学院の新入生が、生涯でたった一度だけ、たった一人のお姉さまと心を通わせる、“運命のお手紙”なんだから!

 花音が、長いまつげをかなしげにふせて続けた。

「すくなくともわたくしにとっては、デスティーノは結婚とおなじくらい神聖なことですわ。だって未来永劫、特別なその方のことが永久に記憶に残るんですもの……」

 その言葉に、さすがの葵さんもグッと詰まる。
 わたしはふと、いつかいただいたお姉さまのお手紙を思い出した。

わたしのお姉さまは永遠にあの方おひとりだけで、もう永遠にどなたかわからない。時間はどんどん進んでいるのに、いまこの瞬間は、永遠にうごかない気がした……

 
 花音、いま、お姉さまと同じことを言ったんだ。
 そう気がついて、胸のおくが、ひそかにキュッとしめつけられる。
 花音って、もしかしてお姉さまに似ているのかな。
 それとも、わたしと同じようなお手紙を、花音ももらっているの?

 ずっとだまりこんでるわたしに、花音がじれったそうにたずねた。

「陽奈。陽奈は、どう思いますの? わたくしたちのお姉さまが」

 同じかたかもしれないこと。

 と、花音はその言葉をさいごまで言わなかった。
 うっすら開いたくちびるが、ためらうように止まって、ため息まじりにまた結ばれる。
 それはまるで、唱えたら叶ってしまう呪文をふうじこめてるみたいだった。はらりと落ちてどこかに消えちゃう桜の花びらみたいに、めのまえをかすめて消えてった言葉。

 わたしは、思いきって口を開いた。
 これいじょう、花音をなやませたくない。

「わたしは、……どっちでもいいかな」

 花音が「えっ?」と、目を見ひらく。奈々も、葵さんさえ、おどろいた顔をした。
 うん、わたしだって、ほんとはすこし無理してるけど、でもさ。

「えーっと……、そりゃあわたしも、わたしだけのお姉さまがいいんだけどさっ。でも、花音といっしょのお姉さまなら、まぁ、いいかな……って」

 ほかの人だったら、いやだよ?
 だけど、花音だから。花音とだったら。
 わたしは照れかくしに、あはっと笑った。

「お姉さまたちにも、なにかふかいご事情があるのかもしれないし!」
「陽奈!」

 かんげき屋の花音がガタンと椅子から立ちあがり、テーブルごしに、はっしとわたしの手をとった。ととのったお顔がふいにぐぐっとせまってきて、なんだか、わあーっとはずかしくなる。眼帯をしていないほうの瞳が、夕日をうけてきらきらと輝いている。ほんとうに花音って、お人形みたいだ。

「そうですわね、陽奈、まったくそのとおりですわ! わたくしだって、陽奈と同じお姉さまならよろしくてよ!」
「え、いいよ、無理しなくてー」

 なんでもいっしょじゃなくてもいいんだからねっ? ……ってママが言ってた。
 でも、花音はますますつよくわたしの手をにぎりしめ、イヤイヤをするように首を横にふった。

「無理なんかしていませんわ! ええ、無理なんて! ……ちょっとはしてますけど」
「ほらーーー!」

 奈々と葵さんがドッと笑って、ピンとはりつめてた空気がやっとゆるんだ。

「よかったな、花音。陽奈がこういうやつでさ」
「ええ、反省しましたわ。わたくしったら、動揺して、自分のことばかりで」
「でも、わたしは花音の気持ちって、すごくよくわかるな」と、奈々がつぶやく。

「やっぱり、運命の人のことだもの」

 そうだよね、それはそう思うんだけど。
 こまって、ふぅ〜とため息をついたわたしをはげますように、奈々が言った。

「わたし、こんど、時ちゃんにあったときに聞いてみるね。いったい、お姉さまの“かけもち”なんて、ほんとうにあるのかどうか」

 花音が、急にしんぱいそうになって奈々を見る。

「たしかに真相は気になりますけど、それでは時子さまにごめいわくがかからないかしら? もしかすると、これはデスティーノにかかわる重大なひみつかもしれませんわ」
「おーげさ。聞いてもらえばいいじゃん。ひみつがわかれば、すっきりするしさ」

 葵さんはそっけなくそう言うと、ふっと窓からグラウンドのほうを眺めた。つられて目をむけると、ピーッとホイッスルが鳴って、サッカー部が練習試合をはじめている。
 花音が、やさしく葵さんをうながした。

「あちらの活動も気になるんじゃありませんこと? こちらはもういいですから、サッカーをしていらしたら?」
「ん? いや〜、べつに」

 葵さんはうごかない。こんなとき、わたしはちょっとせつなくなる。
 花音が事故にあって右目をなくしてしまったのは葵さんのせいじゃないのに、葵さんは、たぶんずっとそのことに責任をかんじて、そばから離れないんだ。お姫さまを守る騎士のように。

「じゃあ、お茶でもいれましょうか」

 花音がたちあがり、奈々が「手伝う」とつづいた。葵さんとふたりでテーブルに残されて、わたしはちょっと話題にこまった。夏合宿でずいぶんうちとけたけど、まだ花音のようにはいかない。

 でも、そうだ。
 二学期こそはと、心にきめてたことがあったんだ!

「ねぇ、葵」

 葵さん、もとい“葵”が、「お?」という感じで、キョロッとこっちを見た。こいつ、呼びすててきたぞ、ってかんじに。でも、すぐにニヤッと笑って。

「なんだよ、陽奈」
「あの、葵……、あ、葵はさ!」

 わーん、ちょうカミカミなんだけど!><;
 でもいいかげん、「葵さん」なんて、みずくさいと思うんだよね! ね!

「あ、葵は、お姉さまからのお手紙、届いてた?」
「あー、届いてた届いてた。ちょーめんどくせー」

 葵は、またそんな失礼なことを言う。でも、まんざらでもなさそうに、椅子の背にかけてたかばんから、かわいくラッピングされた紙袋を取り出した。なかから、いくつも焼き菓子が出てくる。フィナンシェ、ダックワーズ、マドレーヌ……

「ちょうどよかった。これ、食べようぜ」
「わっ、お姉さまから? いいの? わたしたちが食べちゃって」
「いいよ。どうせ、うちにもって帰っても父さんが食べちゃうし」
「おじさまは甘いものがお好きですものね、葵とちがって」

 花音が、レトロなシルバーのトレイに紅茶をのせてはこんできた。このトレイも、物置ではっけんして、自分たちで磨いたものだ。ティーカップはさすがにいたんでいたので、“華美ではない”白いカップを花音がおうちからもってきていた。

「そーだよ、あたしは柿の種が好きなのにさ!」
「でも、ピエール・エルメが好きとお手紙に書いてしまったのでしょう?」
「そっ。そしたら毎回、これだよ」

 わー、なんてぜいたくな悩み! それにしても……
 わたしは、まるでお店で買ってきたみたいにひとつひとつラッピングされた焼き菓子を、じっとながめた。やっぱり、葵のお姉さまって、華枝さまなんじゃないかしら?

「……生徒会室でいただいたお菓子にそっくりな気がする」
「陽奈もそう思います? わたくしもそう思うのですわ。でも」

 花音が、チラリと葵のことを見る。
 葵が、その話は聞きあきたとばかりに口をとがらせて頬杖をついた。

「ちがうな。バターがちがう」
「え?」

 バター?
 えっ、えっ、そんなちがいなんてわかる?

「うっそ、葵さん……じゃなかった、葵すごーい!」
「ばーか、そんなん食えばわかるよ。食ってみ、ほら」

 ぽいっとむぞうさに渡されたフィナンシェをとりだして、そうっとかじってみる。香ばしいバターの香りに、ふわんと鼻をくすぐられて、うーん、しあわせな気持ち! そして、サクサクした軽い焼き目からのしっとりとやわらかな生地は、うっとりするほど甘くって……うーん、わかんない! すごくおいしいってことしか!

 バター、バターのちがいってどんな……?
 もぐもぐしつつ目を閉じて、ウーンと首をひねる。
 花音が、「安心して、陽奈。わたくしにもわかりませんわ」となぐさめてくれた。

「だよね、だよね?」
「マジかよ。なんかそう言われると、自信なくなってきたな」

 葵がむぞうさにマドレーヌをつかんで、わしわしとかじる。
 そして、「……うん、やっぱちがうと思うなあ」とつぶやいた。

「ま、どっちもうまいっちゃ、うまいんだけどさ。なんつーか、こう、こっちのほうが香りのグレードが……」
「学校でつくるお菓子と、おうちでつくるお菓子のちがいかもしれませんわよ? 生徒会室でいただいたものは、料理部でつくったものだと華枝さまはおっしゃっていましたわ」
「まー、そうかもしれないけどさ。お菓子づくりが好きな先輩なんて、きっといっぱいいるじゃん? 料理部の先輩だって、いっぱいいるし」

 そんなふうに言いつのる葵に、いがいにも奈々が、するどくツッコミをいれた。

「葵は、華枝さまがデスティーノのお姉さまだといいなって思わないの? すごく仲良くしていただいてたじゃない、海で」
「ふえっ!?」
 
 たちまち、葵が真っ赤になった。
 あ、いつのまにか奈々も葵のこと呼び捨てなんだ。じゃなくてー。

「あっ、あれはおまえが、蜜希さんとどっか行っちゃうからだろっ!」

 こんどは、奈々が真っ赤になった。

「そ、それは……! だって蜜希さまが……」
「おまえらはいなくなっちゃうし、璃子のやつは史織さんにべったりだし、だから、しょーがなく、華枝さんもあたしもさ!」

 そのときだった。開けはなしていた窓からひょこっとカメラのレンズがのぞき、パシャッとシャッターが切れる音がした。

「スクープ、いただき! 神秘俱楽部、新学期そうそう仲間われか!?」
「千春さま!」

 窓からなかをのぞきこんでいたのは、新聞部のエース、いつもおさわがせの駒林千春さまだった。花音がもはや動じないといったようすで、優雅にティーカップを口もとにはこんだ。

「千春さま、こまりますわ。撮影のさいは、許可をとっていただかないと」
「うふふ、ごめんね。でも許可なんてとってたら、スクープをのがしちゃうじゃない?」
「因果なご活動ですわね。よろしければ、ひとやすみしてお茶をいかが?」
「あら、やさしい! さすがは今年のジュリエット」
 
 今年のジュリエット?
 花音がきょとんとして首をかしげる。
 でも、わたしと奈々には、すぐに千春さまがおっしゃっている意味がわかった。

「えーっ、花音がわたしたちの代のジュリエットなの!?」
「すごい、すごい! あれっ、でも投票って、まだこれからだよね……!?」
「な、なんのお話ですの、いったい……」

 いっきにこうふんしたわたしたちに、花音がめずらしくおろおろする。
すばやく扉へとまわりこんで部室に入ってきた千春さまは、テーブルに手をついてなにやら焦らすようにすうっと紅茶の湯気をすい、「んーーー、いいかおり!」と、おおげさにほめたたえた。

「さすがは、わが校のジュリエット! すてきなお茶会を楽しんでいるわね」
「さっきから、なんのお話ですの? 千春さま。まったくわけがわかりませんわ」
「あら、ごそんじない? そういえば、花音ちゃんは受験組だったわね。でも、わが聖クロス女学院にあこがれて入学してきたのなら、うわさくらいは聞いたことがあるんじゃないかしら? わが校の中等部に代々伝わる伝統劇の……」

 そう言いながら千春さまは、さっとテーブルの紅茶をとってごくりと一口。
 あっ、それわたしの!
 意に介さずに千春さまは、おぎょうぎわるくテーブルに腰かけてニヤリと笑った。

「持ち上がり組のみなさんのご指摘どおり、配役選考のための投票はまだこれからよ。でも、この私が独自に調査したけっか、今年のジュリエット役はぶっちぎりで花音ちゃんに決まりなのよ!」
「えーっ! じょ、冗談じゃありませんわ、どういうことですの千春さま……!」

花音があせって、またガタンと立ち上がる。

「なんだ、また伝統かよ。やたら伝統の多い学校だな〜」

葵さんが、へきえきしたようにダックワーズをかじった。


つづく…


☆次回予告☆
奈々です。聖クロス女学院では、伝統劇の主役に選ばれるのは、すっごく名誉なことなんです。でも、花音は「ぜったいに、いや」なんですって。どうしてだろう、もしわたしなら……あっ、こういうこと考えるのって暗いですよね? 花音は、どうしてわたしなんかと仲良くしてくれるのかな……あっ、いまのもだめですよね! 

と、とにかく、次回はいやがる花音をせっとくしようと、いろんな人たちがわたしたちのもとをおとずれます。あこがれのあの人も来てくださるかしら……あっ、これも聞かなかったことにしてくださいね!><;  

じゃあ、失礼します。ごきげんよう!

→続きは、こちら


告知は、くまこTwitterで。

フォローしてね。@nambukumaco


いちばん下の「♡」も押してみてね。

 (*^▽^)<聖クロス女学院のみんながお返事するよ!



ただいま連載中! 薬膳百合カードノベル。yomucoほか、各電子書店で配信中です。

画像1


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポートありがとうございます。いただいたご支援は、聖クロス女学院物語の執筆およびKDP出版の制作費とさせていただきます。(*^▽^)<ありがとうだよ!

花音「まあ、スキだなんて、ずいぶん簡単におっしゃるんですのね?」
38
小説を書いています。占星術もすこし。趣味はお灸と天然石。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。