中塩智恵子

宮城県石巻市出身。著書に『男娼』『風俗嬢という生き方』(ともに光文社):寄稿・対談ほか『エッチなお仕事なぜいけないの?』(ポット出版) ⇒ http://nakashiochieko.com/ ※フリーライター/女性自身記者

【フィクション(たぶん)】ウリセンボーイ・マサト

この通りを歩くのもだいぶ慣れた。 周りからゲイと思われようがウリセンのボーイと思われようがどうでもよくなった。 この通りを歩く多くの人がそんなことを考えながら歩…

海を求めて

20代前半にシュノーケリングをしていて その後もたまぁにしていたものの、ここ10年くらいは年取って面倒になったのもあるし海気分でもなくすっかり遠ざかっていた。 が、昨…

発見

タイのフリペ【The voice mail】で『チロっとタイ験』という漫画を連載で描かせてもらってたんだけど、部屋を掃除してたらスケッチブックに挟んであった一部を発見! 20…

バンコクで南国リゾートするならば

南国バカンスにタイに行きたいけれど時間がなくてビーチリゾートは無理っぽい。 そんな人におすすめなのがバンコク・チャオプラヤー川沿いにある、 『アナンタラ・バンコク…

『男娼』トークイベント<意見&質問と回答>

『男娼』トークイベント(7月20日)の開催にあたり、参加者から質問を募りました。当日、時間の都合で回答ができなかったぶんをこちらにあげます。これが最後の質問となり…

100

ややアダルト③ エロ本会社・最初の仕事-その2-

 下からライトをあてポジをよく見ると、なんとそこには先ほど仕事を申し付けつけてきた坊主編集者の股間、KOKAN、きんこんかん、カチンコチン。そう、ちんこが写って…

100