見出し画像

今年99冊目『信長の原理』

面白い小説でした。
読み応えありました。
現在の大河は見ていませんが、明智光秀が謀反を起こす理由よくわかります。



織田信長が蟻さんの法則(2:6:2に分かれて、同じグループにしても、また2:6:2に分かれる)を実際の蟻で確認したくだりがあります。

しかし、最後は、それが誰なのかに囚われすぎるのです。
2:6:2は1:3:1でですね。

1は脱落するか裏切るのか、そんな気持ちに囚われちゃうんですよね。

小説としての描写も面白いし、600ページ弱の本でしたが、楽しく読めました。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!