見出し画像

2021年 52冊目『低度外国人材 移民焼き畑国家、日本』

なんだこのタイトルは?と思い手に取りました。
政府や公的機関が使用している「高度外国人材」。


そうでない人も日本にはたくさん存在します。
そんな方々を著者は「低度外国人材」という造語で際立たせました。
中国人は日本では稼げないと見切りをつけ、現在の主役はベトナム人に移行しています。

3年にわたって中国、ベトナム、日本で取材したドキュメンタリーです。
19年末在留外国人は約300万人。日本の総人口の2%を占めています。

増えているのは、技能実習生の41万人、留学生の35万人。

一般的には、かわいそう、たたき出せという論調が多い中、著者は実態を調べようと動いたってことです。

しかし、この技能実習制度、かなり、あかんですね。
毎年1万人くらいが逃げ出すという記事を読んだことがあります。
それはそうです。

中間業者が悪い→大きな借金を背負わせる。
現地での就業条件が悪い→労基法や最低賃金法を無視した条件で働かせる。
現地での住環境が悪い→とんでもない場所に、高い値段で住まわせる。
何でもかんでも暴利でむしり取る。
しかも、副業もできない。

それは逃げますね。
奴隷制度だと言われても仕方ない。
それも一部の例外ではなく、かなりの割合がひどい。
まっとうな所もあるのですが、それが例外くらいなのです。

ただでさえ、待遇が悪い。
しかも逃げると、更に条件が悪い。
(身分証を偽造するしかない)

そこにコロナがやってきた。
食べるのも大変。
彼らは、自分たちのことを(ベトナム語兵士という意味)ボドイと呼ぶそうです。

で、お互いに助け合ったりしているのです。
しかし、同胞も助け合うだけではありません。
強くてずるがしこいやつが、同胞から搾取するのです。

ベトナム人がベトナム人を搾取する。
残っていた中国人がベトナム人を搾取する。
最後に群馬の兄貴と呼ばれていたベトナム人が、大量に豚を盗んだという記事があります。

どうやら違うようなのです。
盗んだのは本当なのですが1頭なのです。
では、なぜ数十頭も盗んだという話になったのか。

管理が甘かったのです。
だから、数年前から、1頭ずつ、色々な人が盗んでいたのです。
それに気づかなかったようなのです。
で、それに気づいて、外国人のせいにする。

そして、群馬の兄貴は入れ墨もしているし、悪者の親分に違いない
逮捕!
うーん。

ベトナムって、かなり親日なのです。
そのベトナム人が日本嫌いになりますね。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!