西中島東鳥

家系の味噌ラーメンは誤って翻訳された露西亜の悲劇

村弘氏穂の日経下段 #60(2018.6.2)

虚ろなる化粧を終えて君のいない世界の風に晒すくちびる (下野 海老原愛子)  今すぐに此処でキスしてくれる君なき世におけるメイクの仕方。一行に漂う椎名林檎的哀愁…

村弘氏穂の日経下段 #59(2018.5.26)

くるくると傘を回して飛び散った雨粒みたいに卒業をする ( 東京 やすふじまさひろ)  くるくると回した傘は黄色くて持ち手には名前が書かれてた。いったい最後に傘を回…

村弘氏穂の日経下段 #58(2018.5.19)

ああ壁よ扉よ床よ天井よ 今日もひとりっきりをありがとう (名古屋 古瀬葉月)  この作品は、ひとり暮らしの小さな部屋で何もしなかった一日という読み方もできるんだ…

村弘氏穂の日経下段 #57(2018.5.12)

たまごかけごはんみたいな陽だまりの道路に銀色のおばあさん (枚方 久保哲也)  枚方の久保氏の欄に久方と書きそうだったほどに久しい。イギリスの絵本作家のような描…

村弘氏穂の日経下段 #56(2018.5.5)

営業で手にした名刺を怪人とライダーに分けホルダーに挿す (東京 織部 壮)  名刺を手にする機会っていうとほぼ初対面時だから、そうそう長い商談時間は設けられないだ…

村弘氏穂の日経下段 #55(2018.4.28)

時間とはをんなのこゑにふりつもり光を消してゆくものと知る (東京 本多真弓)  ここには書かれていない『をとこ』を登場させて、まだ明るい寝室の長い枕に一首を置い…