見出し画像

23歳売れないアーティストが、突然アートギャラリーのキュレーターになる話。

初めまして、nagohoです。高校卒業後、写真 / 俳優 / デザイン / ステーキやさんのバイトなどを経て、今年から音楽をメインにアーティスト活動をしています。


というのが、2020年1月から3月までの肩書…


気づけば今は、表参道にあるNOSE art garage(以下NOSE)というアートギャラリーのキュレーターとして、プロデュースマネージメントをしながら、自身もアーティスト活動をしてます🎨✨


文書なんて滅多に書かない私が、思わずnoteを開いてる程度には緊急事態なようです🚨



キュレーション初心者の私が、今後どんな風に成長するのか、しないのか。成長日記×成果記録みたいな感じで、皆様のアドバイスもいただきながら、毎週、裸の心で書き留めてゆきます✒️


今回は
●👓突然キュレーターになった話👔
●💸How to make money??!! お金ってどうしたら集まるのー?!💸
●🔥NOSEの創りたい未来🔥

について書いてみます!!!!



👓突然キュレーターになった話👔

さて、なぜ私が、突然NOSEのキュレーターになってしまったのかという話。


そもそも"NOSE art garage"を知らない人の方が多いと思うので簡単に説明すると、


「場所は表参道のど真ん中(大きな交差点)に存在する、まさに東京の、日本の中心(物理的に)に位置するアートギャラリーです✨✨」


ブースの中で演奏してる姿を、ガラス越しにヘッドホンで鑑賞するという、なんとも馬鹿みたいに興奮するギャラリーなの🎧✨🎧✨


画像1

「NOSE art garage -昼の顔-」


田舎育ちの私は、そんな枕詞を見るだけでもそわそわしてしまうのですが、
実際のNOSEはとんでもなくアットホームで、全ての人をダメにしてしまう居心地の良すぎる空間☕️ たくさんのアーティストが毎日やってきては、自由な時間を過ごしています。


ちょうど一年前に開催した私の個展に、NOSEのオーナーであるモリマツPが訪れたことがきっかけで、私はこのアートギャラリーに入り浸るようになりました。(モリマツPは私のプロデューサー✨)



今年から正式に、NOSEに所属するアーティストとして、モリマツPのプロデュースの元、音楽活動に勤しむ予定でしたが...




P「表参道のNOSEはnagoちゃんに任せる〜。全部nagoちゃんの好きに決めて〜✨」

ワシ「・・・・・・・・・・・・・・。ヒョエ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!」




との、Pの鶴の一声で、突然キュレーターになることが決定しました。
(そんなことある?!)(ありましたの。)



実はNOSE art garageは、この7月に富山県・福光というところに新店舗ができました。Pはそちらを軌道に乗せると同時に、次なるNOSE立ち上げのために動いている...。そんな中で東京を回す人、に、私が抜擢されただけの話。



何より、「お金のことを考えながら、売れるアーティストとして成長してほしい」との、Pの強い願いを第一に受け止めました。
(作品に対し、対価をもらえるアーティストに...🔥)
(ここに関して、Pの熱い想いについても、後日note書きます✒️)



「頑張っちゃうぞ〜〜」とか思って浮かれてるのも束の間、
コロナショックに大直面しました。

画像2

「Pと風呂上りの私」



💸How to make money??!! お金ってどうしたら集まるのー?!💸

大前提、経営(商売)というのは人に商品を買ってもらって初めて成り立ちます。NOSEにとっての商品は紛れもなく、このスペース☑︎


NOSEはもともと、スペース代やチケット代をアーティストに担保してもらって経営してました。私も個展や公演を打つときは莫大とも言える金額をハコにお渡しして創作してたから、当たり前といえば当たり前。でも、私もそんな莫大な金額を捻出するのにかなり苦労して、寝ず食わずに働きながら個展や公演をしてきました。


だから、


「ねぇねぇ、うちのギャラリー使わない?今なら特別十○万で貸すよ。」


みたいなこと、私には絶対できない。口が裂けても言えないのよ….!!
そんな大金でアーティストに営業かけることがどうしようもなく向いてない。。。🤦‍♀️



かといって、何の営業もせず使ってくれる素敵なアーティストを待ち続けても、NOSEのドアは一向に開かない。



ヒェエイ、ドウスレバイイノヨッ???!!!
と、恥を忍んで友達に相談。(みんな叱咤激励叱咤叱咤、いつもほんとにありがとう。)



「どうしたらNOSEに来たくなる...?」
「何があればNOSEに魅力感じる...??」




結果、
商売=「需要と供給で成り立つ」という方程式を教わりました。
(習ったことあるやつ〜〜うっ)


そしてもう一つ大事なこと。



魅力を感じるには、
「外野に合わせに行くのではなく、ここだけの芯(オリジナル)がある」
ということ。


“人が求めているものを作る”
“オリジナルでいる”
それだけのこと。




簡単だぁ...。




ここで重要なのは、
“オリジナル”は「避けても避けても絶対に存在しているもの」だと思うの。無理に作り出すでも、流行りに合わせるでもなく。


流行りだろうがなんだろうが、欲しいものは欲しいし、いらないものはいらない。すでに持っている武器を最大限磨いて、求めている人に届けられるかどうか。



そうすれば、無理な営業も必要はなく、人もお金も自然と集まってくるのではないか...。



つまり、私が今するべきは、
①NOSE、私の魅力(知る。愛する。磨く。)
②誰が求めているのか
③アーティストに負担をかけずに、お金を得る方法
の3つを"具体的に考える"というコトです!!!!!






①NOSE、私の魅力

"アットホームである"これに尽きるかな。用事もないのに、謎に何時間も居座ってしまう。

"居心地の良さ"は、ハコとしての魅力であり、そこに生息する主(自分)の魅力である(ココは自信を持ってもいいよね?)と思う。純粋に、みんなが気持ちよくなれる場所でありたいから、まずはそこを徹底的に磨いていこうと思うよ。

"居心地がいい" "気持ちいい"に、特に理由は要らないけど、そういう状況ってとても健康的だと思うの。自分を開放し、本能に素直な瞬間。
そういう健康的な日常のためにアートは必要だし、そうした環境下で生まれるアートはすごく大切だと思ってる。

そういう意味でも、みんなの”気持ちいい”はこれからもたくさん知りたいし、自分の気持ちいいももっと知りたい。一緒に探そ〜✨



②誰が求めているのか

そうしてできたアートを、誰にどうやって届けるのか。

まず方法について。正直に、答えは明確に出せてない。リーチするには、人の目に振れるところにおかなきゃいけない、と言うことまでは、理解。今はひとまず、"毎日の発信""積極的に人に会う"を意識してる。まずはNOSEと自分の存在を知ってもらうところからスタート。


リーチさせる方法は色々あれど、どうも私はここが苦手みたい。もし得意な方いたら、お力添えいただけませんか。。助っ人求ム。



そして届けたい人。これは矛盾するようだけど、自分自身なのかな。前述とも通ずるところがあるけど、自分が求めていないものを作ったところで、他人からも求められないと思うの。


でもよくよく考えてみると、自分を大切にするって簡単なようで意外と難しかったりする。ワガママになるとかそういうことじゃなくて、自分の拘りを貫くという事。


すぐに結果が出ないと、途中で自信失って辞めちゃうことある。
ダイエットとか。〇〇日チャレンジとか。典型。


だから、まずは誰に何を言われても、自分の拘りを形にし続けるところからやってみようと思う。自分が求める場所、創作を、失敗しながらも全力で遊びながら続けていく。





③アーティストに負担をかけず、どんな方法でお金を得る?

キュレーション初心者の私なりに今思いつくのは、アーティストのみんなとお金になる創作をし続ける、かな。

“レベニューシェア(成果報酬型)”というらしい。

一緒に"売れる"面白いもの作って、人に買ってもらって、それで得た収益をみんなでシェアハピしたい。馬鹿みたいだけど、本気。信頼と根気。


正直、売れないアーティスト(私もそうです。)って、
「創作」と「お金」の考え方を間違えがち。


「いいもの作るにはお金をかけなきゃ」「時間かけたから買ってくれるでしょ」「いつか見つけてくれるでしょ」みたいな。


自分の作りたいものだけが先行してて、「それ、売れるの?」って質問に「いつか」とかしか答えられない。私も今でもそう思っちゃう時ある。(もちろんそれで売れる人もほんの一握りいるとは思う)



けど、本来そこには明確なロジックがあって、売れるか売れないかに、いつかなんてものはない。
人が求めているもの(必要とされているもの)は、必ず売れる。
アートの定義は色々あれど、常に人が必要としているアートを創り、発信し続けることだと思う。


だからこそ、アーティストとして生きにくいこの世界で、アーティストとしてちゃんとお金をもらって生きていく術を、自分たちで考えて、実践して楽しく生きていく場所を目指したい。



実際、最初はわたしがひとりで出演制作していた、NOSEのYoutubeコンテンツも、6月からたくさんのアーティストに参加してもらい、投げ銭など、コンテンツを楽しみにしてくださる皆様のおかげで、少しずつだけど成果も出てきました。Youtubeの収益化も、もう少しで目標達成できそう。
いつも応援してくれる皆さんには、心から感謝です。
(チャンネル登録まだの方、今すぐCheck it outっ🔥)


もちろん、すぐに全てのシステムをレベーニューシェアにするにはリスクがあるけれど、Youtubeに限らず、ライブでも展示でも、実験的に一緒に挑戦してくれる仲間と共に、少しずつ実践・成長していきます🔥🔥



🔥NOSEの創りたい未来🔥

ここまで書いてきた事が、今考えられる全てです。

●気持ちいい場所作り
●そこから生まれる健康的なアートの発信
●それをお金にして楽しく生きる


若造が何を生意気に、って思われるかも知れないけど、足りていない知識や教養、経験はこれから蓄え続けるしかないので、そこは本当に死ぬ気で頑張ります。宣言😤🚨

そしてこのnoteを書きながら、"アートと社会の繋がり"についてもっと学ぼうと思いました。私たちの"日常"に必要だから存在しているアートを、当たり前のこととしてみんなと楽しんで生きていきたい。


正直、こんな若造が表参道のアートギャラリーを任される事、めちゃくちゃ不安です。でも同時にすごく楽しみ。これまで自分が一人じゃできなかったことを、NOSEという居場所を通して一歩ずつ達成していきます。お仲間も随時募集中。

今の私にできない事は山ほどありますが、毎日ちょっとずつでも進んで必ず更新して行きます。





もう全人類、無駄なしがらみとか固定観念から開放されて、自分を愛して素敵に生きて欲しい。解き放たれよう〜ぜっ。まじで。



そんな感じで、今日の日記はここまで。
初回なので少し長くなってしまったけど、全部読んでくださりありがとうございます。

あとは、ここで書いたことをどう実践するのか。みなさま鋭い眼光で見守っていただけたら嬉しいです。そして私が怠けていたら、優しい野次を飛ばしてください🏹 応援コメントでもなんでもどしどし。

そして一緒に何かやりたい、って思ってくださる方もぜひ連絡ください。
共に考えましょう💪🔥

画像3

「余談ですが4月から毎日Youtubeでラジオやってます。これはFaceapp使ったら菅田将暉さんにそっくりで驚いている私です。」



最後に

今、NOSE art garageはクラウドファンディングに挑戦しています。コロナ禍およそ4ヶ月の一切の休業を経て、新たなスタートのためです。

アーティストやそれを支えるスタッフの仕事の場を絶やさないために、アート・エンタメ業界存続のつなぎ役として少しでも力になりたいとの思いでやらせていただいています。


残り10時間。みんなが大変な状況ではありますが、少しでもお力添えいただけたら嬉しいです。シェア拡散だけでも、大変なエネルギーになります。どうぞよろしくお願いします。

【クラウドファンディングはこちら】


最後まで読んでくださりありがとうございます!!!!!


huge love love hug💕 nagoho
2020/07/31

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただけたら、ちょっといい晩ご飯を食べれそうです!

ありがとうっ!よければフォローもお願いします。
192
🏠NOSE art garage OMOTESANDO Artist, Art director

こちらでもピックアップされています

note編集部お気に入りマガジン
note編集部お気に入りマガジン
  • 17303本

様々なジャンルでnote編集部がおすすめしている記事をまとめていきます。

コメント (3)
若者よ大志を抱けかな。
若さだけでもできることがあったような気がします。
多少ピントがずれていてもそんなことは後で修正するだけです。
初めまして!この状況下で大変だと思いますが頑張ってください!
私、イラスト描いたりしてるのでもしお力になれそうなことあればご協力させていただきます!!
まさに、音楽/聴覚伝達を使って味覚、嗅覚を体感する音楽を作っています。音像を体の内側に向ける音像概念を作り、「ヘッドフォンで聴くと体の内側にある感覚」を作る音楽です。

やりたい

今その音楽で、日本酒、日本茶を音楽化して酒造やメーカー、周辺にモバイル広告用のプレゼンの日々。そこからECアプリの制作、日本酒、日本文化のアイデンティティの創出も視野にあります。
あとは脳波やホルモンの関係と音、味覚変化と音などを音楽的にしてシーンと結びつけています。
元々バンドマンだったけど日本ではダメで、海外行って場所変えたら1万人くらいのフェスならすぐ出れました。

今のタイミングだからこそ、トライしてる人らと情報共有がしたいと思っていました。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。