見出し画像

栽培技術の価値をどう見積もるか

この記事はオンラインサークル内に投稿された記事をマガジン用に転載したものとなります。オンラインサークル内ではマガジンに転載されない記事も多数ありますので、ご興味をお持ちいただける方はサークルへのご加入もご検討ください。

ドイツでは気温が上がってきており、ブドウの根も完全に動き出しています。
本来であればこの時期にはすでに剪定を終え、畑の曲がったり折れたりした柱や切れたワイヤーの修繕をしたうえで残した枝の誘引をしなければならないのですが、私の所属しているワイナリーではまだ一部の畑で剪定が終わっておらず枝を切る作業を続けています。

この続きをみるには

この続き: 2,950文字

栽培技術の価値をどう見積もるか

Nagi@ドイツでワイン醸造家

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Nagi@ドイツでワイン醸造家

ありがとうございます。皆様からの暖かい応援に支えられています。いただいたサポートは、醸造関係の参考書籍代に充てさせていただきます。

日々のことはTwitterで呟いてますのでそちらもよろしくお願いします
1
ワイン用ブドウ栽培とワイン醸造の専門家。 ガイゼンハイム大卒/ドイツで800年続くワイナリーの中心メンバー。元ワイン無関係の会社員で決断力のある方向音痴。醸造用葡萄の栽培醸造エンジニアの視点から、ワインにまつわるブログ(https://nagiswine.com)も書いてます。