ヨーロッパ・北欧旅の記憶

28
記事

【バルセロナ】3度好きになったら本物だ。迷宮のスペインへ日帰り旅行する、"夢の"ロンドン暮らしの日常。

3度好きになったら本物だ。異国の地を訪れて「街を好きになる」ときに起こる感情を、こう名付けることにした。

1度目は何もかも新鮮で楽しい、2度目は現実的な部分が見えてくる。

3度目に訪れる気持ちになれた場所こそ、”好き”なんじゃないか?

私は今日も音楽をするために街に出るーー。

さまざまな国で演奏するのは、ずっと小さい頃から決めていた夢でした。

出足は遅くなちゃったけれど、本当に本当に小さ

もっとみる
わたしもスキです♡
23

【サンティアゴ巡礼の旅】 f5.6ロンドン 音楽は傍に、駆け出す準備は愛の中で。4/4

旅の先輩の背中を追いかけて、超弩級パニック障害をトレーニングで乗り越えスペイン横断に飛び込んだのに、スペイン語の会話が重要になってくる旅に馴染めずアウトサイダー。

でも英語ができるイケてる自分を夢見て、バックパックを背負ったままロンドン留学に臨んだ。なのに手違いで宿ごと取り下げに!

留学を断念し、ロンドンで演奏しながら居候で宿を得ることに。

旅に出る理由なんて「燃料」だからなんでもいい。

もっとみる
ありがとうございます!
14

【サンティアゴ巡礼の旅】英語が話せなかった私がロンドンに行って、やっぱり話せなかった顛末。3/4

ラスト30kmを歩く。

サンティアゴ巡礼に出発してから7日目。

するべきことは歩くこと、そしてスペイン語で会話を交わしながら一日の疲れを取ること。それを繰り返します。

「北の道」はイベリア半島の北部を海を臨みながら歩くルートで、巡礼路の前半はアップダウンが多く、意外に厳しい巡礼路です。

前回までの記事👉【サンティアゴ巡礼の旅】すべて歩くと800キロ!飛行機に乗れなかった女子大生が、スペイ

もっとみる
わたしもスキです♡
30

【サンティアゴ巡礼の旅】巡礼者が出会い、つながってゆく。合言葉は“ブエン・カミーノ”。2/4

スペインの「ある場所」の写真を見た時から、いつかここへ行くんだろうと導かれていた場所がある。

サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路。

フランス国境の町からピレネー山脈を越え、スペイン北部のサンティアゴに向かう巡礼の道。要するに徒歩によるスペイン横断である。

すべて歩くと800キロメートルの距離で、日数は一日平均30キロ歩いても約一ヶ月かかる。

想像も付かない。本当に自分にできるのか?

もっとみる
ありがとうございます!
54

【サンティアゴ巡礼の旅】すべて歩くと800キロ!飛行機に乗れなかった女子大生が、スペイン横断のスタート地点に今。1/4

スペインの「ある場所」の写真を見た時から、いつかここへ行くんだろうと導かれていた場所がある。

サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路。

フランス国境の町からピレネー山脈を越え、スペイン北部のサンティアゴに向かう巡礼の道。要するに徒歩によるスペイン横断である。
すべて歩くと800キロメートルの距離で、日数は一日平均30キロ歩いても約一ヶ月かかる。

想像も付かない。本当に自分にできるのか?

もっとみる
ありがとうございます!
26

【マンチェスター】イギリスの産業の街!行ってみたいな女一人旅 | 空港から市内まで、世界一美しい図書館。

イギリスのマンチェスターってどんなところ?

イングランド北部の中心都市マンチェスターといえば、まずサッカーを思い浮かべる方がほとんどではないでしょうか。

しかし、マンチェスターには忘れてはならないもうひとつの顔があります。それは、世界中に影響を及ぼした産業革命がここから始まったということ!

マンチェスターには、当時の繁栄を思わせる美しい建築の観光スポットが点在しています。

マンチェスター空

もっとみる
ありがとうございます!
22

スオメンリンナ島 - バルト海を見渡す水辺の要塞 -【フィンランドでハイキング観光】

ヘルシンキからフェリーに乗って15分。
フィンランドの定番観光スポットの中でも、ちょっとした小旅行を味わえる穴場があるのです!

軍事要塞の跡地が残る群島で、ラピュタのような、軍艦島のような、そんな印象。歴史的雰囲気、あふれる緑、碧い海、壮大な自然などなど。世界遺産にも指定されている4つの砦への探訪記です。



こんにちは、studio iota labelの前田紗希(@nagareru

もっとみる
わたしもスキです♡
23

【デンマーク】コペンハーゲン"空港から歩ける"水族館。「ブループラネット」という青い地球は、世界最先端のデザイン。

九州ほどしかない小さな国でありながら、世界のデザインをリードするデンマーク。近年人気を集める北欧デザインの中でも、数々の巨匠を輩出し続けるデザイン大国です。

デンマークの家具や日用品の大きな特徴は、シンプルな美しさと機能性、高いデザイン性と技術力を備えていること。

誰もが良質で快適な住まいを持つことを推奨し、真に豊かな暮らしを意識した工夫が、随所に見て取れます。

本日は、デンマーク・コペンハ

もっとみる
ありがとうございます!
20

ビザの本懐 | ヨーロッパでビザ申請が必要な国「ロシア」と「ベラルーシ」の取得方法。電子ビザ導入の「極東ロシア」ついて。

ビザ!ビザ!!ビザが必要なの!!!

ロシアを訪問する際には手続きが面倒なロシアビザ(大使館にパスポート等の提出)の申請が事前に必要で、ビザの問題にはかなり悩まされます。

自力で取得すれば安いけれど、

何しろ平日午前にロシア大使館に「申請と受け取りの2度」行かなくちゃならないし。

いつ行けるかな?って、結構アタマがいっぱいになるんですよね。

極東ロシア地域に、無料電子ビザ サービスがスター

もっとみる
わたしもスキです♡
17

絶景のピーク・ディストリクト国立公園でハイキングを。絶対に行きたい!【イギリス】の超穴場。

イギリス観光地の定番といえば、ピーターラビットでお馴染みの湖水地方だと思いますが、日本のガイドブックにあまり載っていない超穴場があるのです!

そこは、豊かな大自然、可愛らしい村々、歴史ある建築物などなど、湖水地方に勝るとも劣らない絶景が広がっています。

マンチェスターから電車で1時間ほどの場所に位置する、

「ピーク・ディストリクト国立公園 (Peak District National Pa

もっとみる
ありがとうございます!
35