見出し画像

ネットでは売れないものを売るから”ライブ”なんだと思う

「配信でライブをしようか」という話は出るものの、実行に移せないでいます。
うちの家庭での話です。
世間の流れを受けたのか、日頃の行いのせいなのか、4月はライブが1本もありません。
私も、旦那も、です。
特にそれで生計を立てている夫婦ではないので、ライブがなかったところで問題はないのですが、やはりモチベーション的なものは少し下がってしまうかもしれないと感じています。
スタジオに入って撮りためた動画をYouTubeにアップしたり、そういう細々としたことはやっているのですが、配信ライブについてはちょっと重い腰が上がりそうにないです。

もちろん、今後、私の中で色々と考えた上で、「やっぱりやってみよう」という結論が出るかもしれません。
でも、今のところは難しいかな、と思っています。

すごく個人的な考え方の問題なのですが、「配信ライブ」ではなく単なる「配信」であればやりたいと思っています。
ただ「ライブ」と名のつくものは、やっぱり現場にお客さんがいてこそなんじゃないか、と思ってしまうわけです、面倒な性格でごめんなさい。

既に少し書いていることではありますが、私が演奏してチケット代をいただいて来てもらう形式のライブの場合、「何を売っているのかな?」といつも考えています。
もちろん歌を聴きに来てくれているので、歌も売り物です。
でも、歌だけではなく、曲間に話すことであったり、演奏が終わった後に話すちょっとした時間だったり、そういうのも含まれていると思います。
それと、これも大事なのですが、お店の雰囲気ももちろん入っていると思います。
その店自体の持つ雰囲気もそうですし、その日の出演者が作る空気感も大切です。
だから「自分の歌が歌えればどこでもいい」というわけではなく、私の好きなお店で、好きな空気感を作れる演者の方と一緒にやりたい、と思うのです。

そして、この空気感を作る上で、お客さんの存在というのは、実はとても大切です。
人数の多い少ないもそうですが、どういう方が来てくれるか、で、演者の心持ちも少なからず変わって来ます。
「プロなら誰が来ても最高のパフォーマンスをしろ!」
とお叱りを受けそうですが、演者も人間ですのでやっぱり変わるんです。
(ミスをするかとかそういう話ではなくて)
自分のことを温かく応援してくれる方がたくさん集まったライブだと、自然といい演奏ができるものです。

では、「配信ライブ」をするとして、通常のライブと同じものを提供できるかな?と考えました。
歌はちゃんとお届けできるとして、そのほかについてはどうでしょうか?
曲間に話すMCも、私はお客さんとのやりとりだと思っています。
(客席が暗くてもリアクションは見えます)
画面の向こうで見ている方のリアクションは見えにくいので、通常に比べると少しやりにくく感じると思います。
話す内容も変わってくるかもしれません。
演奏後に個人的に話しをするというのも、画面上では難しい気がします。
コメントを拾って返すことくらいはできるかもしれません。
あとはライブ会場の雰囲気や空気感ですが、これはもう妄想してもらう以外にないと思っています。

と、考えると、通常ライブと配信ライブで提供できることに差が出てしまうのは否めないなと感じています。
なので、その差分について補えるだけの付加価値を配信でつけられるのであれば、配信ライブもアリになるかもしれません。
具体的に思いつかないんですけどね。

これは演者として、というよりも、自分自身がお客としてライブに求めるものを考えた結果です。
歌が聴きたいだけならCDを聴くので、わざわざお金を払って足を運ぶ以上”双方向性”と”共有”を求めているんだな、と思ったんです。
これはバーなどの小さなライブでも、ドームとかの大きなライブでも同じです。
「目があった!」なんてたまに思ったりするけど、そうでなくても「同じ空気吸ってる!」っていうのが大事なんですよね、ライブは。

今の世の中の流れで、通常のライブができない中、配信ライブをしている人もたくさんいると思います。
無料だったら、多くの場合アーティストやライブハウスが身銭を切っているので、グッズなどを買って課金してほしいなと思います。
有料でやっている人も、きっと「配信だからできること」を試行錯誤しているはずです。自分にそのアーティストへの応援の気持ちがあれば、双方向性や共有が難しい状況でも、お金を払って見たいと思います。
どっちにしても、目の前にお客さんがいない状況でパフォーマンスするのは大変だと思います。
それでもやってくれて、ありがとうっていう気持ちでいます。
(みんな普通にライブがしたいよね、本当は)

個人的には、配信は無料だけど投げ銭の手段がある、っていうくらいが、一番お金を出しやすいかな、なんて思っています。

そういう意味ではSHOWROOMとか、システムが上手くできてますよね。

この前、旦那に「スタジオ借りて無観客ライブしようぜ!」と言われました。
「それって何で配信するの?ツイキャス?SHOWROOM?YouTube?」と聞いたら
「え、配信するの?」と返されました。
いや、それただのスタジオ練だから!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

嬉しいです!
10
歌を作って歌っています。美味しいものが好き。頭に浮かぶとりとめのないことを綴っています。主婦/元ポンコツ薬剤師/旦那と音楽とメンタルと日々の反省について。ほぼ毎日更新です。

この記事が入っているマガジン

歌と、音楽と。
歌と、音楽と。
  • 9本

作り手として、歌い手として。音楽との関わり方と自分の中にあるものなどをまとめています。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。