見出し画像

お互いに納得して入社してもらうために。本気の体験入社プログラムを始めます

わたしの働いているフィードフォースで、体験入社プログラムを始めます!

面接でどんなに言葉を尽くしても、ミスマッチはゼロにできない

企業「面接だけでは、ほんとうに自社にマッチする候補者か分からない」
候補者「面接だけでは、ほんとうに自分にマッチする会社か分からない」

採用する企業・転職活動をする候補者ともに、このような悩みはつきものだと思います。いくら面接を重ねても、実際に働いてみないと分からないことはたくさんありますよね。入社後に「こんなはずじゃなかった!」とミスマッチが生じてしまってはお互いに不幸になります。

そんな不幸なミスマッチを少しでも減らすために、選考プロセスの中に体験入社してもらうプログラムをつくりました!

実際に入社したつもりで、年間活動計画を立ててもらう

体験入社というと、ミーティングの見学やランチなどを想像すると思いますが、それだけではどうしても「お客さま感」が出てしまい、普段の仕事の様子がお互いに分かりません。
フィードフォースの体験入社プログラムでは、実際に入社したときのシチュエーションに限りなく近づけるべく、下記のプログラムを予定しています。

【本気の体験入社プログラム】
(受け入れ企業側)
・候補者が実際に入社したと想定して、募集ポジションに期待すること・チームの状況や目標などを説明する
(候補者側)
・そのポジションで働くことを想定した1年間の活動計画を策定する
・策定した活動計画を受け入れチームに発表する
(双方)
・計画発表後、発表内容についてお互いフィードバックする
・コミュニケーションは Slack や Zoom を利用して随時行う
・ミーティング参加やランチ交流会もあるよ
※すべてリモート実施を想定。想定所要時間は数時間。

このように、候補者が入社したら実際に行うことをギュっと濃縮して体験していただきます。体験入社プログラム中は候補者をチームの一員と同じように Slack や Zoom でコミュニケーションしますし、候補者も実際に入社したつもりでプログラムに取り組んでいただきたいと考えています。

候補者にとって負担が大きい…けれどそれ以上の価値があるはず

こういった体験入社を選考過程に盛り込むのは、相応のリスクがあると感じています。
もっとも大きいのは候補者の負担。1つの選考に数時間もかけるというのは、転職活動をする方にとって大きな負担です。体験入社という選考プロセスがあることで選考辞退されてしまうこともじゅうぶんありえるでしょう…。

けれど、それでもこの体験入社プログラムを選考に取り入れるのは、候補者にとって負担以上のメリットがあると信じているからです。

【体験入社プログラムに参加する候補者のメリット】
・入社後にどんな役割、働きを期待されているかが明確になる
・普段の仕事の進め方やコミュニケーションの取り方のイメージが持てる
・活動計画のフィードバックを受けることで、そのポジションで仕事をする理解が深まる
・上記の結果としてミスマッチのない会社選択ができる
・仮に入社に至らなくても、業務を疑似体験してフィードバックを受けることは今後の仕事やキャリアに活きる
・もし縁あって入社したら、活動計画のたたき台がある状態から仕事を開始できる

これらのメリットは非常に重要で、かつ従来の面接だけの選考では実現できないと考え、候補者の負担が増えることになっても体験入社をお願いすることに決めました。

なお、候補者の負担を少しでも軽減できるように、「フルリモートで参加可能」「時間をかけるペースは候補者に合わせる(1日で数時間かけても、数日かけてちょっとずつでもOK」「些少ながら謝礼金を支払う」などの配慮をしています。

体験入社プログラムのお試しをしてくれる方募集!

………と、いうことをこれからやっていきたいと思っています!
ですが、このプログラムはまだ一度も実施したことがなく、実際にやってみるとどんな感じになるのか?選考プロセスとして成立するのか?体験入社してくれた方に満足いただけるのか?などが分からない状況です。

そこで!この体験入社プログラムのお試しをしていただける方を募集します!
お試しなので、プログラム後に実際入社いただくわけではありません。

【募集職種・募集背景】
・採用メインの人事。中途採用のプロジェクトリーダーを担ってもらう予定(という設定での体験入社)
【応募条件】
・2020年10月下旬~11月下旬の平日で合計8時間+αの時間をとれる方。日にちはできるだけ柔軟に調整します。
・採用人事に興味があり、「年間活動計画策定」に本気で取り組んでくださる方。
・人事の経験は問わず、社会人経験が2年以上ある方を想定。
【謝礼】
・プログラム終了後、些少ながら謝礼金をお支払いします。
【参加いただくメリット】
・ふつうは滅多に体験できない、「他社の人事」を疑似体験できる。
・年間活動計画を策定し、フィードバックを得るという実践的かつ濃いケーススタディを受けられる。

興味のある方は、ぜひ下記フォームからご応募ください!ご応募いただいた方には20分ほどお時間をいただき、プログラム詳細とその後のフローをご説明します。

2020/10/5追記:想定以上の応募をいただいたので、いったん応募受付をストップしますm(__)m

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポートしていただけるとわたしの次のお昼ご飯に温泉玉子をトッピングすることができます!

わたしもスキです!
43
フィードフォース人事部の中のひとです。 漫画とゲームと人事制度と大学のキャンパスが好きです。お気に入りのキャンパスは北海道大学。 note では人事・組織・漫画のことを中心に書きます。

こちらでもピックアップされています

なべはるが書いた note
なべはるが書いた note
  • 57本

なべはるが書いた note をまとめたマガジンです。 会社公式 note アカウントで書いたものを含みます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。