見出し画像

夢に見ること|Letter from Forest 03

 親愛なるきみへ。

 こんにちは。
 最近、森では暖かい日が増えてきました。
 冬のあいだ眠っていた動物たちも久しぶりに姿を見せて、訪れる鳥も増え、庭は賑やかです。
 嬉しくて、眠っているのがもったいないくらい。
 だから、最近のぼくはいつもより早起きです。

 きみはどうですか?
 朝、ゆっくり過ごしていますか。
 それとも、できるかぎり眠っていたい?

 このあいだ森に来たのは、眠るのが好きな女の子でした。

 その子は、森の木陰で眠っていた。
 おおきなリュックサックを枕にして、あまりにも気持ちよさそうで、このまま寝かせてあげたほうがいいのかなって迷った。
 だけど、もうすぐ天気が崩れそうだから、声をかけたんだ。それがぼくたちの出会い。

「わたしはフローレンス。フロウでいい」

 フロウの髪は、寝癖でぐるぐる。
 好きなお茶はカモミール。
 リュックの中身は、おおきな枕。
 彼女はときどき森に来て、庭や屋敷のあちこちで眠って過ごす。
 お気に入りは日当たりのいいサンルーム。
 陽が落ちると、すぐに分かるから。
 夜になれば家に帰っていくけれど、すごく名残惜しそうにする。休日、たまに泊っていく日もあるよ。それで、滞在するほとんどの時間は眠って過ごす。

 普段眠れないのかと聞いたけど、そうでもないらしいんだ。でも、ここでなら、眠りたいだけ眠れるから。
 目覚まし時計も、電話も、訪問営業もない。
 お母さんの小言も、兄弟のはしゃぐ声もない。
 夢の結末を見届けるまで目を覚ます必要はない。

「現実がイヤってわけじゃないんだけどさー。
 いい夢を見るの、いつも。
 目を覚ましたくない……。
 このまま埋葬してほしいくらい。そしたら私は、ずっと夢のなかで暮らせるのかも……」

「そんなことできないよ。
 でも、眠ってるフロウはいつも楽しそう。
 ぼくもフロウの見る夢を見てみたいな」

 そう言うと、フロウは嬉しそうに笑った。
 ちょっと得意なかんじ。フロウは、自分が見る夢のことをとても気に入っているみたい。
 フロウがくると、ぼくもたまに一緒にお昼寝をする。フロウの見る夢に遊びにいけたらいいのになって思うけど、成功したことはないと思う。
 木陰の下で。芝生の上で。
 日当たりのいいサンルームで。木の匂いのする鳥篭の部屋で。暖かい暖炉の前で。カーテン越しの日差しを受けて。
 床で。ソファで。もちろん、ベッドでも。
 いろんな場所で、夢を見た。
 はっきり覚えていることは少ないけど、なんだか楽しい夢ばかり。

「ここにいると、すごく……夢がはっきりする。
 街や家で眠るときとは違う。
 小さい頃は、もっとこんなふうに嬉しい夢をいっぱい見ていたと思う。ほかになにも考えることはなくて……夢中でいられたんだと思うな……とても懐かしい」

「どんな夢をみるの?」

「それはね――」

 フロウは内緒話を囁くみたいに、ぼくに教えてくれた。

「空を飛ぶ夢」

 ***

 ……もう眠くなっちゃった。
 早起きしたからかな?
 この手紙はここまでにするね。

 フロウの分けてくれたカモミールはとても優しい味がして、よく眠れるんだ。
 最近のぼくのお気に入り。
 きみもよく眠れますように。
 夢を見るとしたら、楽しい夢でありますように。
 その話をいつか聞けたらいいな。

 それじゃあ、また手紙を書くよ。

ルクレイ

----------

▼Twitter版▼


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
1
文芸サークル「Little Curly」 詠野万知子 イラスト:ムニャ(Innocent Forest) デザイン:古磯修平(Letter from Forest)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。