Muro Box Japan

世界初アプリ連動スマートオルゴールMuro Box日本公式noteです。 ここではMuro Boxの開発ストーリや機能などを皆様にお届けいたします。 日本では今年7月発売。専用アプリ「Muro Box」は今からでもお楽しみいただけますので是非体験してみて下さい。

Muro Box Japan

世界初アプリ連動スマートオルゴールMuro Box日本公式noteです。 ここではMuro Boxの開発ストーリや機能などを皆様にお届けいたします。 日本では今年7月発売。専用アプリ「Muro Box」は今からでもお楽しみいただけますので是非体験してみて下さい。

    最近の記事

    Muro Box 開発ストーリー(5)

    今回もMuro Boxのデザインに関する開発ストーリーです。何百年と続いてきたオルゴールの歴史に革命を起こそうと奮闘してきた開発者達。しかし、彼らが目指していたものはただ電子オルゴールを作るのではなく伝統を受け継ぎ、さらにそれを進化させることでした。それを実現するために必要なのがプログラミングされたCylinderをつくることでした。そして彼らは遂にそれを可能にしたのです。 お客様の声を聞くために Cylinderの件は落ち着いたものの、次の課題はMuro Boxの外見の

    スキ
    1
      • Muro Box 開発ストーリー(4)

        開発ストーリーも四回目の投稿になりました。筆者の私も彼らの挑戦には驚かされることばかりです。それと同時に、それを知ることで私自身もMuro Boxへの気持ちや愛情が深まっていくように思います。 第二話、第三話は機械設計全般に関するお話でした。今回は彼らの一番のこだわりポイントCylinderとCombのデザインについてのお話です。こちらも色々と試行錯誤したようです。 3年間で4回 Muro Boxは2017年から3年間で4回もデザインを変えています。ユーザーの声を聞きな

        スキ
        2
        • Muro Box 開発ストーリ―(3)

          さて、前回はMuro Boxの設計,デザイナーを担当したFeng氏が試作品の製作に取り掛かる際に起こった苦難についてのお話でした。今回はFeng氏がLiao氏からアドバイスを受け、Muro Boxの開発がさらに進んでいきます。 一歩ずつ着実に全く機械設計やデザインの経験がなかったFeng氏はLiao氏からアドバイスをもらいながらアイディアのプロトタイプ(模型、原型)の制作を進めていきます。まず初めに、一番要となる電磁石を作ることに成功しました。この電磁石はMuro Boxの

          スキ
          2
          • Muro Box 開発ストーリ―(2)

            前記事ではFeng夫妻がMuro Boxの開発に至るまでの経緯を書きました。(参照:https://note.com/muroboxjapan/n/nce4fbcf22f35) 今回はFeng氏によるデザイン設計の開発ストーリ―です。 ゼロからの始まりFeng氏はMuro Boxのデザインを設計するにあたり”電子オルゴール”とインターネットで検索してみました。すると沢山の電子オルゴールが出てきますが、多くの物は大きなスピーカーが付いたおもちゃの様なオルゴールが殆どだったと

            スキ
            3
            • Muro Box 開発ストーリ―(1)

              世界初のスマートオルゴールとうたうMuroBox。そのMuroBoxが完成するまでどのような道のりだったのか。本記事からMuro Box開発ストーリーの連載をしていきます。 アメリカ シリコンバレーでの経験Muro Box は開発者であるFeng夫妻の壮大な人生のストーリーから誕生しました。 Muro Boxを開発するずっと前、Feng氏はアメリカのシリコンバレーの大手企業で働き、妻と安定した暮らしを送っていました。Feng氏と一緒に働いていた上司は、Feng氏にスタ

              スキ
              5