見出し画像

第2回:鍋の会

12月=忘年会!
ということで勝手に「地域学部大忘年会」と称し、「第2回究極の宮崎グルメの会」を開催しました。
人肌恋しくなる冬…。
ということで、今回のテーマは体も心も温まる鍋に決定!
忘年会なんで、食材もこだわったよー!
\\\\\\デデデーーーーン!!!!////////

画像1

さぁ、恒例の食材紹介。
小戸鍋の素
ゲシュマックでゲットした「あじ豚」切り落とし
さんきょうみらい豚水餃子
ママンマルシェTAKANABEでゲットした野菜たち
その他、魚とか卵とかいろいろ。

特に注目してもらいたい食材は、小戸鍋の素。
あの原監督もお勧めしてくれている一品なのだ。
(2018/11/17付の宮崎日日新聞より)

画像2

ではでは、調理開始だーーー!!(なぜだろう。今回も男子多め…。)

画像3

みんなでワイワイ言いながら調理をするのも楽しいもんだねー!

画像4

具材をカットしたので、ぼちぼち鍋で煮込んでいきましょう。

画像5

ちなみに今回作った鍋は2種類。
一つ目は、小戸鍋の素を使った海鮮中心の鍋。熱々で美味しそうだー!

画像6

2つ目は、こちらを参考にして作った都農トマト鍋。
な、なんというか…めっちゃトマト!てかトマトしか見えん!!!

画像7

いざ、実食!!!!
さ、味はどうかな?!

画像8

彼の表情が、鍋の味の全てを物語っている。
つまり、めちゃくちゃ美味しい!!…小戸鍋の方はね。

画像9

トマト鍋はというと、、、なんだろう。
旨いけど今一つ味にしまりがない。物足りない。
そんな、我々のピンチを救ってくれたのはコイツだ!!
\\\\\\デデデーーーーン!!!!////////

画像10

宮崎の魔法のスパイスことMAXIMUM!!!!!!!
どんな料理にも適応してくれる万能野郎だ。
マキシマムの投入により、トマト鍋は激変!
ぼやけていた味が締まっていい感じになりました\(^O^)/

画像11

最後は、ご飯を入れて雑炊にして完食!!(食べることに夢中になりすぎて、雑炊の写真を撮り忘れた…)

画像12

今回も美味しくいただきました!
御馳走さまでした。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
4
宮崎大学地域資源創成学部の有志による宮崎の”食”をテーマとしたコミュニティです。月1回程度、集まって宮崎の厳選した食材を調理し、出来上がった料理を堪能する…ただそれだけです。 https://peraichi.com/landing_pages/view/mugf