オルカパブリッシング

オルカパブリッシングは現実と幻想のあわいを所在地とする出版社です。主な出版物は「哲学から鉄道まで、総合カルチャー誌『無駄』」そのフリーペーパー版の「MD」など。これからさらにラインナップは増える予定です。「MD」に関しては吉祥寺のブックスルーエで頒布したりしています。

今日のニュースです。

夕方のニュースの時間、テレビ画面の中、アナウンサーが微動だにしないでいる。そのままで長い時間が過ぎた。いつもなら次から次へとニュースを読み上げていくアナウンサー...

正夢

夢を見たのだが、覚えているのは夢を見たということだけで、それがどんな内容だったのかはちっとも覚えていない。悪い夢ではなかったような気がする。 夢はなんとなく引っ...

空の王国

ある日、人々は空を見上げて驚いた。男が空を登っているのだ。それは空を飛ぶのとは違う。そんなものなら、鳥や飛行機が簡単にやって見せるから、人々だって見慣れている。...

悪漢

「いいか、坊主?」と言ってぼくの顔を覗き込んだ親分の声と顔が、ぼくの人生の記憶の、一番最初、それ以前だって、ぼくは存在し、おそらく何かを喋ったり、辺りを駆け回っ...

入り口から

「簡単なことですよ。ドアノブを掴み、回してドアを向こうに押してやる。それだけ」ニヤケ面の胡散臭い男はそう言った。男は入口屋だと名乗った。入口を入れば、面白いもの...

オルカパブリッシングとは、そして「無駄」とは何か?という自己紹介。

はじめまして、兼藤伊太郎です。自分でもよくわからなくなっているので、読者の皆さんはもっとよくわからないと思うので、あれこれ定義したいと思います。 兼藤伊太郎とは...