新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

2020年6月、中古マンションは首都圏全エリア価格上昇!取引件数も回復!

こんにちは!中古マンション売却コンサルタントのツノダです。

本日は「2020年6月、中古マンションは首都圏全エリア価格上昇!取引件数も回復!」というテーマでわかりやすく解説いたします。

※動画もぜひご覧になってください。


尚、今回のデータは①平成元年築以降②50平米以上となります。

ただし、東京23区はデータが多すぎたため、50平米~70平米となっています。あと本来は神奈川県全域で調べたかったのですが、容量の関係で横浜市だけとなっています。

【1.成約件数は回復、埼玉県は増加】


成約件数は東京23区が前年同月比81%と回復途中ですが、

横浜市が95%、千葉県が89%とほぼ回復、埼玉県はなんと2%ではありますが前年同月比で増加となっています。

先日もお伝えしましたが、今年の6月は土日4週に対して、昨年6月は土日5週だったので、これは完全に回復しているといっていいでしょう。

5月まで自粛していた方が一気に動き出したということになります。

これは完全に推測なのですが、1人10万円の定額給付金もけっこう大きいのではないかと思います。

たかが10万円と思うかもしれませんが、家族4人で40万円です。

物件価格100%ローンを組むとすると、諸費用だけで購入できます。諸費用が150万円として、それでも届かないのですが、臨時に40万円入ったことによって、なんとか購入できたという方も多いかもしれません。


成約件数

【2.成約価格は全エリア上昇!】

成約価格は前年同月比で全エリア上昇となります。

23区で3.5%上昇、横浜市で3.8%上昇、千葉県で11.1%上昇、埼玉県で5.9%上昇となります。

千葉県の11%増はデータの偏りかもしれませんが、全体的に3%以上価格が上昇しています。

今年の4月、5月は微妙に価格が下がっていたのですが、株価・マンション価格・マンション取引数だけで考えると、コロナショックの影響は全くないといえます。

※コロナショックの影響がないというのはあくまでも数字だけで、個別の飲食店・ホテルだと影響が大きいです。感染拡大しないようみんなで気をつけましょう!

価格が上昇したのは、中古マンションがどうというよりも、株価が回復した影響も大きいと思います。

株価が下がるとマンション価格も連動しますし、株価が下がっていて含み損をかかえていると、マンションを買おうという気持ちにならないかもしれません。

成約価格

【3.成約平米単価も全エリア上昇!】

成約平米単価も前年同月比で全エリア上昇しています。

23区が3.6%上昇、横浜市4.0%上昇、千葉県7.9%上昇、埼玉県4.7%上昇となります。

価格同様に上がっているという感じになります。

尚、成約している平米数をみると、23区は変わらないのですが、横浜市・千葉県・埼玉県は1平米~2平米くらい増えていますので、もしかするとテレワークでゆとりを求めている影響がでてきたのかもしれません。

成約平米単価

【4.今後はどうなっていくのか?】

最後に先日こんなご質問をいただきました。

「今後の価格動向はどうなりますか?」

これは皆さん、気になるところかと思います。

2012年に第二次安倍政権誕生以降、オリンピック開催決定などもあり(今となってはどうなるかわかりませんが・・・)マンション価格は上がり続けて過熱気味になっています。

コロナショックで1~2割下落するかと思ったら、6月は取引数も急回復して、売出物件も少なく、むしろさらに上昇しそうな勢いです。

今後は金融緩和で株価も上昇していますし、新築マンションの供給もすくなく、金利も上がらなそうだし、居住用に関しては下がる要素がないというのが現状です。

株価が上昇していれば株を売ったり換金しやすく、新築マンションの供給が少なければ需給の関係で価格上昇があり、金利が低ければ毎月の負担は少ないということです。

ただ、コロナウイルスの第二波とか医療崩壊とか先のことはわかりませんので、投資は自己責任で行いましょう。またあくまでも個人の見解となりますので、ご理解ください。

ただ投資用の一棟マンションとか一棟アパートはローンが厳しくなっているようですので、やや下落していくと予想しています。

【本日のまとめ】

6月になって首都圏全体の中古マンション取引数は大幅に回復し、前年同月比で横ばいに近づいてきました。むしろ埼玉県は増加に転じています。5月まで自粛していた方が一斉にうごきだしたというところです。

成約価格は全エリアで前年同月比3%以上の値上がりと上昇に転じました。需要は回復したものの、売出物件が少なく需給が乱れているといった印象を受けています。

成約平米単価も同様に全エリア上昇しています。そして微妙にですが、取引された物件の平均面積は1~2平米広くなっています。まだわかりませんが、テレワークの影響で広さを求めたということもあるかもしれません。

今後は下がる要素があまりなく、中古マンション価格は横ばいかやや上昇と予想しています。ただし、投資用ローンは厳しくなっているようで一棟マンションや一棟アパート価格はやや下落と予想しています。

本日は以上です。

ご質問等ございましたらお気軽にお願いします。

また、売却相談や査定依頼などもお待ちしております。

最後までご覧になっていただき、ありがとうございます。




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
1
江東区木場在住で、不動産の営業(自営業) 子供は、中一(娘)と年長(息子)の二児の父 新築マンション営業→不動産仲介営業→独立(不動産仲介)+不動産投資(区分+戸建)※今ここ フルマラソンのベストは2時間57分 http://www.mthousetokyo.net/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。