見出し画像

2022年度の始めに

Ozeki Michihiko

1年前の今日は、朝日インタラクティブの社長に就任した初日で、ガチガチに緊張していたことを覚えています。

「信頼できる社員と役員がいるから大丈夫」と言い聞かせつつ、頭の中は(不安)の文字で埋め尽くされていたのが、正直なところです。

おかげさまでなんとか1年間をアグレッシブに過ごすことができました。

私たちの主要な事業であるメディア事業とソリューション事業は、読者のみなさま、クライアントのみなさまに支えられて、着実に成長させることができました。

社内に目を向けると、出社かリモートワークかを選べる就業規則に変更し、移転によって機能性と柔軟性を兼ね備えたオフィスに生まれ変わりました。

リモートワークを前提に社内システムの移行も進め、

コミュニケーションを生み出すためのオンライン懇親会、雑談会もたびたび実施しました。

実りの多い2021年度が締まり、本日から新年度がスタートします。

2022年度は、既存事業をさらに成長させるとともに、動き出した新規事業「UchuBiz」を加速させていきます。

社内では長年運用してきた人事評価制度の改訂を行い、社員個人の成長を促す仕組みを整えます。
評価制度は人を品定めするものでなく、成長を促すためのものであるという観点を大切にし、わかりやすさと透明性のある制度へとブラッシュアップしていきます。

朝日インタラクティブは、本日付で役員体制が変わりました。
取締役経営戦略担当に森崎賢太郎、執行役員ソリューション事業担当に佐々木敏行を迎え、新体制でも引き続き新しい取り組みを加速させていく所存です。

本年度もどうぞよろしくお願い申し上げます。

この記事が参加している募集

オープン社内報

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!