警察官志望者必見。これを読めば警察の労働環境はブラックかどうかわかる。
見出し画像

警察官志望者必見。これを読めば警察の労働環境はブラックかどうかわかる。

警察の労働環境はブラックなのか。

勤務時間や休日、残業代など、警察の労働環境について、実際に約10年間勤めてきた私が経験して見てきたものです。

警察官になりたいと思っている人は、本当に警察官になるかどうか決断する前に知っておいた方がいいでしょう

私はまったく知らずに警察官になってみて、こんなにひどいとは思っていませんでした

では、内容の項目です

1)労働時間・残業
 ①始業時間の1時間以上前に来なければいけない理由は?
 ②夜勤 仮眠は取れる?夜勤明けに長時間残業になる構造とは。
 ③消防の方が断然ホワイトだと知った時
 ④休日出勤はある?
 ⑤非常招集~休日いつ呼びされるかわからない
 ⑥平均残業時間

(2)休日・年休
  ①年間で年休をどれくら取得できる?
  ②海外旅行?夢のまた夢
(3)賃金
 ①同期採用(同じ勤続年数)、同じ階級でも、月給が数万円以上異なる理由は
 ②警察官は公務員なのに所得が激しく増えたり減ったりするのはなぜか
 ③残業代は出る?


では、↓以下から本編になります↓

(1) 労働時間・残業

①勤務開始時間の1時間以上前に出勤しなくてはいけない理由とは  

この続きをみるには

この続き: 5,195文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

警察官の勤務はどれほどブラックで厳しいのか、また階級社会・縦社会と言われる警察組織のパワハラはどれくらい酷いのか、 警察官を約10年勤めた…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
元警察官👮‍♂️ケイ

いただいたサポートは、今後の情報発信のために活用させていただきます。どうかよろしくお願いします

ありがとうございます。Twitterで感想・ご意見をお待ちしてます
警察官を約10年勤めて退職した元警察官。交番、鑑識、機動隊などを経験。警察官を目指す人、警察官から転職したい人などへの記事作成や相談をしています。メインブログ→http://motopolice.xyz/ ツイッター→https://twitter.com/motokeisatu