見出し画像

絵本ver.「ビートと魔法の帽子」


ずっとずっと遠くの南の海の上に、星のかたちをした島がありました。

その島は、ちずにはのっていない島。
海の真ん中にぽつんと浮かんだその島には、どうやら、飛行機や船では行けないのです。
 
今日のお話は、そんな不思議な島に住んでいる、虹いろりゅうのカオリちゃんのお話です。

星のかたちをした島の、一番はしっこのゴツゴツした岩山に、虹いろりゅうのカオリちゃんが住んでいました。

画像1

カオリちゃんは、絵本を読むのが好きです。

絵本のなかで、ひつじ飼いの少年になったり、南の島のお姫さまになったり。

空想の世界で、いろんな人物になって楽しんでいると、時間を忘れてしまって
気がついたら、ごはんを食べるのを忘れていたことも何回もありました。
 
カオリちゃんには夢がありました。
それは、おしゃれな帽子をかぶって、スキップしてあるくことでした。

サンタクロースが出てくる絵本の中で、おんなの子がプレゼントにもらっていた、しましまの帽子。
そのさし絵を見たときから、ずっとあこがれていたのです。

画像2


「わたしも、いつかあんな帽子をかぶってみたいな。
おしゃれをして歩いてみたい。あるきながら、指をならして、スキップするの。」

でも、カオリちゃんには大きなつのが生えていました。

 
「わたしにはつのがあるから、帽子をきっとやぶってしまうわ。
だからこの夢はかなわない夢。
想像して楽しんでいるので、わたしは十分しあわせなの。



「でも、やっぱりかぶってみたい。」
「そうだ、帽子屋さんにいって、相談してみたらいいかもしれないわ」

次の日、カオリちゃんは帽子屋さんにいきました。

帽子屋さんにつくと、カオリちゃんはすぐにお気にいりの帽子をみつけました。
あの絵本といっしょの、しましまの帽子があったからです。

カオリちゃんは、勇気を出して店員のおねえさんに、きいてみました。


「わたし、カオリっていいます。」
「この帽子が好きです。かぶってもいいですか?」

画像3


おねえさんはすこし考えてから、こう言いました。

「ごめんね。カオリちゃん。」
「カオリちゃんの頭には、つのがはえているから、きっとこの帽子はやぶれてしまうわ。」
「だからこの帽子を、あなたに渡すことはできないの。」


おねえさんは、ていねいに、説明してくれました。
そして、カオリちゃんがかぶっても大丈夫そうな、別の長い帽子を、お店の裏にある倉庫の中にさがしにいってくれました。
でも、それはカオリちゃんが恋した、しましまの帽子ではありませんでした。


カオリちゃんは、歩いてきた道をもどって、お家に帰りました。

お家にかえってきてからカオリちゃんは、ごはんを食べたり絵本を読んだりしました。
でも思い出すのは、あのしましまの帽子のこと。


「やっぱり、つのがはえたわたしには、あの帽子はかぶれないのね。」


カオリちゃんのほおに、涙がこぼれました。

画像4


その時、不意にどこからともなく小さな声が聴こえました。

「こんにちは。僕の名前はビート。てるてるぼうずの妖精だよ。」

カオリちゃんが目を開けるとそこには、一寸法師のように、ちいさな子が立っていました。

その子は、ちょっと古びたハットをかぶっていたし、てるてる坊主と呼ぶにはちょっと変わった姿でしたが、たしかに、「雨が上がりますように」って窓辺につるす、あのテルテル坊主と言われれば、そんな風にも見える姿でした。

 
「こんにちは。わたしはカオリっていうの。」
「泣いていてごめんね、今かなしい気持ちなの。」
 

てるてるぼうずの妖精のビートは、こういいました。

「ぼくはね、こころの雨の、雨やどり屋さん。」
「はい、これあげるよ。」
 
びーとの手には、あのしましまの帽子がのっかっていました。

画像5


カオリちゃんは、驚いて言いました。


「手品みたい。うれしいわ、ありがとう。」
「でもね、わたしの頭にはつのがはえているから、かぶったら、その帽子をきずつけてしまうわ。だから受けとれないの、ごめんね。」


びーとは帽子を、カオリちゃんのしっぽの先にのせて、いいました。
「だいじょうぶだよ。」
「ちょっとだけ、目をとじていてね。」
 
そしてすっと息をすって、空を見あげました。

画像7

びーとは、星の形のつえを空にかざして、魔法のことばをとなえました。

「るんたったらりらりら!」


「るんたったらりらりら!」


「るんたったらりらりら!」


星の形のつえの先に、光が集まったかと思うと
しましまの帽子は、カオリちゃんにぴったりの大きさになりました。

それを見たカオリちゃんの瞳には、涙が溢れました。


「とても、とても、うれしいわ。」
こんどのは、あったかい涙でした。
「わたし、しましまの帽子、似合ってるかしら?」

画像7


びーとはいいました。
「とてもお似合いですよ、おじょうさん。」
「ねえねえ、スキップして、くるくるまわって遊ぼうよ。」


ふたりは、つかれて眠くなるまで、指をならしてスキップして遊びましたとさ。



(おしまい)

画像8


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!(ソル より)
14
南の海に浮かぶ星のかたちをした小さな島「AIWOKA ISLAND」からお届けしている、かいぞくラジオです。毎週土曜に新エピソードを配信!(水曜日は10分間のショートプログラムをお届け!)ポッドキャストでも配信中。Spotifyなど音楽アプリでも聴けます!

こちらでもピックアップされています

図書室
図書室
  • 4本

アイオカ アイランドの図書室です。もとっちが作った「webで読む絵本」を本棚に並べていきます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。