見出し画像

別業界・別職種からの大転身。挑戦をやめないエンジニアのこれまでとこれから

何かに夢中になっているとき。熱中しているとき。
そんなとき、人はいきいきと胸躍らせていたり、何かを生み出しています。かがやく人は、どんな想いや姿勢でその仕事に向き合っているのでしょう。

メンバーの仕事に対する想いやその背景を紐解く社員インタビュー連載。今回インタビューするのは、システムディビジョンでエンジニアとして活躍する堀田優介さんです。

新卒での営業職からジョブチェンジをして未経験でMOTAに入社した現在、「サーバー構築からサービス企画まで、もっとできることを増やしたい」と話す堀田さんのこれまでのキャリアと仕事への想いを聞きました。

堀田優介(ほりた ゆうすけ)|システム div. エンジニア
日本大学 生物資源科学部 食品生命学科卒。新卒で食品メーカー勤務後、プログラミングスクールを経て現職。2021年8月入社。好きなものは、カラオケ、ドライブ、ギター。


食品メーカーの営業からシステムエンジニアへ

――いまはエンジニアのお仕事をされていますが、大学では食品科学について学ばれていたそうですね。MOTA入社前はどんなことをしていたのですか?

もともと食べることが好きで、将来食品に関わる仕事に携わりたいと思い、大学では食品科学を専攻しました。そして新卒で食品メーカーに入社したのですが、配属は営業。自動販売機の補充を行っていました。仕事をつづけるなかで、今後自分の市場価値をどう高めていくかを考えるようになり、どの業界でも重要になってくると感じたIT領域を視野に、エンジニア職を目指すようになりました。

その後プログラミングスクールに通いスキルを身に付けながら、スクールから紹介された求人の中で仕事口を探していました。
ただ、スクールが保有している求人はあまり多くなく、自分が納得のいく会社を見つけることができませんでした。そのため求人サイトを使って自ら会社を探すことにしました。

熱く、目標に向かって突き進む

――MOTAとはどんな出会いだったのですか?

きっかけは転職エージェントからの紹介です。私はもともと車の運転が好きで、自動車関係の会社とITの掛け合わせに興味がわいて応募しました。今の上長が面接担当だったのですが、面接でのやりとりで感じた相談しやすそうな空気感や、社内の人間関係の雰囲気の良さに惹かれ、入社を決めました。

――入社から現在2年半ほど経ちますが、入社当時のMOTAの印象に何か変化はありますか?

当時も今も、「目標をもって熱い気持ちで突き進む」という社風の印象は変わらないですね。むしろ、会社の中に入ってそのイメージはますます強くなりました(笑)。

私はいわゆる未経験入社で、今現在使用しているプログラミング言語はJavaのみ。新車事業部で、サービス改善のためのシステム開発やバグの修正、サーバー構築などを担当しています。

サーバー、インフラ、セキュリティなどの知識がまだ少ないので、技術も知識も仕事と並行して学びながら、2〜3年のうちには一人で一気通貫で担当できるようになりたいとまさに今努力している最中です。

――転職でジョブチェンジに踏み切ったり、現在も学び続けていたりと向上心の強さを感じます。実はまた何か新しい挑戦を目論んでいたりは?

そうですね(笑)……MOTAは事業会社なので、エンジニアだからといって関与できる領域は構築面だけとは限らないと思うんです。例えばエンジニアだからこその視点で企画を立案しても面白いかもしれない。先入観にとらわれずに、積極的に提案していけるエンジニアになれたらいいですね。

縁の下の力持ちとして、システムから会社を支えたい

――MOTAには、年に一度「Shared Vision」という会社とメンバーの「ありたい姿」を共有し探求する全社会議がありますね。前回の会議で堀田さんはどんなことを共有したのですか?

MOTAは現在「自動車流通を変える」という大きな目標に向かって動いているわけですが、私たちエンジニアはその頑張りが営業やマーケティングといった別部署と比較して数字で見えにくいと思っていて。例えば営業活動は「受注件数」として反映されやすいけれど、システム周りは会社の目標に対してどう直接的に寄与したかを示しにくい。

でも、例えば「クリック数を増やしたい」といった課題に対してUI/UXではデザインの側面で改善をするように、システム周りも縁の下の力持ちとして目標達成のサポートをもっとできると思うんです。それは結果的に自分の技術力アップにもつながるはずですし、そんな挑戦をしたいという話をメンバーに共有しました。

MOTAは、チャレンジ精神が活きる場所

――MOTAは事業の急成長にともなって積極採用中とのことですが、堀田さんはこれからどんな人と一緒に仕事をしたいですか?

面接時に感じた通り、MOTAは人間関係の良さが魅力のひとつです。それはただ仲が良いというわけではなく、切磋琢磨してお互いを高めあうことにつながっていると感じています。だから、チャレンジ精神のある人はその力を発揮できる環境だと思うので、ぜひ一緒にチャレンジングなプロジェクトができればと思います。

また、社内部活(Club MOTA)が今年の3月から始まったのですが、私は「ラウワン部」の部長を務めているので、機会があればご一緒しましょう!


MOTAでは急成長する事業を支える仲間を積極採用中です!
ぜひご応募お待ちしております。

▼エンジニアの応募はこちら

▼コーポレートサイトのキャリアページ

https://mota.inc/careers/


この記事が参加している募集

自己紹介

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?