僕らのMaison book girl

僕らのMaison book girl

時は令和3年 5月30日 千葉県、舞浜アンフィシアター

晴れわたる青空と真っ白な入道雲を眺めて、僕らの物語は最後のページを迎えた。



Maison book girl は僕にとって、深夜の月の光によって輝く海面のような美しさを見せてくれる存在だった。それは唯一無二で、キラキラと反射しているが時に荒波に揉まれて形を失ったり、静かに近付いてきてこちら側まで包み込んでくれるような優しさを纏ったり
そんなことを6年間繰り返していた。

初めて出会ったのは3年前

音楽を習っていた僕にとって変拍子は少しばかり難しいイメージがあってとっつきにくかったが、彼女達はそんなリズムを次々と操り僕の心の寂しさを見透かしたのように共に寄り添わせてくれた。

アイドルとは偶像崇拝であり、ある意味虚像である。

しかし彼女らは虚像のみならずプライベートな姿を見せる機会をたくさん与えてくれた。そして憂いを帯びた彼女ら自身の闇にまで気持ちを巡らせ、人生そのものを、彼女達一人一人のそのあり方を尊重したいと思わせてくれるような人たちだった。そんなアイドルだった。

だからこそ僕たちにとって解散という響きは胸に痛く、失った過去や痛みは倍増された。それはきっと僕だけの痛みではなく彼女ら4人分の痛みも一緒に背負わせてくれたからだろう

公演中、時計の針のリズムで繰り返され、だんだん速さを増すようなHOTELの崩壊していく音を耳にした。その乱れる脈拍は僕の心臓の音と同期して、一体化したよう。そして呼吸がとまった瞬間 






一気に夏が押し寄せて、銀テープのフィルムをなびかせた走馬灯を僕らはみた。





雨はもう止んで空には、気が付くと灰色の雲が傘を刺していた。

最後のような彼女達の姿はいつのまにか見失ってしまった













長い長い,6年間の美しい雨が明けた。おかえりさよなら、またどこかでね。Maison book girl

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!