イラストレーター必須のツール 「お仕事確認書」について知ろう!
見出し画像

イラストレーター必須のツール 「お仕事確認書」について知ろう!


■「お仕事確認書」が、あなたの身を守る

イラストレーターとして活動していると、様々なトラブルに見舞われることがあります。
例えばこんなトラブルです。

・話を聞いていない媒体に勝手に流用された。
・報酬金額を聞きそびれて、振り込まれてみたらあまりに安すぎてびっくりした。
・いつまで経っても報酬をいただけない。
・口約束していた報酬額から減額を求められた。
・ちゃんと使用期間を決めてなかったので、いつまでも使われている。そのせいで競合する他の企業の仕事ができない。
 ・いつの間にか著作権を譲渡することになっていた。
・後から著作権譲渡を強要された。


長くイラストレーターをしていると、こんな体験は珍しくないですよね。
できることならこんなトラブルは避けたいものです。
でもなかなか難しいのが現実ではないでしょうか?
こんなトラブルからフリーランス・イラストレーターを守るツールがあります。
長年、プロ・イラストレーター団体「イラストレーターズ通信」会員の間で使われ、たくさんの会員を救ってきたツールです。

それはーー
「お仕事確認書」

です。

「イラストレーターズ通信」に所属していないイラストレーターの皆さんは、「何それ?」と思ったかもしれません。

そんな皆さんのためにまずはーー
お仕事確認書がどんなものなのか見ていただきましょう。
これが、お仕事確認書です。

画像1



■これは、発注者とイラストレーターの間で交わす、お仕事の内容や条件に関する覚え書き

お仕事確認書を一言で言うとーー
「発注者とイラストレーターの間で交わす、お仕事の内容や条件に関する覚え書き」なのです。

・使用媒体、
・イラストレーションの点数やサイズ、色の数、
・流用の「ある」「なし」、
・報酬額、
・支払日、
・納期、
などを記入する欄がたくさん並んでおりーー
仕事を受けた際に事前に確認しておくべきことが、ほぼ全て網羅されています。

実はーー
日本には下請法という法律があります。
この法律で、イラストレーターに仕事を依頼する親会社(依頼主)には、発注内容に関する書面(発注書など)を交付することが義務付けられています。
参考資料:https://www.jftc.go.jp/houdou/panfu_files/contentspamph.pdf

ところがイラストレーターの仕事の現場では、この書面(発注書など)を交していただけることはあまりないのが現状ではないでしょうか?
このお仕事確認書は、下請法で義務付けられている書面(発注書など)の代わりともなる書類です。
本来交付しなければならない書類の代わりとなるため、クライアント側も歓迎してくださるケースが多いです。
実際に、イラストレーションを発注する企業やそのご職業の方から「イラストレーターに仕事を発注する際に日頃から使いたい。使用の許可をいただけますか?」といったお問い合わせも、時々いただいています。(そうした企業やご職業の皆様、私の許可を取る必要はございませんので、どうぞお使いください。でも、できれば、この記事を購入していただけるとありがたいです。)

■これは、トラブルを防ぐための契約書代わり

最初に書いたようにーー
イラストレーターとして活動していると、思わぬトラブルに見舞われることがあります。
そんな時、あなたはどうしますか?
会社員なら、会社や上司が、うまく対応してくれることもあるかもしれません。
でも、フリーランスのイラストレーターはそうもいきませんよね。
たった一人で大きな企業を相手に対応して、自分の権利を守り、身を守る必要があります。
あなたにそれができますか?

私は、長年にわたってたくさんのイラストレーターから相談を受けてきました。
こうしたトラブルで潰れていくイラストレーターも見かけます。
そうしたイラストレーターたちを見て心が痛みました。
「なんとかならないか。イラストレーターがトラブルに巻き込まれないためにはどうしたらいいか」と考えました。
そして考案したのが、このお仕事確認書です。

お仕事確認書さえあればーー
こうしたトラブルの多くを防げます。
万一トラブルになっても、解決の糸口が見つかることが多いでしょう。

たとえばーー
無断で流用されるトラブルが発生したとしましょう。
お仕事確認書には、使用が約束されている全ての流用に関して記入されています。
記入されていない流用や二次使用には、別途料金が発生することがしっかり明記されています。
このお仕事確認書があれば、後で勝手に流用があったとしても、「別途流用代が必要になる」ことが、明確なのです。
このお仕事確認書を示して流用代を支払っていただくようお願いすれば、多くのクライアント様は対応してくださるのではないかと思います。

あるいはーー
イラストレーションを納品してから、「著作権譲渡の仕事です」と後出しで著作権譲渡であったことを伝えられるトラブルも多いです。
こうした時も、お仕事確認書を示してちゃんと交渉すれば、強要されることを回避できる可能性が高いです。
なぜなら、お仕事確認書には、「著作権はイラストレーターが所有しています。」とはっきり明記されているからです。
この書面に署名している以上、クライアント様もその内容を守る義務があります。

つまりーー
お仕事確認書は、契約書代わりとなって、あなたの身を守るのです。
これは、これから先も長くイラストイレーターとして活動していくであろうあなたの、「転ばぬ先の杖」となるでしょう。


■これがあれば、仕事がスムーズにいく

お仕事確認書は、10年以上昔に考案しました。
以来、主に「イラストレーターズ通信」会員に利用を推奨してきました。

悪質なクライアントにひどい扱いを受けても、これを交わしていたおかげで、助かった会員はたくさんいます。

 クライアントとイラストレーターの間で生じがちな、「聞き違い」「思い違い」によるトラブルの多くも防げます。
イラストレーターの不手際によるミスも防ぐことができます。
「縦と横の寸法を逆にして制作してしまった」
「納品日を勘違いしていた」
などの不手際も、これを交わしていれば、かなり防げるのです。

多くの方から、
「仕事がスムーズにいくようになった」
「クライアント様と事前に確認すべきことが網羅されていて聞き忘れがなくなった」
と感謝の言葉をいただいています。


■全てのイラストレーターに、全ての仕事で使うことを推奨

すでにイラストレーターとして仕事をしている皆さんは、今すぐにでも使うべきです。

新人はもちろんですが、ベテランの皆さんのお役にも立てると思います。

そして、今はまだプロを目指している方々も、いつか仕事をすることになった時に、使えるでしょう。

全てのイラストレーターが仕事で使うことを推奨します。

お仕事確認書が不要な仕事なんて、一つとしてありません。
トラブルや不手際を防ぐため、必ず全ての仕事で、これを交わしましょう。

お仕事確認書を使えば、トラブルや不手際を防ぎ、仕事がスムーズに行くでしょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
制作にあたっては、次の2つを参考にさせていただきました。
・雑誌「イラストレーション」(玄光社)168号102ページに掲載されている「CHECK SHEET」。
・文化庁の「誰でもできる著作権契約」
http://www.bunka.go.jp/chosakuken/keiyaku_intro/index.html

「下請法」「著作権法」などの法律も参考にしました。
顧問弁護士からのチェックも受けています。
「イラストレーターズ通信」会員の皆さんからも様々なアドバイス、ご意見をいただき、改善を重ねてきました。
アドバイスやご意見をくださった会員の皆さんには、心からお礼申し上げます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

それではーー
「お仕事確認書」の上の項目から、順に解説していきましょう。


■署名欄

一番上には、発注者様とイラストレーター、双方の署名欄があります。
可能な限り、双方手書きで記入しましょう。

直接会って打ち合わせをする機会があるのなら、その時に全項目を記入し、お互いに署名し、双方一枚ずつ保管するのが、一番望ましいです。

直接会う機会がないのなら、電子メールを使ってもいいでしょう。
イラストレーター署名欄だけ空欄にして、各種の条件欄は全て記入して、PDFデータを送ります。
発注者様に署名をしていただいて、電子メールで送り返していただきます。
そしてイラストレーターも署名して、もう一度、クライアントに送り返します。
これで、発注者様とイラストレーター双方が、1通ずつ保管することができます。

法律的には、口約束でも契約は成立します。
でも、口頭で約束しただけだと「いった」「いわない」で争いとなることもあります。
そうしたトラブルは、イラストレーション業界でも少なくはありません。
多くのイラストレーターが泣いています。
だから条件を書面にまとめ、双方が直筆で署名するのです。
署名によって、「確かに、この内容で約束しましたよ」という証拠となります。
そして、様々なトラブルや不手際を防ぐことができるのです。

リクエストがあれば、お仕事確認書の交わし方も別の記事で詳しく解説したいと思っています。
ご希望の場合は、下のコメント欄等でお知らせください。

■クライアントの名称(発注者と異なる場合)、住所、電話、メールアドレス、担当者

次の「クライアントの名称(発注者と異なる場合)、住所、電話、メールアドレス、担当者」の欄には、発注者様と大元のクライアント様が異なる場合に記入します。
発注者様と大元のクライアント様が異なる例としては、たとえばこんなケースがあります。

例1)書籍カバーの仕事がイラストレーション・エージェンシーを通して依頼が来るケース。
イラストレーターに連絡してくる発注者様はイラストレーション・エージェンシーですが、大元のクライアント様は出版社です。
この場合は出版社名をここに入れます。
多くの場合、エージェンシーから報酬が振り込まれます。

例2)雑誌カットの仕事が編集プロダクションから来ることがあります。
イラストレーターに連絡してくる発注者様は編集プロダクションの方ですが、大元のクライアント様は出版社です。
この場合も出版社名をここに入れます。
多くの場合、編集プロダクションから報酬が振り込まれます。

例3)企業ポスターの仕事が広告代理店から来ることがあります。
イラストレーターに連絡してくる発注者は広告代理店の方ですが、大元のクライアントは企業です。
この場合は企業名をここに入れます。
多くの場合は、広告代理店から報酬が振り込まれます。

こうしたケースで、発注者とイラストレーターの間でトラブルとなった場合にーー
大元のクライアントの連絡先が分かっていれば、問題解決の糸口となることがあります。

トラブルの例としてーー
「発注者から支払いがない」場合を考えましょう。

 A出版社の書籍カバーの仕事が、B編集プロダクションから来た。
支払いは、B編集プロダクションからの約束。
しかしいつまで待っても支払いがない。
問い合わせても相手にされない。
あるいは連絡が取れなくなった。

時折聞くトラブルです。
こういうケースでも、大元のクライアントであるA出版社に直接問い合わせると、なんらかの対応をしていただける場合が多いです。

他にもいろいろなトラブルが考えられます。
発注者との話し合いがうまくいかないトラブルに備えて、大元のクライアント名、住所、電話番号、担当者名を記入しておくのです。


■「使用媒体」

次に、使用媒体について解説します。
ここは、どの媒体に使うのかを記入する欄です。

媒体」というのは、イラストレーションを人々に向けて伝えるための手段のことですね。

イラストレーションは、書籍のカバーや雑誌やカタログやポスターやWebなど、様々な媒体に使用されます。
「今回の仕事のイラストレーションはなんの媒体に使うのか」をこの欄で決めておくのです。
正確には媒体でないものも含まれていますが、わかりやすくここでひとまとめにしています。

多くの場合、イラストレーター が受け取る報酬の大部分は、そのイラストレーションを使用する料金(使用料)です。
ネット上には、「イラストレーションの値段は時給で計算せよ」とか「日給から考えよ」と言った情報を発信する人もいるようです。
しかし、それは正しくありません。
イラストレーションの値段は、作業時間や労力から計算してしてはいけないのです。

例えばーー
ほとんど同じような内容のイラストレーションで、作業時間が全く同じであっても、雑誌のカットとポスターでは、その報酬金額に大きな差が出ます。
確実にポスターの方が、高いです。
時給や日給から計算していると、こうした報酬金額の違いをうまく説明できません。
イラストレーションの値段は、絵を描く労力に対する対価ではなく、そのイラストレーションをなんらかの媒体で使う使用料なのです。
ですから、報酬金額を考える上で、「どの媒体で使うのか」という点は、とても重要なのです。

また、幾つもの媒体で使う場合は、その使う分だけ金額は高くなります。
1枚のイラストレーションが、雑誌広告、ポスター、Web、TVCMと、多くの媒体で使われたら、その媒体数が多い分だけ報酬も増えます。
そして、あとから勝手に、様々な媒体で使いまわされるトラブルも多いです。
文書で、使用媒体が決められていないと、勝手に使われた分の使用料を請求しづらくなることがあります。
そんなトラブルを回避するためにも、この欄で使用媒体を、明確に限定しておくのです。

新聞広告に使われるのであれば、「新聞広告」に丸をつけます。
書籍カバーイラストレーションとその書籍の挿絵を描く仕事なら「書籍カバー」と「書籍挿絵」に丸をつけます。
雑誌挿絵(カット)とその雑誌の付録にイラストレーションを描く仕事なら「雑誌挿絵」と「雑誌付録」に丸をつけます。

ところでーー
書籍カバー」と「書籍表紙」の違いはわかりますか?
一般的な会話では、この二つは同じような意味で使われることも多いです。
しかし、出版業界・イラストレーション業界では区別されていることが多いです。
書籍の周りに巻かれている紙が「カバー」です。「ジャケット」と呼ばれることもあります。多くの書籍では、ここに印象的なイラストレーションを載せています。
そのカバーを外した書籍本体の外側が書籍の表紙です。多くの書籍では、比較的地味にデザインされています。ここにイラストレーションを使う場合もあります。
さらに説明すると、書籍の中面の最初の方で書籍タイトルや著者名が書かれているページが「」です。ここにモノクロのイラストレーションが使われることもあります。

書籍の各部分の名称に関して参考になるページ:https://www.shinchosha.co.jp/tosho/book_basic.html


SNSに使われる場合は、「SNS」に丸をした上で、そのあとのカッコ内に「Twitter」「Facebook」などと、具体的な名称も書きましょう。
勝手にいろんなSNSに使用を広げられないようにするのです。
SNSなら、どんなSNSでも自由に使っていい」という契約もあり得ます。
その場合は「あらゆるSNSに使用可能」などと明記します。ただし使用可能なSNSの数が増えるのですから、その分、報酬額も上がるのが一般的です。

イラストレーションが使われる媒体はほとんどのものが入っていると思いますが、ここにない媒体もあります。
その場合は「その他」に丸をして、その後の括弧内に、具体的に書きましょう。
たとえば、「LINEスタンプ」「SNS用アイコン」「店内壁画」などいろんなケースが考えられます。

ーーーーーーーー
さてーー
申し訳ないのですが、この先は有料とさせてください。
1,000円です。

これからも長く続くであろうイラストレーター人生の転ばぬ先の杖として、このお値段は決して高いものではないと思います。

この先の内容について、簡単に説明するとーー
引き続き、お仕事確認書にある項目を、順に、詳しく解説していきます。
そこにはプロ・イラストレーターに必要な知識や知恵も含まれます。
なぜその項目を明確に記入すべきなのかも説明します。
そして最後に、お仕事確認書のデータ・ダウンロードコーナを設けています。
pdf形式とai形式(CC2020年版とCS2形式にバージョンダウンして保存したもの)を用意しています。
さらには、英語版のお仕事確認書データもあります。
これは海外の仕事をする際に役に立つでしょう。

このnoteは、あなたの幸せなイラストレーター生活を願って書きました。
ご購入の上、何度も繰り返しお読みいただけると幸いです。

※なお、この記事の内容は、「イラストレーターズ通信・スクール」(https://community.camp-fire.jp/projects/view/140942)の講義をほとんどそのまま転載したものです。
プロ・イラストレーター団体「イラストレーターズ通信」(https://illustrators.jp/)会員は、団体Webサイトにログインすると、スクールの講義内容と同じものを読むことができます。
したがって、スクールの受講生や団体の会員が購入する必要はありません。

※購入後、記事の内容が気に入っていただけなかった場合は、返金申請ができるようです。
ただし、購入から24時間以内である必要があります。
また、返金にあたっては、noteの審査があります。
申し訳ないのですが、私は審査にノータッチなので、必ず返金されると言う保証はできかねます。
詳しくはこちら:
https://help.note.com/hc/ja/articles/360000670602-%E8%BF%94%E9%87%91%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6

ーーーーーーーーーーーーー

この続きをみるには

この続き: 23,911文字

イラストレーター必須のツール 「お仕事確認書」について知ろう!

森 流一郎

1,000円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
森 流一郎

もしよろしければ、サポートをお願いします。

ありがとうございます。
元イラストレーター。多忙のため体調を崩してイラストレーターを引退。「イラストレーターズ通信」(illustrators.jp)主宰。「イラストレーターズ通信・スクール」講師。 世の人々に、イラストレーションという名の小さな幸せを広めることを目標に、日々活動しています。