外星通訳一族、”AKIMOTO”14



    『何をするにも情報がいる。————で、今日の下g……』

————2代目通訳官 和久が後の妻、 夕子に殴られたきっかけ————



————ウルス宇宙船 『対講話用』艦船内 ブリッジ

「おかしいだろ!?位置からして7日は最低掛かるはずじゃなかったのか!?相手の艦が進んでる方向だって地球側でもウルス側でもないはずだろ!?どうしてだ!」
 和久は叫んだ。そしてその叫びも、装置を通して翻訳される。

【そうです……明らかに、おかしい。】
 現首長、ホリス・バーダも困惑を隠さなかった。距離計算の精度は地球側のそれではない。ましてや宇宙の民、宇宙を漂う民が、そこを間違うはずもない。そしてそこは『既にウルスの民が開拓した範囲内』であった。

 それがより一層、不可解だった。
【考えられる可能性として、別の艦である、かと。】
「別?」
【はい。前回、我々の仲間が遭遇した艦は……損傷しておりました。大きく、まるで戦闘後のように。】
「ってとこは……」
【アレが、その味方か……】
「敵の物か、か。厄介が過ぎる……!!そいつらの技術は地球の遥か上で、その技術で戦闘……いや、戦争してた可能性があるんだぞ?今見つけた艦は確かに前回の遭遇したのと類似……してるんだよな?」
 和久は艦橋のモニターから見えるその艦の姿をみて、冷や汗をかきながら首長に尋ねる。いくらこの船が問題ないと言っても、地球はそうではない。もし、今から接触するのが、前回遭遇した者の敵で、前回遭遇した者の方が優勢であったりしたら……。寒気が、走った。

【はい、特徴もかなり似通っている……というより、同型かと。】
「……この艦にいる政治屋もここに集める。メッセージは地球には届いたんだ。もう、話し合いの準備を進めているだろう。恐らく中華の集会が、今回の物に成り代わるな。誠児……いや、姫には悪いが仕事をしてもらおう。」
【ですな。とにかく、私達がやることは……】
「決まってるよな、首長。」
 和久は無理やり笑顔を作る。
「接触する、準備を。」
 顔は引きつり、目は笑っていなかった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この続きをみるには

この続き:3,816文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

遭遇せし新たな友人候補『ボル』! 彼らとの交渉に向けての指針!準備!行動! 全ては彼らとの交流をするために。 御愛好いただいてマガジン...

待たせたな!!! 『今までのを全部読めるようにして!!』の要望に応える時が来た!!『現在ある本編23話全てを乗せた最強のお得マガジン!...

または、記事単体で購入する

外星通訳一族、”AKIMOTO”14

森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

私は現金な人間なのでしょう。お金をもらえると嬉しいとおもい、モチベーションが異様に上がります。そうするとどうなるか。書きます。異様に書きます。つまり続きます。 作品の完結には、皆さまのご助力も、私は必要としています。余裕があるときにだけでいいので、補助を宜しくお願いいたします。

ありがとうございます次の話も「スキ」になっていただける努力をします!
3
名前をツイに合わせました! #小説 外星通訳一族 ”AKIMOTO”を投稿しております。 メルアド moribito.you@gmail.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。