マガジンのカバー画像

LuckyRaccoon_note vol.3

13
音楽カルチャー誌・ラッキーラクーンのデジタル版。インタビュー、エッセイのほか、紙の本にはできない動画や音声も取り入れて楽しい1冊になっています。ぜひご購読ください。なお、掲載され… もっと読む
インタビュー:根本要(スターダスト☆レビュー)/新連載:後藤くんと福徳くん(仮)下書きver./連… もっと詳しく
¥600
運営しているクリエイター

記事一覧

固定された記事

ゆっくり好きなものを探そう、ゆっくり好きな人に会おう、ゆっくり好きな自分になろう

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

スキ
25

根本要 from Stardust Revue

40年という年月。 人が生まれ学校へ行き社会に出て恋をして結婚して出産してその子供が学校に通い社会に出る……ぐらいの、決して軽くも浅くも薄くもない道のりである。 スターダスト☆レビューはまもなくデビュー40周年を迎える。ただごとではない。記念すべきタイミングでリリースされるのは、佐橋佳幸プロデュースによる通算42枚目のアルバム、その名も『年中模索』……!  さぞかし40年の重みを感じさせる大掛かりな内容になっているのかと思いきや、アルバムタイトル同様、謙虚でユーモラスで時

スキ
108

『タイペイでタイペン』

ワールド・ワイド・ダジャレ・フォト vol.3 @台北・中華民国 旅先の都市名などでダジャレ写真を撮る、アクティブでアカデミックなアーティスト活動【ワールド・ワイド・ダジャレ・フォト】、今回は台北です。

スキ
50

バンド界の鬼

どの業界にも『鬼』と呼ばれる人っていますよね。 関わりたく無いんだけどその業界にいたらいつか関わらないといけない的な。言うなればめんどくさい奴。 バンド界にも『鬼』はいる。

スキ
9

あゝ想い出が雨ざらし

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

スキ
20

#02 「かっこいい人」とは!?

from Moritaノンコへ まだまだ不安定な日々が続いていますが、お元気ですか? ……と聞いておきながら、毎日忙しくしている様子はTwitterでチェックしてます! テレビやラジオ出演のお知らせはもちろん、書道を習ったり、お財布を忘れたり、 やっぱり見ていて飽きないノンコ、魅力全開ですね♪ 前回のノンコからの質問。 私にとっての「かっこいい」とは?

スキ
9

第3回:ガッツだぜ!!

ここは、名曲のタイトルをキーワードに、ジャルジャルの二人がそれぞれ自由に解釈・表現する場所です。 後藤淳平の「ガッツだぜ!!」どうもジャルジャルのりんぐり担当、後藤淳平です! 今回のテーマ【ガッツだぜ!!】ということで、泣く子も黙るウルフルズさんの名曲です。 今回も【ガッツだぜ!!】に隠された裏メッセージをアナグラムを用いて探してみました。 先に言います! めっちゃ難しかったです! でも何とか裏メッセージを掘り当てました! 観てください!!

スキ
65

インタビュー:後藤淳平 2020.6.30

どこから説明しよう。 気がつけば11年という決して短くはない月日が経っている。 ついに、ジャルジャルの二人と私(森田)の間で密かに、断続的に行なってきた個々のインタビューを、断片的ではあるけれどお披露目できるときがきた。残念ながら、満を持して、というわけではない。そもそもは書籍にできたらという気持ちで始まったものの、なかなかゴールに至らないままここまで来てしまった。 劇場やテレビやネット上では見られないもう一つのジャルジャル? いや、もっとパーソナルな後藤淳平と福徳秀介

スキ
47

あさってラジオ vol.3

※試聴版です。オリジナル版(39:08)はマガジン購入すると視聴できます。

スキ
25

やっぱり猫が好きが好き

スキ
14

初取材、パチパチ、チェッカーズ!

——これは私がこのギョーカイに入ってから今までに体験したこと、とりわけ、生まれ育った場所でもある東京でのせわしなかったあのころをもう一度思い出し、書き留めておくページである。 (前回までのあらすじ) マネージャーという職業から一転、FM雑誌の編集部で雑用中心のアルバイトをすることに。そこでいつしか小さな記事を書く機会を得て、「ライター」という職業があることを知る。自分の中ではまだそれを目標としたわけではなかったが、マネージャー時代に知り合った雑誌の編集者から、いきなり5組

スキ
11

みんな大きくなったねぇ〜

40年という年月。 ……という書きだしで根本要さんの記事を始めたのだけれど、同時に、実は大変僭越ながらワタクシも来年、2021年をもってこのギョーカイに入って40年になる。 人が生まれ学校へ行き音楽に憧れ仕事を持ち……かれこれ40年。短くないよ。なのになんとも軽くて浅くて薄い気がするのはなぜだろうか。しかも要さんのようにサラッと「どうでもいいっす(笑)」とは言えずに、なぜかこだわる、くーっ、40年かーー、つって。 まぁ、それを踏まえるとなおさら染み入るスタレビさんの凄さよ

スキ
17

vol.4 発売のお知らせ

LuckyRaccoon_note vol.4(Webマガジン ¥600) 発売になりました。

スキ
8