見出し画像

味見に時間を使い過ぎてる事に気づいた

最近どうも、自由な時間に "味見" をする事が多い。

これも美味しそう、あれも美味しそうって、興味のあるモノを覗いて見るんだけど、ペロッと味見して「うんうん、コレは美味しいものだ」って感想を言ってはまた別のモノを味見して...という事をしている印象が自分である。

自分に合っているものなのか?
自分の本当に興味を持っているものなのか?

そういうことを確かめるのには味見はいいと思うけど

・味見をして、ふむふむこういう材料で出来てるんだな程度

・再現してみて、ふむふむやっぱり似たものが出来たな程度

これで満足して次の味見に移っていては、結局何も自分のためにならないと感じる気持ちが強くなった。だから優先順位を決めて、焦る気持ちを抑えて1つ1つ熟していく様にして、確実に自分を磨いていく事に繋げていきたい。

どれも美味しそうに見えるし、味見すると美味しいんだけど、しばらくは自分の選んだイチバン美味しそうなものを愛でて、愛でてしていこうと思う。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
荒木大地|Daichi Araki

もし気に入っていただけたらサポートいただけると嬉しいです!

めちゃくちゃ嬉しいです!
3
デザイナー・PhD|MONO JOURNAL(http://mono-journal.com)代表|大学教員からデザイナーになりました! ▸作品:http://foriio.com/daidaicolours