見出し画像

AC治療2クール目終了13日目から21日目。メンタル激凹みだけどイチゴパフェは食べる

AC治療2クール目振り返り。

この時期はただでさえ寒いし、
髪の毛が抜けて寒いし、
そのせいで頭痛はするし…

そして、病気を知ってからしばらくは
「頑張って治療するぞい!」
みたいな気持ちになってるんですが

この時期になると
「なんで私だけ…」

「この治療がいつまで続くの…(あと6回です)」

「なんでこんな状態の私が税金を払わねばならんの…
 それが法治国家なの…(法治国家ですよ)」

と、ネガティブ恨みつらみを煮しめたような状態になります。



2/10 喉が腫れた。でも一日起きていられたので昨日より元気

そうそう、この時期白血球が下がるせいで
炎症おこしやすくなるんですよね。


2/11 友人と会ってイチゴパフェを食べる。のどの痛みは消える
   治療がんばって偉い!すごい!と褒められ、 
   せやろせやろ~とご機嫌になる。

前日喉腫れたのに出かけるなよ、
と今になって思いますが、
この時期はちょっとでも元気になったら出かけないと
気がめいっちゃってたんです。

画像はイチゴパンケーキ使いまわし。

2/12 喉の腫れはもうない。でもあまり集中できない
   便秘が酷くなる。
2/13 病院でエコー検査。本当に薬効いてるんだろうか、と不安になる。
   出かけても翌日起きられないとかはなくなってきた。
2/14 ちょっと体操をしたら筋肉痛になる。部屋の片づけをして仕事。

この三日間はまだ調子がいい方でした。
とはいっても、頭痛がないとか、
一日中起きていられるとか、そのレベルです。

普通の生活とはかけ離れているので
ゆっくり過ごすしかないんですが、
ガンって(種類にもよりますが)
特に痛みが無かったり、
不調はなかったのに検査をしたら見つかって、

抗がん剤治療をすることで体調が悪化する、
という境遇になると
「こんな治療本当に意味あんのか?!」
という気持ちでいっぱいになります。

こういう時、まじで
「○○さえ食べればガンが消える」
みたいなデマ情報に
希望を見出してしまいそうになるので
そういう意味でも抗がん剤治療はメンタル勝負です。
https://souffle.life/column/hogaraka-sns-life/20200303-2/



2/15 映画を見に行く。途中でも怪しかったけど、映画館から出たら頭痛が酷くなって予定を切り上げて帰る。
家に帰ってから吐くほどひどい頭痛。

この時は彼氏(当時)と出かけていて
具合が悪くなってほぼ置き去りにする形で
帰りました。悪かったがこの時は私も余裕がなかったもんで。

2/16 夕方まで頭が痛い。
2/17 ちょっと頭痛を引きずるけど少し起きられる
2/18 外出してまた具合悪くなったらどうしようと思うと不安。
   そしてもう明日3回目の投与、
   今回よりひどかったらどうしよう

というわけでAC治療2クール目でした。

一回目は何が起こるかわからない不安、
二回目は体調不良とメンタルにやられました。

とはいえ、後から振り返ってみれば
この時期が底だったんですが。

というわけで、三回目の記録もまた書いていきます。

いつもいいねなどありがとうございます、うれしいです!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

オタク若年性乳ガン患者

先発完投くらいうれしいです!
2
\横浜優勝/・カレー沢薫・フリーランス・若年性乳がん・社会人経由大学1年生