見出し画像

孤独とは濃淡である

166.孤独ということ

真夜中にしか聞かない音楽がある。それは、なにかの拍子に目が覚めてしまい眠れなくなったとき、悶々とした気持ちを慰めるために聴かれるようなたぐいの音楽だ。

昨夜は、けっきょく4回ほどもキース・ジャレットの『メロディー・アット・ナイト、ウィズ・ユー』を再生した。ジャズピアノの鬼才によるソロ作品。ここしばらく体調がよくないので、どうしても眠りが断続的なのだ。

画像1

それにしても、どうやらこのアルバムでのキースは、ソロ演奏によるさらなる表現の可能性を探求しようとか、あるいは反対に、肩の力を抜いてジャズピアノの楽しさをリスナーに伝えようとか、そういった気持ちはさらさらないらしい。ひとことで言えば、誰かに向けて弾かれたものではないからだ。

では、誰に向かって弾いているのか。もちろん自分自身にである。ここでキースは、ほかならぬキース自身のためだけに弾いている。

とはいえ、心の赴くままにというよりは、ここでキースは、むしろ心が走り過ぎないことに細心の注意を払いつつ、おなじみのメロディーをまるで美酒をちびちび舐めるかのように演奏している。有名なリストのピアノ曲に「コンソレーション(慰め)」というのがあるが、まさにこれは交感神経を鎮めるための「慰め」の音楽だ。

それにしても、と僕はかんがえる。ここにあるのはなんて孤独な演奏なのだろう。

でも、それはけっして寂しいとか空疎なといった意味ではない。むしろ、この演奏を通じてキースが教えようとしているのは、孤とは「濃」であり独とは「充」であるという理(ことわ)りだ。

だってそうだろう。深く深く、こんなにも深く自分の内側へと沈潜してゆく営みが、寂しく虚ろであろうはずはないから。

ここに鳴っているのは、孤独を肯定する者が奏でるメロディーである。

画像2

この続きをみるには

この続き: 2,846文字 / 画像4枚
記事を購入する

孤独とは濃淡である

岩間 洋介(Moi)

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただいた金額は、すべて高齢者や子育て中のみなさん、お仕事で疲れているみなさんのための新たな居場所づくりの経費として大切に使わせて頂きます。

Kiitos!!!
13
北欧フィンランドがコンセプトのカフェ「moi(モイ)」を東京で17年間やってました。現在はフィンランドに特化したポータルサイトを制作中。「喫茶ひとりじかん」という居場所づくりのプロジェクトもMUJIの協力の下、開催しています。 https://linktr.ee/moicafe

こちらでもピックアップされています

誰かが淹れてくれたコーヒーはおいしい
誰かが淹れてくれたコーヒーはおいしい
  • ¥400 / 月
  • 初月無料

ここでは、カフェで常連のお客様にだけこっそりお話しするようなエピソードを書いています。固有名詞や少しプライベートに踏み込んだ内容も登場するため有料とさせていただきました。メニューは以下の通り。 まず、読み物を月3〜4本程度。内容は、「やさしい気持ちになれる話」「日々の暮らしに刺激となる話」「クスッと笑える話」に限定します。読んでよかったと思っていただきたいので。 さらに、活動日誌を随時公開します。 フィンランド関連プロジェクトの最新情報や、現在進行形の企画、アイデア、イベントの情報なども可能な限り現在進行形で公開していきます。コラボなどに関心のある方もチェックしていただけると嬉しいです。そして、たぶん趣味の話なども。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。