見出し画像

活動日誌

11月1日 

そしてゴミ出しが終わらない。

お店の整理もいよいよ最終フェーズに突入しました。
ここまで、お店を閉めてからもほぼ毎日、いつもと同じ時間にバスに乗って片づけのため通勤していたのですが、最終フェーズに突入するとともにむしろより早い時間に出勤せざるをえなくなってきました。

ゴミ出しという重要ミッションを完璧に遂行するためです。

前日のうちに出しておくということがNGなので、とにかく朝9時に確実にゴミ出しを終える必要があります。それでもまだ、燃やすゴミのように回収が週に2度あるようなものはよいのです。ビンや有害ゴミのように、隔週でしか回収されないものがあることが問題なのです。「(回収に)間に合わなかった!」では済まされません。

そのため、運賃の高さと混雑にも目をつむり時間短縮のため電車を使っていたのですが、さすがに毎日のように遅延、遅延で通勤に1時間半、2時間とかかるのがアホらしくなり、けさはバスに乗るため家を7時前に出発しました。結局、店に着いて時計を見たらほぼ2時間。あと何日これが続くのだろう……

さて、無事ゴミ出しを終え、2時間ほどで荷詰め作業もメドが立ったのですが、なぜかいつまで経ってもビンの回収業者がやって来ない!! 仕方ないので昼前に市役所に問い合わせたところ、15時くらいまで様子を見て欲しいとのことだったので大人しく待っていたのですが、結果から言うとふつうに見落とされてました(以前にもあった)。レジ袋1個とかならともかく、30リットルの専用ゴミ袋で4袋もあったのに。市役所にクレームを入れ、再回収の刑。

午前中には一段落するつもりでいたのに、この予期せぬ出来事によって夕方まで店に張り付いていなければならなくなったため、その時間を使って荷物を一時保管するための安いトランクルームを探したり、赤帽の手配の準備などして過ごしていました。

それにしても、お店を閉めるってもしかしたら作る以上にエネルギーを必要とするかもしれない。一人あるいは少人数でお店を営んでいるひとは、それ相応の時期になったら「お店の仕舞い方」についてある程度意識しておいた方がよいと思います。

この記事だけで単品100円での購入も可能ですが、マガジン「誰かが淹れてくれたコーヒーはおいしい」を月額400円で定期購読していただくとよりお得に、カフェの常連さん気分で以下のメニューをお楽しみいただけます。

画像3

アムレテロンさんと遭遇。

この続きをみるには

この続き: 3,554文字 / 画像4枚
記事を購入する

活動日誌

岩間 洋介/「Moi」代表

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただいた金額は、すべて高齢者や子育て中のみなさん、お仕事で疲れているみなさんのための新たな居場所づくりの経費として大切に使わせて頂きます。

Kiitos!!!
12
北欧フィンランドがコンセプトのカフェ「moi(モイ)」を東京で17年間やってました。現在はフィンランドに特化したポータルサイトを制作中。「喫茶ひとりじかん」という居場所づくりのプロジェクトもMUJIの協力の下、開催しています。 https://linktr.ee/moicafe

こちらでもピックアップされています

誰かが淹れてくれたコーヒーはおいしい
誰かが淹れてくれたコーヒーはおいしい
  • ¥400 / 月
  • 初月無料

ここでは、カフェで常連のお客様にだけこっそりお話しするようなエピソードを書いています。固有名詞や少しプライベートに踏み込んだ内容も登場するため有料とさせていただきました。メニューは以下の通り。 まず、読み物を月3〜4本程度。内容は、「やさしい気持ちになれる話」「日々の暮らしに刺激となる話」「クスッと笑える話」に限定します。読んでよかったと思っていただきたいので。 さらに、活動日誌を随時公開します。 フィンランド関連プロジェクトの最新情報や、現在進行形の企画、アイデア、イベントの情報なども可能な限り現在進行形で公開していきます。コラボなどに関心のある方もチェックしていただけると嬉しいです。そして、たぶん趣味の話なども。

コメント (2)
毎日少しだけ更新の方が読みやすい気がしますがいかがでしょうか?
ありがとうございます!

有料にした手前、単品でもそれなりのボリュームにしないとと思って何日か分にまとめてみたら思いのほか長くなり過ぎてしまいました。

毎日更新含め少し読みやすさを考えてみたいと思います。。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。