見出し画像

日々のことば ハッシュタグ読書会●図書館●オープンエア・ミーティング●これからの人生。

95.ハッシュタグ読書会

先週に引き続き、この週末も「外出自粛要請」ということで、ツイッターを活用した「ハッシュタグ読書会」という遊びを考えてみました。

リアルで集うことができないいま、ネット上でなら集うことはできるかもしれない。だとしたら、どんなスタイルがありうるか? そんなところから発想した試みです。

先日、やはりツイッターで「TLをフィンランドにしよう」という企画をやったときにも思ったのですが、ツイッターにおけるハッシュタグって、いってみれば「結界」みたいなものなのです。特に、TLにネガティブな声が溢れているいまのような時にこそ、その力は発揮されます。ある特定のハッシュタグがつけられたTLだけ眺めている限り、そこは「好き」が溢れた空間であり、居場所に変わります。

そこで、今回はトーベ・ヤンソンの『ムーミン谷の彗星』を課題図書に選びました。ムーミンというと、なんとなくほのぼのした世界を想像するひとが多いと思いますが、じつは自分たちの手に負えないような代物、カタストロフといかに立ち向かうかというテーマが繰り返し登場するのがひとつの特徴だったりします。

この『ムーミン谷の彗星』では、ムーミンとその仲間たちは地球にむかって刻一刻と近づいてくる巨大な彗星を前にして、知恵と勇気をもってその不安や恐怖を克服してゆきます。ちょっと、いまこのタイミングで読んでみたくなりませんか?

このハッシュタグ読書会のルールは、いたってシンプル。課題図書を読んで、たったふたつの質問にツイートでもって答えるだけです。読書会ってなに? ってひとでもすぐ参加できます。あとは、それぞれのツイートに「いいね」したりリプライしたりして勝手に楽しめばいいのです。

結果、二十名強の人たちが参加してくれたのですが、わかるわかるとか、その発想はなかった…… というものまで、眺めているだけでもほんとうに興味深く、また楽しかったです。

初めての試みでどんなことになるか不安もあったわけですが、ファシリテーター(読書会における水先案内人)をつとめてくれた友人の田村みどりさんがこんな感想をつぶやかれていたのもうれしかったです。

いずれリアルな読書会もやってみたいのですが(本当なら3月の「喫茶ひとりじかん」で開催予定でした)、しばらくは室内で時間を過ごすことが多くなりそうなので、またハッシュタグ読書会の第2弾も考えてみたいと思います。

この続きをみるには

この続き: 1,571文字 / 画像2枚
記事を購入する

日々のことば ハッシュタグ読書会●図書館●オープンエア・ミーティング●これからの人生。

岩間 洋介|moicafe.com

100円

この記事が参加している募集

おうち時間を工夫で楽しく

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
岩間 洋介|moicafe.com

サポートいただいた金額は、すべて高齢者や子育て中のみなさん、お仕事で疲れているみなさんのための新たな居場所づくりの経費として大切に使わせて頂きます。

Kiitos!!!
7
日本で初めてのフィンランドに特化したポータルサイトを2021年春に公開。また、CSRとして北欧流居場所づくりの試み「喫茶ひとりじかん」をMUJIの協力の下開催しています。2002年から2019年まで東京(荻窪→吉祥寺)にて北欧カフェ「moi(モイ)」を経営していました。