見出し画像

前進するためのことば

207.信頼感がある

デザインの話をしよう。これはもうずっと前、デザイナーの梅田弘樹さんから聞いた話だ。

梅田さんは、もしカフェモイを憶えているひとなら、お店で使われていたオリジナルのコーヒー&ティーカップセットをデザインした人といえばピンとくるにちがいない。

その梅田さんが、もうずいぶんと昔になるが、フィンランドの若いデザイナーたちと一緒に東京でグループ展を開いたことがあった。その椅子は、彼らの手になる意欲的な作品のうちのひとつとして展示されていた。

若いフィンランド人デザイナーがつくったその椅子は、透明のアクリルを加工したもので、とりわけ流れるようなうつくしい曲線が印象的だった。

座ってみて。

梅田さんがぼくに言った。腰掛けようとして、一瞬戸惑った。というのも、透明のアクリルでつくられた椅子に腰掛けるのは、まるで宙に浮いたゼリー状の皮膜に全体重をかけるかのような心細さがあったからである。つい、

大丈夫?

と訊いてしまった。すると梅田さんはニヤッと笑って、「ね、だからダメなんだよ」と言うのだった。

なるほど、その椅子には決定的に「信頼感」が欠けていた。デザインには機能性やうつくしさも大切だが、それ以前に使い手が安心して身を委ねるに足るだけの信頼感が必須だということを、ぼくはそのとき学んだのだった。

ひととモノとの間にあるのは関係である。ひととひととの間にあるのも関係だ。つまり、モノのデザインにかぎらず、「信頼感」はひととひととの関係、あらゆるコミュニュケーションに適用されるものである。

病院で採血をされる時、清潔な制服に身を包んだ看護師の方が、背中に大きなワンちゃんのイラストのついたジャージ姿の兄ちゃんにちらちらタトゥーが見える腕でされるよりもずっと安心感がある。例えがおかしいが。

要は、奇抜さとか斬新さといった部分では勝負するなという話。

画像2

この続きをみるには

この続き: 2,541文字 / 画像1枚
記事を購入する

前進するためのことば

岩間 洋介/「Moi」代表

100円

この記事が参加している募集

いま私にできること

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただいた金額は、すべて高齢者や子育て中のみなさん、お仕事で疲れているみなさんのための新たな居場所づくりの経費として大切に使わせて頂きます。

Kiitos!!!
8
北欧フィンランドがコンセプトのカフェ「moi(モイ)」を東京で17年間やってました。現在はフィンランドに特化したポータルサイトを制作中。「喫茶ひとりじかん」という居場所づくりのプロジェクトもMUJIの協力の下、開催しています。 https://linktr.ee/moicafe

こちらでもピックアップされています

誰かが淹れてくれたコーヒーはおいしい
誰かが淹れてくれたコーヒーはおいしい
  • ¥400 / 月
  • 初月無料

ここでは、カフェで常連のお客様にだけこっそりお話しするようなエピソードを書いています。固有名詞や少しプライベートに踏み込んだ内容も登場するため有料とさせていただきました。メニューは以下の通り。 まず、読み物を月3〜4本程度。内容は、「やさしい気持ちになれる話」「日々の暮らしに刺激となる話」「クスッと笑える話」に限定します。読んでよかったと思っていただきたいので。 さらに、活動日誌を随時公開します。 フィンランド関連プロジェクトの最新情報や、現在進行形の企画、アイデア、イベントの情報なども可能な限り現在進行形で公開していきます。コラボなどに関心のある方もチェックしていただけると嬉しいです。そして、たぶん趣味の話なども。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。