新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

多幸感について。

画像1

231.多幸感

スクリーンでひさしぶりに映画を観た。いつぶりだろう? ちょっと思い出せない。『蜜蜂と遠雷』以来かも。

夜の恵比寿ガーデンプレイスもひさしぶりだった。リモートワークの影響か人影もまばらで、全体的に暗い。

思いのほか早く到着してしまったので、ベンチに腰掛け心おきなくマスクをはずして夜風に吹かれていた。心地いい。

やはりなんだかんだいって、デパートだったり電車の中だったり、多くのひとが密集しているところにいるときは気が張っている。外出して、こんな風に肩の力を抜いてひとときを過ごしたのはとてもひさしぶりに感じられた。

本来、感染症うんぬん関係なく、ひとがたくさん集まっているところで過ごすのには緊張が伴う。そこに、自分のかたわらにいる人が、はたしてどんな人間なのか分からないというのはちょっとした恐怖である。

にもかかわらず、ふだんはそんなこと当然だが考えはしない。そういう小動物のようなアンテナをOFFにしないことには都会では生きてゆけないからである。いってみれば、鈍感であることを習慣的に強いている。

ところが、新型コロナウイルスという見えない敵が介在したことによって、つまり小動物のようにつねに目を配り、耳をそばだてて暮らさざるをえない状況になったことで、いま自分たちがいる場所がいかにストレスフルであったかをあらためて突きつけられたというわけだ。

フィンランド人が隙あらば都会(といっても日本人の目からしたら地方都市くらいにしか見えないのだけど)から抜け出し、そそくさと森やら湖やらに出かけてゆく姿をなんだか滑稽なもののようにさえ感じていたのだが、いま、この状況になってはじめて彼らの心理が手に取るようにわかった気がする。

ただ、ぼくらが鈍感に慣れすぎていただけなのだと。

この続きをみるには

この続き: 2,400文字 / 画像3枚
記事を購入する

多幸感について。

岩間 洋介/「Moi」代表

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただいた金額は、すべて高齢者や子育て中のみなさん、お仕事で疲れているみなさんのための新たな居場所づくりの経費として大切に使わせて頂きます。

Kiitos!!!
19
北欧フィンランドがコンセプトのカフェ「moi(モイ)」を東京で17年間やってました。現在はフィンランドに特化したポータルサイトを制作中。「喫茶ひとりじかん」という居場所づくりのプロジェクトもMUJIの協力の下、開催しています。 https://linktr.ee/moicafe

こちらでもピックアップされています

誰かが淹れてくれたコーヒーはおいしい
誰かが淹れてくれたコーヒーはおいしい
  • ¥400 / 月
  • 初月無料

ここでは、カフェで常連のお客様にだけこっそりお話しするようなエピソードを書いています。固有名詞や少しプライベートに踏み込んだ内容も登場するため有料とさせていただきました。メニューは以下の通り。 まず、読み物を月3〜4本程度。内容は、「やさしい気持ちになれる話」「日々の暮らしに刺激となる話」「クスッと笑える話」に限定します。読んでよかったと思っていただきたいので。 さらに、活動日誌を随時公開します。 フィンランド関連プロジェクトの最新情報や、現在進行形の企画、アイデア、イベントの情報なども可能な限り現在進行形で公開していきます。コラボなどに関心のある方もチェックしていただけると嬉しいです。そして、たぶん趣味の話なども。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。