見出し画像

考える。立ち止まる。いきなり走り出す。

204.スーパーでアボカドを選ぶには

毎度おなじみ「チーム・ソーシャルディスタンス(仮)」(毎週末やっている友人たちとのオンライン飲み会のことです)での話題から。

スーパーで、思う存分アボカドを選べない。

これに似たような悩み、きっとみなさん感じてますよね。

アボカドを買うときは、ほどよく熟したものを選びたい。そのとき参考になるのが「色」、そして「触感」である。

じっさい、【おいしいアボカドの選び方】といった記事にも、たいがい皮の色の説明とともに、

スーパーでそっと手に取って手のひらで押してみて、やわらかい触感であれば熟れすぎです。また、固いと感じれば追熟が必要です

といった触感をもとに選ぶコツが書かれていたりする。ところが、アボカドにせよバナナにせよ、商品を手に取って選ぶというそれまでふつうになされていた行為が、コロナ禍の社会においては憚られるのだ。

友人のひとりなどは、スーパーで手にとってアボカドを選んでいたところ近くにいたおばさんから「ベタベタ触ってないで早く選びなさい」とたしなめられたという。

いまのところそこまでの経験はないものの、ぼくも手にとって選びたいときは、周囲にひとがいないのをみはからって素早くチェックするように心がけている。これではまるで「万引き犯」である。

たしかに、必要以上にベタベタ触るとか凹むくらい力を入れて触るといった行為は、コロナ禍以前からルール違反にあたる。だが、果物や野菜をじっさい手に取ってたしかめることもできないというのはまったく不便この上ない。

なにもべつにアボカドを手に取って、上下左右舐め回すように見たあげく「いい仕事してますねぇ〜」などと言いたいわけではない。ただ、ウラオモテ返して見るくらいはしたいのだ。なんとかならないものか。

ひとつには、個包装するという方法があるだろう。たとえば、ライムなどは以前からひとつ単位で個包装になって売られている。

とはいえ、すべての果物や野菜をひとつひとつ個包装するというのは店側の手間の問題もあって難しそうだ。それに、いくら個包装してあるといっても、誰かがベタベタ触ったアボカドはこのご時世あまり気持ちのよいものでもない。

そこで、である。スーパーにぜひお願いしたいのだ。

生鮮食品売り場のかたわらに、ビニール袋とゴミ箱を完備してもらえないだろうか。

客はビニール袋を手にはめて商品を選び、売り場を離れるときはスッとそのままゴミ箱に使用済みのビニール袋を落としてゆけばよいのである。もちろん、わたしにはそんなものは必要ない、熟したアボカドくらい瞬時に見抜けるというひとは使わなくてけっこう、ていうか、そんあひといたらいますぐ青果市場に転職すべきである。

これは推測だが、いまスーパーには商品をベタベタ触っているひとがいるので注意してほしいといったクレームが毎日のように飛び込んできているのではないか。友人のエピソードのように、みずから文句を言えるひとはまだいい(もちろんトラブルのタネにはちがいない)が、「密告」によってたしなめてもらおうとしているひとは案外多そうだ。

そして、こうしたクレームにいちいち対応せざるをえない店の苦労にも大変なものがあると思う。なので、みんながストレスを最小限におさえる解決策として、ぜひ「ビニール袋&ゴミ箱」を標準化してもらいたいと思うのだ。

レジ袋廃止の流れには逆行するが、いまの非常時を生き抜くには、みなが心に抱く鬱々とした感情をさまざまなかたちで軽減してゆくしかない。みんなの知恵が重要なのだ。

画像1

この続きをみるには

この続き: 2,684文字 / 画像1枚
記事を購入する

考える。立ち止まる。いきなり走り出す。

岩間 洋介/「Moi」代表

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただいた金額は、すべて高齢者や子育て中のみなさん、お仕事で疲れているみなさんのための新たな居場所づくりの経費として大切に使わせて頂きます。

Kiitos!!!
8
北欧フィンランドがコンセプトのカフェ「moi(モイ)」を東京で17年間やってました。現在はフィンランドに特化したポータルサイトを制作中。「喫茶ひとりじかん」という居場所づくりのプロジェクトもMUJIの協力の下、開催しています。 https://linktr.ee/moicafe

こちらでもピックアップされています

誰かが淹れてくれたコーヒーはおいしい
誰かが淹れてくれたコーヒーはおいしい
  • ¥400 / 月
  • 初月無料

ここでは、カフェで常連のお客様にだけこっそりお話しするようなエピソードを書いています。固有名詞や少しプライベートに踏み込んだ内容も登場するため有料とさせていただきました。メニューは以下の通り。 まず、読み物を月3〜4本程度。内容は、「やさしい気持ちになれる話」「日々の暮らしに刺激となる話」「クスッと笑える話」に限定します。読んでよかったと思っていただきたいので。 さらに、活動日誌を随時公開します。 フィンランド関連プロジェクトの最新情報や、現在進行形の企画、アイデア、イベントの情報なども可能な限り現在進行形で公開していきます。コラボなどに関心のある方もチェックしていただけると嬉しいです。そして、たぶん趣味の話なども。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。