見出し画像

最近はこんなことを考えていた

264.窓を開ける

朝、起きたらまず目覚ましがてらストレッチをして、それから窓を全開にします。窓という窓ぜんぶです。

窓を開けると、季節の移ろいを体感することができます。ひんやりとした空気が、ちょうどいまの季節だったらサーッと部屋に流れ込んできますよね。空気に色はないけれど、なんとなく目に見えるような感じ。

あと、金木犀の香りやなにかを燻したような匂いも少し感じられます。庭でたき火なんていまどき見かけないのに、秋になるとたき火の匂いがする。ふしぎです。

コロナの出現でマスク着用での外出が常識のようになり、こうした「匂い」によって世界を測ることにぼくらは鈍感になってしまいました。目や耳とおなじく、実際ぼくらは物事の存在を鼻でも知覚しているのです。

感染から身を守るためのマスクは、他方でヒトのいきものとしてのアンテナをも覆ってしまう。それによってなにが起こるか? たぶん、少しだけ生きることがヘタクソになっているはずです。

なので、一日一回、朝だけでも窓を全開にして、いま身の周りの世界で起こっていることを「鼻」で感じ取ることは大切だと思います。それに、ちょっと寒くても、だんだんと血がからだ全体に行きわたって「生きてる」という実感が湧いてくるのも朝、窓を全開にすることの効能でしょう。

昨夜たまたま観た『プロフェッショナル』という番組でとりあげられていたとてもストイックな魚の仲買人のひとが、人間はうっかりすると自分が生きものであるということをすぐ忘れそうになると言っていました。

やはり、数日前に観た別の番組では、ドイツの若い哲学者マルクス・ガブリエルが、このコロナ禍のおかげで毎日通っている公園に緑色のインコがたくさんいることや蝶々が舞い飛んでいることに気づいたと話していました。世界から隔絶されたことで、この世界がまた新たな意味をまとって立ち現れたという意味でしょう。

世界がなんとなく遠くに感じられるいまこそ、だから窓を全開にして、これまで漠然と生きていた世界に「いきもの」として再アクセスするべきなのです。

画像2

この続きをみるには

この続き: 1,987文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
月1回カフェでコーヒーを頼むより、ちょっとだけ安い価格に設定しています。行きつけのカフェにふらっと顔を出すような気分で購読していただけると嬉しいです。割高にはなってしまいますが、もちろん記事単体での購入も可能です。

ここでは、カフェで常連のお客様にだけこっそりお話しするようなエピソードを書いています。固有名詞や少しプライベートに踏み込んだ内容も登場する…

または、記事単体で購入する

最近はこんなことを考えていた

岩間 洋介|moicafe.com

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただいた金額は、すべて高齢者や子育て中のみなさん、お仕事で疲れているみなさんのための新たな居場所づくりの経費として大切に使わせて頂きます。

Kiitos!!!
10
日本で初めてのフィンランドに特化したポータルサイトを2020年秋に公開。また、CSRとして北欧流居場所づくりの試み「喫茶ひとりじかん」をMUJIの協力の下開催しています。2002年から2019年まで東京(荻窪→吉祥寺)にて日本初の北欧カフェ「moi(モイ)」を経営していました。

こちらでもピックアップされています

誰かが淹れてくれたコーヒーはおいしい
誰かが淹れてくれたコーヒーはおいしい
  • ¥400 / 月
  • 初月無料

ここでは、カフェで常連のお客様にだけこっそりお話しするようなエピソードを書いています。固有名詞や少しプライベートに踏み込んだ内容も登場するため有料とさせていただきました。メニューは以下の通り。 まず、読み物を月3〜4本程度。内容は、「やさしい気持ちになれる話」「日々の暮らしに刺激となる話」「クスッと笑える話」に限定します。読んでよかったと思っていただきたいので。 さらに、活動日誌を随時公開します。 フィンランド関連プロジェクトの最新情報や、現在進行形の企画、アイデア、イベントの情報なども可能な限り現在進行形で公開していきます。コラボなどに関心のある方もチェックしていただけると嬉しいです。そして、たぶん趣味の話なども。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。