新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

RAS(ラス)は宮坂昌之の新型コロナ本で学べ!

メシア

【待望の本】

 私が「こういう本、出てくれないかなぁ」と、待望し続けていた本に、反新型コロナ本への反論本があります。

 が、大阪大学大学院教授の森下竜一の本に、かろうじて反新型コロナ本への反論が書かれているくらいで、真っ正面から堂々と反論している本は1つもありませんでした。

 そんなとき私の目に飛び込んできたのが、日本を代表する免疫学者(らしい)宮坂昌之の〈新型コロナワクチン本当の「真実」〉という本だったのです。

画像1

 意気揚々と読み始めた私だったのですが、期待は大きく裏切られることになりました……。

【なぜかたったの2冊だけ】

 まず、宮坂昌之が本の中で取り上げている反新型コロナ本が、なぜかたったの2冊だけという点。

 ちなみにその2冊は近藤誠の〈こわいほどよくわかる新型コロナとワクチンのひみつ〉と内海聡の〈医師が教える新型コロナワクチンの正体〉です。

画像2

 反コロナ本は徳島大学名誉教授・大橋眞の本、大阪市立大学名誉教授・井上正康の本、仙台医療センターウイルスセンター長・西村秀一の本、国際医療福祉大学大学院教授・和田秀樹の本、新潟大学名誉教授・岡田正彦の本、京都大学大学院教授・上久保靖彦の本、ウイルス学博士・本間真二郎の本など、ほかにもたくさんあるというのに、なぜよりによってウイルスやワクチンの専門家とはいえない近藤誠と内海聡の本をチョイスしたのでしょうか……?

【本当に内海聡の本を読んだのか?】

 次に「この人、本当に近藤誠と内海聡の本を読んだのか?」と感じる、不可解な記述がオンパレードという点。

 「いやいや、だから宮坂さん、それが間違いであることが内海聡の本の中に説明してあんでがしょ」と、何百回ツッコミを入れたかわかりません……。

 具体例を挙げます。

【新型コロナウイルスの存在を信じていない理由】

 宮坂昌之「内海聡は新型コロナウイルスの存在自体を信じていない」━━なぜ内海聡が信じていないのか、カナダ国立研究評議会の主張や、日野市議会議員・池田としえの証言などの例を挙げてちゃんと説明しています。それに対する反論がないのはなぜなのでしょうか?

【ワクチン全否定】

 宮坂昌之「内海聡はワクチンを全否定しているが、種痘、ポリオワクチン、ジフテリアワクチンなどのワクチンが効いてきたのは錯覚でも捏造でもなく事実である」━━内海聡の反ワクチン本の代表作は〈ワクチン不要論〉というもので、ワクチンを全否定する理由はその中にすべて書かれています。

 〈医師が教える新型コロナワクチンの正体〉より有名な本なので、そちらを読んでから反論するのが筋ではないでしょうか?

 そもそも本の最後に収録されているロバート・ケネディー・ジュニアとの対談の中で、DTPワクチンが有害無益である証拠となるソースのURLが掲載されています。それについての言及がないのはなぜなのでしょうか?

【PCR検査】

 宮坂昌之「PCRは新型コロナをスクリーニングする有効な手段である」━━内海聡は本の中で交差反応の問題などを挙げて、PCRが信用に値しないことを詳細に説明しているのですが……。

【感染症対策】

 宮坂昌之「感染症対策の効果でインフルエンザが激減した。が、新型コロナは残り続けた。だから新型コロナは怖い感染症なのだ」━━インフルエンザが激減した理由として多くの専門家がウイルス干渉説をとる中、内海聡だけは違う説をとっています。

 内海聡によると日本医師会がインフルエンザの検査をしないよう、日本中の医師たちに命令を下したそうなのです。だからインフルエンザ感染者が減った、ただそれだけらしいのです。

 この意見が間違いだと思うのなら、なぜ反論が1つもないのでしょうか?

【CDCの発表】

 宮坂昌之「私は新型コロナワクチン接種は慎重派だったが、重篤な副反応の頻度が従来のワクチンと同等というCDCの発表を知り、接種することを決めた。すでに2回接種している」━━内海聡は本の中で「CDCは医療機関に死因が判明しないものは全部コロナにしろ!」と通達した、というスコット・ジェンセン上院議員の告発を紹介しています。

 それを読めばCDCの発表など信用できなくなると思うのですが……。

【宮坂昌之の大ボケの理由】

 この調子で例を挙げていくときりがないので終わりにしますが、なぜ宮坂昌之はこんなトンチンカンなことを書きまくったのでしょうか?

 考えられる理由は次の3つ。

 ①意図的に嘘をついている。
 ②恐ろしいまでに読解力がない。
 ③RASの影響で支持しない情報が視界に入らない。

 宮坂昌之は新型コロナワクチンを2回接種したらしいので、ワクチンが本当に世界を救うと思い込んでいる良心的な医師といえます。よって①はない。

 また、宮坂昌之は仮にも京都大学とオーストラリア国立大学大学院を出ている人なので、恐ろしいまでに読解力がない人ではないとは思います。

 よって正解は③になると思われます。

【RAS(ラス)】

画像3

 脳幹網様体賦活系というものをご存知でしょうか?

 英語の省略形でRAS(ラス)と呼ばれるものなのですが、簡単に言いますと「人間は意識しているものしか見えない」というものなのです。

 たとえば、自分の部屋の中の様子を、正確に絵で描くことができますか?

 おそらくできる人はいないと思います。

 不思議ですよね?毎日欠かさず見続けていて、隅々まで知り尽くしている光景だというのに……。

 では、なぜ自分の部屋の様子を描けないのか?自分の部屋の様子など、わざわざ意識して見ていないからです。

 人間は視界の中に入っているものはすべて見れていると思っていますが、それはまったくの誤解。RASという脳のフィルターの影響で、人間は「意識しているもの」しか見えていないのです。

 これが宮坂昌之が内海聡に対して、トンチンカンな反論を連発した理由なのです。

 おそらく宮坂昌之は「新型コロナは特別に怖い病気なのだ」という先入観を持ちながら内海聡の本を読み、新型コロナの怖さを否定する情報を意識して見ることができなかったのだと思われます。

 RASが具体的にどういうものなのかをもっと詳しく知りたい人は、内海聡の〈医師が教える新型コロナワクチンの正体〉と宮坂昌之の〈新型コロナワクチン本当の「真実」〉の2冊を用意して、読み比べてみるといいでしょう。

 「これがRASというものなのか……」と、強烈な衝撃を受けながら理解できるはずですから。

【宮坂昌之事件】

 しかし、それにしても……宮坂昌之のような人は内海聡の本のような本を読んだことがないからワクチン肯定派であり、1度読みさえすればその瞬間からワクチン否定派に生まれ変わるものと思い続けていたのですが、人間の脳というのは大変複雑にできているようで、そう単純に物事が運ぶことはないようです。

 宮坂昌之事件はそのことを学ばせてくれました。

【宮坂昌之の歴史的名言】

 最後に、宮坂昌之の言葉を引用します。

 「我々自身が物事を吟味する際に、無意識のうちに自分に心地良い情報にばかり目を留め、逆に都合の悪い情報は無視、軽視する傾向を持っているのです。このような偏りのことを確証バイアスといいます。(中略)
 自分の判断がチェリー・ピッキングや確証バイアスに陥っていないかどうか、周囲の意見を聞きながら考えてみることが大事です」

 

 これが自分自身に当てはまることに、宮坂昌之は気づくことなく生涯を終えると思われます……。

【まとめ】

 ●宮坂昌之のトンチンカンな反論の原因は、意識しているものしか見えなくなるRASの影響である。


人生・生活の質を向上させるヒント

メシアの「知」の冒険 医療・健康記事目次へ


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
メシア

サポートしていただければ嬉しく思います。もちろん、すべて《世界の真実》を見つけるための費用にしたいと思っています。