裏・パルマ劇場歌手への道

9

裏・パルマ劇場歌手への道(9)~舞台袖~

※この文章は2006年にブログ記事にしたものを編集し直したものです。

「Tanti auguri a te~~~!」

今日は主役のクラリーチェを演ずる、

Sonia Prinaさん

(ちょ~ウマいです!!)

の誕生日だったらしく、

稽古の途中に突然舞台の全員で、

イタリア語のハッピーバースデイ(上記の歌詞)を歌うというサプライズ。

みんな、すごい声・・・

Soniaさんは涙を浮か

もっとみる

裏・パルマ劇場歌手への道(8)~言語~

※この文章は2006年にブログ記事にしたものを編集し直したものです。

「あなた、随分イタリア語うまくなったわね。」

今日のレッスンでジュリアーナに言われました。

この上なく嬉しいッス(T_T)

(実際はまだまだ全然ですが・・・。そう言われたことだけ喜んでおきます。)

【独り言:2014年現在、いまだに全然さを感じます。生活に困らないだけに上達しない…!】

とはいえ、劇場の稽古に行くと、

もっとみる

裏・パルマ劇場歌手への道(7)~余談~

※この文章は2006年にブログ記事にしたものを編集し直したものです。

「あれは彼女じゃないよ~」

とは、ダリオの言葉です。

表・第16話で、ダリオの彼女と表記した人物は、

実はダリオの彼女ではないそうです。

別の友人を介して訂正を頂きました。

大変失礼致しましたm(__)m

じゃぁ、あれはいったい・・・?

ということで、このシリーズも書くだけのことは書き尽くしてしまった感じなので、

もっとみる

裏・パルマ劇場歌手への道(6)~試金石~

※この文章は2006年にブログ記事にしたものを編集し直したものです。

「若干20歳の若者がスカラ座で彗星のごとくオペラデビュー」

イタリアの作曲家ロッシーニのことです。

今回(※2006年の事です)私が出演する、

「試金石(La Pietra del Paragone)」

は、1812年9月26日ミラノのスカラ座で初演され、

これにより、ロッシーニは一躍イタリアオペラ界のホープとなった

もっとみる

裏・パルマ劇場歌手への道(5)~写真~

※この文章は2006年にブログ記事にしたものを編集し直したものです。

そして、その途中、パリのセーヌ川になぞらえられたパルマ川を渡ったころ、 やっとのことで、徐々に実感が湧いてきました。

−− 第24話 〜夢見た者は〜 より

表シリーズの中には、上記の様にパルマの風景を表した描写がいくつかあります。

その方がパルマという街を身近に感じてもらえるかな、と思って取り入れました。

(が、それに

もっとみる

裏・パルマ劇場歌手への道(4)~練習~

※この文章は2006年にブログ記事にしたものを編集し直したものです。

「あなたは、バリトンですか?」 

「はい・・・、あ、でも少し前までテノールだったので、セカンドテノールならできる思います。」 

可能性を少しでも広げるためにさりげなくアピールです。 

(以上、第23話のマエストロとの会話より)

まんまとセカンドテノールに配置されました(´Д`)

普通にソやソ#が出てくるんですけど・・

もっとみる

裏・パルマ劇場歌手への道(3)~マエストロ~

※この文章は2006年にブログ記事にしたものを編集し直したものです。

「パルマの劇場の合唱指揮の先生はとても優秀な人よ。」

以前からコレペティのジュリアーナにそう聞かされていました。

「ただ、ちょっと変わった人だけどね。」

変わった人・・・?

第22話、第23話、第24話にかけて登場した、

オーディションをしてくれた男性、

彼が合唱指揮の先生でした。

名前はMartino Fagg

もっとみる

裏・パルマ劇場歌手への道(2)~感想~

※この文章は2006年にブログ記事にしたものを編集し直したものです。

「ハッピーエンドで良かった」

とにかく、今回のシリーズはこの一言に尽きます。

そもそも、初めてオーディションの話をドメニコからされたのは、

まだ10/18のことでした。

そして、シリーズの開始が10/21でしたね。

第9話までは、まさにオーディションの話をもらった10/18の内容です。

実は、次の日の19日には第9

もっとみる

裏・パルマ劇場歌手への道(1)~導入~

※この文章は2006年にブログ記事にしたものを編集し直したものです。

みなさんこんばんは~

いやいやいやいや、先月始めた【2006年時点です】、

「パルマ劇場歌手への道」

ですが、なんとか無事完結することが出来ましたね。

しかも、どんな展開になるやら、まったく想像もつきませんでしたが、

ハッピーエンドで締められるなるなんて、本当にツイてます。

当初の予定(希望)としては、

第10話

もっとみる