見出し画像

経産省・JETRO主催「始動」で国内選抜としてDEMODAYに登壇しました!

ミヤヒロ #地方展開をなめらかに。

2022年8月20日に行われた、始動でのDEMODAYに国内選抜として登壇しました。
私にとって非常に良い経験で、そして今後の飛躍になるキッカケをもらえたと思います。

始動7期(2021年度)に採択されたのは、2021年9月なので、このnote投稿からちょうど1年前。現在β版として公開している47pass(よんななパス)の前身となったプロトタイプを元に提出しました。

あれから1年、、、当時と比べると事業内容は大きくブラッシュアップされました。より一層、視野が拡がりやれそうな事が見えてきたので、今後の展開が非常に楽しみになってきました!

この勢いに乗って、一気に47passの開発を加速していきますので是非、弊社を応援して頂けると嬉しいです^^(Wantedlyの記事をシェア頂けるととても嬉しいです)

始動とは?

オススメなので少し参加者目線で説明します。
始動への応募者のイメージは、以下のとおりです。

  • 社内新規事業や変革を視野に入れる大企業・・・7割

  • スタートアップ企業(起業準備中含む)・・・・2割

  • その他(学生など)・・・・・・・・・・・・・1割

大企業の方が多いイメージですが、シード・アーリー期のスタートアップ企業もオススメできるプログラムです。

研修プログラムも良いですが、スタートアップ企業である私が魅力に感じたのは同期100人という多業種との繋がり(コミュニティ)です。
私が始動7期ですが、1期〜7期まであるということで、それだけでも700人と繋がれます。

これらを考えると、具体的の価値として以下のような可能性があります。

  • 同期100人やその繋がりに対して相談や壁打ち(ユーザーヒアリング等)

  • 大企業との繋がり・連携など

  • 始動コミュニティ全体の応援(SNSなどでの応援協力)

「経営者は孤独」と言われる経営者からすると、同志とも言える仲間の存在は非常に心強いと思いませんか?

事実、プログラムで一緒だった同期の皆さんとは今でも情報交換しています!

SmartHRを意識した資料でピッチ

さて、始動の宣伝をしたところで(笑?)、DEMODAYの報告させていただきます。

スタートアップ企業のお手本とも取れるSmartHRのピッチ資料をベースに組み立てました笑。

SmartHRは労務手続きの面倒くさい!というのを解決するサービスで、
弊社も行政施策の面倒くさい(①情報収集、②情報の理解、③申請)を解決していくサービスです。

せっかく国や自治体が力を入れて魅力的な支援策を提供しているのに、企業にとって自治体施策は面倒でコスパが悪いイメージが拭えていないんです。

地方展開はハードルが高い印象ですが、むしろ1地域でも実績を作れば他地域での展開は非常に容易になるので、むしろ今は地方展開に打ってつけの機会です。

そこで「地方展開はハードルが高い」という印象を、47passで「地方展開はサービス拡大のチャンス」というイメージに変えていきます。

会場からは、自治体施策は面倒と共感していたのか、大きく頷いたり笑ってくれたりもしました笑

登壇後の反響

会場にいらっしゃったオーディエンスの方々(主に始動1〜7期の参加者)
は、起業準備中の方含め、既に資金調達まで済まされているスタートアップの方々もいる事から、発表を終えた段階でβ版登録もされてました!!

こういったピッチイベントは、スタートアップ企業にとっても全員ユーザーになり得る事から一石二鳥感があることを実感しています!

経産省・JETROが主催しているプログラムで、審査に経産省の石井さん(経済産業省経済産業政策局新規事業創造推進室長)やJETRO職員の橿本さん(日本貿易振興機構イノベーション・知的財産部部長)が審査員でいらっしゃいました。

弊社サービスは、いわゆるその国の仕組みが「コスパ悪い」とモノ申すピッチでもありましたが、先方からも応援したいというお声をいただきました。

このような機会で、存在をアピールできた事は今後の展開での可能性を感じました!!

共に始動プログラムを受講した始動7期のメンバ

DEMODAYを通じて

結果的に、他メンバの発表が素晴らしく、残念ながらDEMODAY入賞には至りませんでしたが、サービスの登録者は増え、そして大企業との連携なども視野に入れたお話しや出資の話なども拡がり、今後の展開が非常に楽しみになってきました。

この始動プラグラムを通じて「なぜこのサービスを作るのか?」が、腹落ちしました。

==
いま、スタートアップ企業を中心に、世の中の社会課題を解決する素晴らしいサービスが次々と生まれてきていますが、残念ながらこのような素晴らしいサービスは大都市圏だけに集中し、全国各地に広げられておりません。

私は、この広げられていないという事が社会課題だと捉えています。

そこで、47passが全国各地隅々に広げるインタフェースになることで、全国各地の社会課題解決ならびに、日本全体の経済成長を底上げしていきます。
==

弊社は、いわゆるGovTechと言われる領域ですが、この領域は参入する企業が少なく硬直化しており、あまり変化しておりません。

弊社は、そんな硬直化している領域に通して、新たな切り口で風穴を開けていくスタートアップです。
今回のDEMODAYを通じてニーズを一層感じたので、より一層スピードを加速させていきます!

現在、エンジニアの採用を積極強化中です。
共にビジョン達成に向けチャレンジできる方の応募をお待ちしております!





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ミヤヒロ #地方展開をなめらかに。

サポートのお気持ちありがとうございます^^/ よければ今後も発信し続けるために”無料でできる”SNSなどで感想をシェアしてくださると嬉しいです( ^ω^ )

ミヤヒロ #地方展開をなめらかに。
㍿FromTo CEO/1986世代/経産省JETRO主催 #始動7期 /フリーSE👨‍💻→ストアカ元プラチナ講師⭐️沖縄→東京→浜松(静岡県)/ 自治体施策の情報収集〜申請までをDXする「47pass(よんななパス)」を提供。地方のデータを再編集し地方展開を支援します!