秋から冬へ、
見出し画像

秋から冬へ、

ミツトリヒトギのヤナギモト

つい先日まで秋だったのに
ふと気付いたら、肌を刺すような冬の気配を感じる日。

念願の、大地を抱えるような
おおきなブーケを作ることができました。

街角を歩いている中で、
秋と冬が入り混じっている景色を見つけて、
その隙間にスッと光が差し込むようなブーケ。

秋から冬へ。冬の陽射しを表現する白いスカビオサ。

日々街中を歩きながら、
ちょっとした季節の移ろいを感じるのが大好きなので、
そんな物語を交えながら、束ねていくことが嬉しくて。

ここに来るようになって、
ちょっとした移ろいを感じて喜ぶ方々がいることの喜びもあり、
今までに見ていた景色がますます動きのある風景に見えて、
日常が楽しくて。

自分の手で作る世界観で、雄弁に語れるようになれますように。

#はじめてのブーケは、母に。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
こちらこそ、大好きです!ありがとうございます!
ミツトリヒトギのヤナギモト
アートディレクター柳本真穂とデザイナー田部井眞子の2人からなるデザインユニット、「ミツトリヒトギ」。 「育ちゆくもの」をテーマに、今にも動き出しそうな生命力を感じるデザインを生み出しています。そんなふたりのことや、感じたこと想っていることなどを呟き貯めていく場所。