見出し画像

【決意表明】「知られること」はじめます。自分のこと、これからのこと、さらけだす!

ミッチー

サムネイル画像は雑誌『マエボン3』の企画「全裸ひらがな50音」のダウンロード特典です。マエボン3をお持ちの方は50音をダウンロードしてお使いいただけます(私的利用の範囲)。

前田高志さんのクリエイターコンサル受けます!

10月13日の朝、株式会社NASUのクラウドファンディングに支援をしました。

支援したリターンは「前田高志のクリエイターコンサル」(15万円)です。

かなり思い切った決断だと自分でも思います。
値段が高いということではありません(いや、それもありますが)、自分にコンサルしていただくだけの価値があるのか、ネタがあるのか、ということを気にしていました。

クリエイターコンサルの内容は、前田高志さんが代表を務める株式会社NASUのオウンドメディア「NASUメディア」に記事が掲載されることになります。

過去のクリエイターコンサルの記事一覧はこちらです。

どの記事も読み応えがあります、面白い!みなさん自分自身のことをしっかり表現されていますし、コンサルを受け、これからの活動に向けたヒントを掴んでいるように感じました。

これらの記事に混じって掲載されるだけのことを自分に話すことができるのか?と不安な気持ちでした。

「ミッチー何者?」

僕は2022年1月から、前田高志さんが室長を務める「前田デザイン室」に所属しています。
前田デザイン室内では割と積極的に活動しており、プロジェクトやコミュニティ運営などを通じて、前田さんとも多少なりとも交流があります。メンバーの間でもそれなりに名前だけは知られていると思います。

でも、よく言われます。
「ミッチー何者?」

前田さんも前田デザイン室のメンバーもミッチーとは何者か?何してる人?何してきた人?これから何がしたいの? そのへんのことは全く知らないと思います。

それもそのはず、自分自身のことを意図して隠してきたからです。自分のことを語るのは恥ずかしい、過去の失敗を知られたくない、嫌われるのが怖い……今でも正直そう思っています。

前田さんのコラム(前田デザイン室内限定)で印象に残っているものがあります。それは「知られること」について。限定コラムなので詳細な内容はここに書けませんが、自分を広告し、知られることの大切さが語られていました。

やりたいことがあるなら必死に伝えて「知られる」ための努力をし続ける必要がある。胸に響いたはずなのに、現状に満足していないなら変わらなきゃと思っていたのに、きっかけが掴めず、ずるずる時間がすぎていきました。

朝活の仲間がいてくれたから

そして、ようやくチャンスを掴めました。それがクリエイターコンサルです。

なぜ、ここまで話してきたような大きな不安がある中で、コンサルを受けよう!と決断できたのか。それは、前田デザイン室メンバーのぺるさんが毎朝開いている「朝活」。そこに参加されている尊敬し、信頼する仲間からの後押しがあったからです。

朝活について、ぺるさんのnoteはこちら↓です。

詳細な日程はまだ決まっていませんが、クリエイターコンサルは2023年中に行われる予定です。コンサル当日にしっかり自分のことを話せるよう、知ってもらうための努力を今からはじめていきたいと思います。

さらけ出していくぞ〜✨


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!