見出し画像

終戦の日によせて

「日本の加害」と言うとき、多くの場合、それは日本がアジア・太平洋地域に対して行った侵略を指しています。その行為を具体的に担ったのは日本軍でした。

 しかし他方で、一人一人の日本兵は元をたどれば普通の民衆です。徴兵によって故郷や家族から引き離され、捕虜を銃剣で突き殺せと命令されたり、飢餓や熱病にさらされた彼らもまた、そうしたことを国によって強制された被害者という側面をもっています。

 この点において日本という国は、日本人に対しても加害を行ってきたのです。

 国と、その国で生活している人間は同じではありません。また、「国を守る」ということと「国民を守る」ということも同じではありません。むしろ「国を守る」という言葉の意味するところが、「たとえ国民を犠牲にしてでさえ」というものであることを、先の戦争は雄弁に語ります。

 8月15日の前後には多くの人が日本の加害について論じますが、それを受け止めたり考えたりする時に国と国民とを峻別せず、混同してしまうのは危険な間違いです。「あれは正しい戦争だった」「どうしてもやむを得ないものだった」――このような解釈はそういった間違いに起因します。

 故郷から引き離され、愛する人から引き離され、銃をとって互いに殺し合うことを強要される――そのような事態を正当化する論理など、あるはずがありません。その「あるはずがない」論理が、虚偽と、隠蔽と、欺瞞と、謀略によって作られていきました。それは国によって組織的に行われ、人々はそれを何度もすりこまれながら戦争へと駆り立てられていきました。

 このことこそが本質であり、そう仕向けていった者こそが本当の加害者であるはずです。これはどの国でも同様であり、戦争に加担した全ての国は、自国民に対しても加害しているのです。

 ぼくたちはその歴史に反省し、国と自分、あるいは国と国民を峻別し、国は国民の生活や生命を根底からおびやかしうるものだということを心に刻んでおく必要があります。それと同時に、この国に生きる自分たちと他の国に生きる人たちは理解し合うことができる同じ人間であり、その間に憎しみを掻き立てようとする者こそが問題なのだと考えを進める必要があるはずです。

 けれども近ごろは逆に、あたかも国が国民のためだけに存在しているかのような幻想を掻き立てたり、国という枠組みの中に人々を囲い込み、分断するような言論が後を絶ちません。日本を再び戦争のできる国にしようと考える政治家も決して数えるほどとは言えなくなっています。そうした中で戦後75年がたち、戦争を経験した人たちが一人また一人といなくなっています。それに反比例するように、ますます実感を伴わない形で戦争を語る者たちが増えているようです。

 だからこそ今、ぼくたちは改めて歴史に学ぶ必要に迫られているのではないでしょうか。歴史は単なる過去なのではなく、今も続いているものです。ぼくたちが引き継いでいく限り、先の戦争を阻止しようとして敗れていった人たちも、平和な未来を希求しつつ引き裂かれていった人たちも、この社会のなかに生き続けていくでしょう。

 戦争は人類の知性の敗北であり、人間性の否定であり、最大の人権侵害です。様々な戦争体験の中には、その悲惨さに耳をふさぎたくなるようなものも少なくありません。しかしそれらは継承される必要があります。この地球上に、新たな戦争の火種がある限りは――。

 ぼくたちは戦争を経験しなかった世代です。これまでも、そしてこれからも。ずっとそのような世代であり続けるために、努力するつもりです。

 2020.08.15 三春充希

Twitter : はる/みらい選挙プロジェクト@miraisyakai
Facebook : 三春充希(みらい選挙プロジェクト)
note: みらい選挙プロジェクト情勢分析ノート
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

⭐政治や選挙の情報は誰もに開かれていてほしいので、みらい選挙プロジェクトの記事もできるだけフリーで公開しつづけていきたいです。サポートをしていただけるととても助かります。必ず大切に使わせていただきます。

596
社会を変革する手段としての正確な政治情勢分析を、誰からも独立して探求しています。著書に『武器としての世論調査――社会をとらえ、未来を変える』(ちくま新書)。自由にフォローしてください。Twitter: https://twitter.com/miraisyakai

こちらでもピックアップされています

情況への発言
情況への発言
  • 24本

その時々の政治に対して発言していきます。重めの記事が多いです。

コメント (3)
歴史を学ぶ必要があるのは
間違いないですね!
調べてみると何となくあの戦争自体が昭和初期の恐慌で何もできなかった政党政治の反省の結果に思えてきます。http://blog.livedoor.jp/brothertom/archives/82907260.html
歴史を学ぶ必要があるのは間違いないですね。貴殿が。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。